パットン・ヘルマン(パットン・ミスナルジ) -Patton Helman (Patton Misnarge)-

プロフィール
年齢(生年)33歳 / LP6年時点(GI988年生まれ)
身長 / 体重203cm / 128kg*5
出身(現住地)ヘルマン帝国
職業ヘルマン帝国第四十七代皇帝
レベル / 才能限界LV50 / LV70
技能LV(傾向)格闘LV1
ガードLV1
プロレスLV2
格闘LV2(旧設定)
剣戦闘LV1(旧設定)
特技乗馬、とにかく打たれ強い
趣味体を鍛える
目標ヘルマン帝国の実権を奪還する(9まで)
全ての残存する闘神を破壊する(9から)
登場作品ランス3
ランス4(名前のみ)
なぐりまくりシリーズ(2作)
ランス6
ランス9
闘神都市2(召喚ドア)
鬼畜王ランス
リスの館456(壁紙)
ママトト
ままにょにょ
不定期会報
CV胸肩腎(ランス03
Table of Contents

解説 Edit

パットン物語も参照。

ヘルマン帝国最終皇帝。以前には国を追われた元ヘルマン国の皇子でパットン派(後ヘルマン革命軍)の旗頭だった男。そして本来のフルネームはパットン・ヘルマンだが、ランス3エンディングからランス9エンディング迄の間は廃嫡の身となっていた為、母方のミスナルジ姓を名乗っていた。第45代ヘルマン皇帝と妾のパエリナ・ミスナルジの間に生まれた子であったが唯一の男子であった為第一皇位継承権を持ち、ヘルマン共和国の後継者候補として育てられていた。才能はAクラス。

しかし皇后パメラ・ヘルマンが娘シーラ・ヘルマンを生んだ事で状況が一変し国内はパットン派とシーラ派に二分される。パメラ筆頭の(裏から宰相ステッセル・ロマノフが操る)シーラ派の策略により徐々にパットン派は押しやられて行き、最終的には戦死したものとして皇族の籍を奪われ、ヘルマン国内に戻れない状態までされてしまったばかりか、ステッセルに刺客まで送られる状態になってしまった。そんな中でも修行に励みながら、ヘルマンを奪回するために活動をしている。

しかし国から放り出される形となり貧乏にはなったが、本人は酒も女も好き放題だった宮殿生活の頃より心が充実している今の生活の方が気に入っているようだ。 →ランス温泉へ行く

ヘルマンの皇帝になる事はある意味ハンティ自身が望んでいる事であり、パットンはそれが恩返しになると考え、そのためにもヘルマンの皇帝になるように頑張っている。そしていつかはハンティに自由になってもらわなければとヒューバートに洩らしていた。

母親が妾の身分であった為、幼少の頃から肩身の狭い思いをしていたようだ。その母親はパットンが生まれてすぐに謎の死を遂げ亡くなったため、代わりに母親の親友だったハンティ・カラーに育てられた。とりあえず丈夫に育ったのでハンティも満足しているようだ。また身分が身分なだけに、幼い頃から暗殺されそうになっていた為、身辺警護役もハンティが引き受けている。そしてハンティを通じトーマ・リプトンを師匠に持ち、トーマが後に友人となる息子のヒューバート・リプトンや神童と呼ばれたアリストレス・カームと引き合わせた。

ランス3では (LP2年) Edit

初登場。28歳の時、シーラ派の策略に乗り父であるヘルマン皇帝への名誉挽回の為、魔人ノス一派(魔人アイゼル魔人サテラ)と手を組みヘルマン軍の第3軍を率いてリーザス侵攻作戦を実行する。一時はリーザス全土と自由都市地帯の半分(ラジール)までもを占領する事に成功するも、ランスリーザス解放軍の活躍でリーザス城下まで解放され、果ては魔人ノスの裏切りで殺されそうになるが、ハンティの決死のテレポートのおかげで九死に一生を得る。最終的にはパットン派の賭けは失敗に終わった。

そして皇后パメラ・ヘルマンと宰相ステッセル・ロマノフパットンが率いていた第三軍の副将ミネバ・マーガレットの暗躍で戦死した事にされ、結果的に皇位継承権を剥奪された。現在は死んだものとして扱われる中、再起の時が来るまで潜伏中である。

なぐりまくりたわぁでは (LP3年) Edit

一転追われる身となったパットンハンティと共に隠れ住み復讐の為修行をすることになる。その時にMランドなぐりまくりたわぁというアトラクションにはまったのがきっかけで自身の持つ格闘の才能に気付いた。それまでは剣を使っていて、周りと比べて自分の弱さに自棄になっていた節があったが、この時を境に自分に自信を取り戻していくことになる。

にせなぐりまくりたわぁでは Edit

更に実戦能力を身につけるため、ハンティと途中で合流したヒューバート・リプトンが計画した「にせなぐりまくりたわぁ」にも挑戦した。必殺技「武舞乱舞」の初登場作。

空白期 (LP4年) Edit

自由都市最南端の小国パランチョで、国王ポロン・チャオ、将軍ピッテン・チャオらと親しくなる。
優秀な格闘家でもあるポロンからは格闘の指導も受けた。

ランス6では Edit

31歳の時、修行と潜伏を兼ねてゼス王国奴隷観察場に紛れ込んでいたところ、それと知らずに因縁深いランスと初めて顔を合わせることになる。レジスタンス組織アイスフレームの方針で勧誘を受け、こちらのほうが修行がしやすいと言う事でランス率いるグリーン隊に所属。ランスとは割と意気投合している模様でランスを「気になってる奴」と称した。物語中盤でランスと模擬戦を何度かするのだが、その後ランストーマを倒しヘルマン軍を撃退した中心人物だと知る。しかし自分がこうなったのは自分のせいだとし、ランスを恨むことはなかった。また、ランスとは「いつか本気でやりあう気がする」という伏線めいた台詞も。*1

最初はダメなバカ皇子といった感じだったが、シリーズを重ねるごとに成長していくのが目に見えてわかる面白いキャラクターである。

空白期 (LP5年) Edit

新生後のゼス魔法使い復権を目論む勢力による反乱*2が発生。ミラクル・トー*3と共闘してこれを鎮圧した。
闘神都市で開催された第二回闘神大会で優勝、闘神の称号を得る。(この頃の大会はまだ裏がない普通の大会)

ランス9では (LP6年) Edit

本作ではサブタイトルであるヘルマン革命の中心人物であり、シリーズの主人公ランスと共に「主人公」として活躍することとなる。ステッセル・ロマノフから国を取り戻す為、「無法者」として少数精鋭の強襲部隊でヘルマン軍に立ち向かうことになる。

ラフ画に「アーマードパットン」と書かれるくらいに重装備を身にまとった姿で、皆の盾となりつつ最前線で戦う。額のバンダナにはハンティの宝石の欠片が仕込まれており、これによりハンティはいつでもパットンの居場所を感知できるようになっている。

今作では随所に「漢」として素晴らしい成長を遂げた姿が描かれる。またランスを非常に高く評価しており、彼の強烈極まるリーダーシップに革命の成否を全て委ねる決意を見せた。6でゼスの騒乱を終わらせた中心人物であるランスを近くで見ていた事もあり、当時を「英雄物語を間近で見ていた気分だった」とヒューバートに語っている。

本編においても滑空潜入作戦の準備において「俺は墜落気味に落ちても死なねぇ自信がある」と言ってのけたり、密着状態からぷちハニーの爆発を受けたにも関わらず失神はしたものの特に重傷にならずに済ませ(装備の幾つかは吹き飛んでいた)、また重量6t以上の闘神の残骸に生き埋めにされても自力で這い出してくるなど周囲が感心を通り越して呆れるてしまうほどの頑丈さを存分に発揮した。

革命達成後あらためてパットン・ヘルマンを名乗り、皇帝シーラ・ヘルマンから皇帝の座を譲られ第47代ヘルマン皇帝に即位する。
ハンティに皇帝となった姿を見せた直後に皇帝として最初で最後の大仕事をやってのけ、皆を唖然とさせた。ラストではハンティと共に旅立ち、帝都を後にする。

鬼畜王ランスでは Edit

年齢30歳、直情的な猪タイプだがどこか抜けていて憎めないキャラクター。難しいことは参謀役のハンティフリークに任せて、本人は後をどうするか何も考えずにまずヘルマンに対し復讐の機会を窺っていた。しかし、その裏の無い性格が腐敗したヘルマンを変えてくれると信じた者達から支持され小規模ながらパットン軍を形成する。ハンティとの関係が乳母兼身辺警護役だけではなく非常に複雑と称されたのも鬼畜王から。

ゲームの進行上、パットン一味(+ハンティヒューバートフリーク)とアリストレスロレックスはどちらか一方しか仲間にできない。部下にするとリーザス配下でヘルマン地方を治める傀儡政権の皇帝となるが、ガンジーと同じく世界統一EDでは悪政を重ねるリーザス(ランス王)に反旗を翻す。

ゲーム的には Edit

鬼畜王では Edit

以前とは前述の通り、見違える姿で登場するものの、性能は悪い。部隊の能力はあくまでそこそこでしかなく、武舞乱舞も自爆技に近い。迷宮戦以外では全てマイナス補正がつくため迷宮戦特化のユニットだが、文字通り桁違いに強いセシルがいるため、迷宮戦でわざわざ使う必要も無い。ユニットの数合わせに使う程度である。

パットンの反乱軍は数、アリストレス&ロレックスは質といったところか。

ランス6では Edit

修行の成果か、見違えるほどパワーアップ。高い体力と防御力にスキルの味方ガードパーティーの鉄壁の護り手と化しつつ、自動反撃で攻撃。反面、攻撃としての殴りや武舞乱舞はFRボーナスで特化しない限りイマイチ(限界レベルが高いのでやり込めばレベル差でかなり強力になるが)。その場合はガードが甘く、味方ガードが大して使えなくなる。

中途半端に育てては駄目で攻撃か防御どちらかに特化する必要がある。一応、アタッカーは他にも居るのでパットンの個性が最大に活かせるガードに特化するプレイヤーが多い様だ。

ランス9では Edit

スパルタとして初期に参戦する、前線きって戦う皇子。ガード的性能に特化したスパルタであり、成功率は低いものの随一の効果範囲を持つ挑発を使い、敵の注目を集めまくる。
豊富な体力と硬い装甲で物理攻撃に対しては文字通り肉壁となって大活躍するが、その反面魔抵抗は初期値0であり注意が必要(豊富な体力と高い粘りで、肉壁の役目は全うできなくはないが)。

武器はブルグローブ(武器補正2)というとにかく大きな鉄グローブでハンマー並みの威力があるとされているが、初期攻撃力は決して高くない。
基本的には肉壁として攻撃面には期待しないほうがいいが、攻撃の素質は優秀な部類なので極めプレイでは攻撃役にもなれる。
熟練ボーナスを極めれば反撃率90%という値になるので装備品で受け流しを上げまくるのもいい。プレイヤーの好みによって色々な方面に性能を伸ばせるキャラであると言えるだろう。
必殺技は「おちょくり気弾」。気弾による射程5の単体攻撃と共に挑発的なお尻ぺんぺんを放って、確実に成功する挑発をマップ全域に撒き散らす。

人間関係 Edit

修得技能 Edit

修得技能
武舞乱舞舞を舞うように次から次にパンチ・キックを繰り出し、その全てを相手に浴びせ掛ける守りを捨てた究極奥義
鬼畜王ランスランス6にて使用可能。ランス9では封印していたがラストで活躍。
カイト奥義拳法の達人、カクトミ・カイトの得意技。相手から受けたダメージをその相手に倍返しにして返す技。偽殴りにて使用。
モーデル史上最強の格闘家フレッチャー・モーデルの秘奥義。気の中に相手から受けたダメージを貯え、それを4倍にして撃ち返す技。
本来は相手の攻撃を見切りダメージを受けずにそのまま返す技。偽殴りにて使用。
味方ガード敵から攻撃を受けた味方を庇って敵の攻撃を引き受けるガードの代表的な技。6以降にて使用。
気合い活動力をすべて消費する代わりに体力を全回復する技。6にて使用。
衝撃パンチ相手の防御力を無視して敵にダメージを与える技。6にて使用。
おちょくり気弾相手を心底馬鹿にしたような挑発と共に離れた敵に気を放ちを攻撃する技。9にて使用。
(挑発を抜いたただの気弾は偽殴りでもイベントで使用した。)

特記事項 Edit

  • 最初は軽~くぷちっと死ぬ予定だったのを、パットン派(笑)のYUKIMIさんとぷりん氏のおかげで助かったキャラクター。彼を助ける為にハンティが生み出されたのを皮切りに、ヒューバートフリークなど関連キャラが次々と生み出される。→ランス4裏話参照
  • なぐりまくりシリーズの主役として成長を重ね、鬼畜王ランスパットン一行として纏まった設定がお披露目された。
  • スタッフの間でも人気のあるキャラらしい。
  • 他のシリーズにもゲスト出演しているが、ママトトのパットンは同姓同名同じ顔の別人*4である。一方ままにょにょ・わいどにょのパットンは本シリーズのパットンであり、そのそっくりさ加減でカカロ・ナナスが戸惑うシーンがある。
  • 格闘家としてはまだまだ成長中で体力で押し切るタイプ。そして実際は格闘LV1でプロレスLV2であるが、本人は格闘こそが自分の持ち味だと勘違いしている。

名台詞 Edit

  • 「私は…もう、駄目だ……。ハンティ…お前だけ…逃げろっ…。」
    ランス3より。ノスに裏切られ窮地に立たされたパットンが助けようとしたハンティに漏らした言葉であり、
    彼女の身を自分の命の危険より優先する辺りどれだけ彼女を思いやっているかが垣間見える台詞。
  • 「それにな、俺の辞書には後退・逃走、及びそれに類似する言葉はねえんだ!」
    にせなぐりまくりたわぁより。初対戦のハニー相手に言い放った性格をよくあらわす台詞
  • あそこにいる俺はどこか腐っていた。貧乏になったが今のほうがいい。いつも淀んでいた心のどこかが…妙に晴れ渡っている。それにこんな金も権力も関係ない生活をしてるとな誰が味方で、誰が敵かもはっきりと分かる…誰に…必要とされているかもな。
    ランス温泉へゆくより。風呂でヒューバートに語った昔と今の気持ちの違い
  • ただ…な。苦労かけちゃ駄目だって思いながらも…ずるずると…俺はもっと頑張って…そんで、あいつを解放してやんねぇとなっ…て…思う…
    上に同じくその後ヒューに語ったパットンの胸の内に秘めた思い
  • 「そうだ!俺がお前のおねーさんだ!」
    いたぶられる志津香を助けるためにナギに言った超「迷」台詞。
    ランスに急にふられたにしてはなかなかノリがいい。
    中々の衝撃発言だったせいか、ランス9にてナギが覚えていた。
  • 「……英雄物語を真近で見ている気分だった。ありゃあ、男なら誰しもグッと来るぜ」
    ランス9より。ヒューバートとの会話でランスの活躍について語ったシーン。
  • 「世界を変える程の牽引力、それを出し惜しみする事なく発揮してもらおうじゃないか。」
  • ランスと一緒なら、なんだって出来そうな気がする。俺は、自分のこの感覚をとことんまで信じる」
    ランス9より。ヒューバートとの会話、ランスにリーダーを任せる事について。
  • 「止めて欲しいと思っていたはずだ。自分自身に歯止めが効かなくなったら、あんたに止めてもらいたいと考えるはず。 親友であり、尊敬するあんたにな。」
  • 「爺さんよ。あんたにこの世を去る日が訪れたとしたらだ。そん時は胸張ってルーンに会いに行け。再会を心の底から喜び合えるはずだ。 親友ってそういうもんだろ?」
    ランス9より。ルーンが自分を恨んでいるのではないかと恐れているフリークに対して。自分のみならず国や身近な人間に対しても
    心から思いやれるようになった彼の成長と優しさ伺える台詞。この言葉にフリークはかつて友から
    頼まれたある言葉を思い出し、涙が出ない鉄の体ながらも嗚咽を漏らした。
  • パットンシーラが本気で嫌がるようなら、悪いが俺はあんたの前に立ちはだかるぜ。」
    ランス「ほう、俺様とやる気か。」
    パットン「ああ、あいつが嫌がるなら。俺は命懸けでもあんたを倒す。」
    ランス9より
    パットンの妹想いさが窺える一場面。心底、シーラの幸せを願っているようです。
    この時、実は変装中のシーラ自身が聞いていて、頬を赤らめていました
  • ハンティ、俺がお前に教えることなんか ほんとに何一つないと思って生きてきたがな
    命の輝くその一瞬一瞬の大切さ、それは教えることが出来るようだぜ
    ランス9より
    作中何度も言われていますが、本当に素晴らしい男になりました。
  • ここは俺の国だ! 俺達の国だ!
    それを目茶苦茶にするって奴がいるなら、闘神だろうが魔人だろうが関係ねぇ!
    この二つの拳を握って、命の限り戦い抜く! それだけだ!
    ランス9より 最後の闘神M・M・ルーンを目前にして。
    ヘルマンの平和を乱す者は誰であろうと許さない。まさしく皇帝の風格。

名場面 Edit

名場面/パットン

画像 Edit

http://www.alicesoft.com/rance6/chr/chr47.jpg ランス6

ee359b9c.jpgランス9ラフ img_chara_outlaw_01.pngランス9

http://www.alicesoft.com/ma2nyo2/img/chr_19.gif ままにょにょ

69b36e46-s.jpg

ランス3以前 パットン、ぐれはじめる。

img_story_01.jpgランス3

img_h01.png

ランス03 ©アリスソフト

©アリスソフト

コメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 解説・~そしてハンティを通じトーマ・リプトンを師匠を持ち←師匠に持ち -- 2015-10-16 (金) 17:15:25
  • もしランス10にもボイスあるとして、03と同じパットンの声を聞いたら絶対に笑う自信あるわw -- 2015-10-23 (金) 01:13:55
    • 同じ声の人で、より低く頼もしい感じならおk。ふうっはっはははははは! -- 2015-10-23 (金) 09:14:53
  • カッコ良さそうな名言の中に、ヘルマンで最も尊い精液だぞぉ!は入りますか? -- 2015-10-23 (金) 09:17:04
  • ヘルマン姓のパットン、ミスナルジ姓のパットンと比較すると、それぞれの親の性格が見えてくる。パットンの父が不甲斐無くて小心者である(ガームロアの死が影響しているかもしれない)のに対して、パエリナが見た目の割には包容力があり大胆な人であったということが。 -- 2015-10-24 (土) 06:30:20
  • なぐりまくりたわぁやってないと、03やってから即9やったら一体どうしたのこの男ってなる -- 2015-11-30 (月) 03:13:17
    • 6を間に入れても、6の時点で何があったの皇子な状態ですね。まあ03ラストの真面目な雰囲気見てたら想像はできるか・・・? -- 2015-12-18 (金) 20:06:08
      • リスの館に収録してくれないかなあ、ってリアルタイム組のおっさんが川原で呟いてた -- 2016-01-20 (水) 17:53:55
  • 今のパットンは、幼い頃の、恐らくシーラが生まれる前までのパットンが下地だと思う。もともとは皇子らしくないけど皆に好かれる少年だったとのことで、だからこそヒューアリストレスのような友人にも恵まれた。だから改心したというよりは昔の素直な性格が戻ってきたんじゃないかね -- 2015-12-02 (水) 20:07:20
  • 国内は権力争いのせいで追いやられ気味で強くなりたくて鍛えるも剣の才能なくてイマイチ伸びなくてで精神的にダメになってるのが王子パットン失敗で国を離れて権力争いの精神的な負荷なくなって格闘転向で才能花開いでで落ち着いたのが頼れる悪友系のパットン -- 2015-12-07 (月) 07:53:24
    • 言いたいことは同意なんだけど読みづらいぜ……句読点使おうよ -- 2015-12-07 (月) 22:38:08
    • あんな屑だったパットンが滅茶苦茶更生してるのを見ると複雑だ -- 2016-01-20 (水) 06:10:30
    • 鬼畜王のときのパットンは更正した元ヤンキーくらいだったからな 性根は入れ替えたけどガラの悪さはにじみ出て来る 6以降は悟りを開いてしまった -- 2016-01-20 (水) 16:38:24
      • 鬼畜王は分けて考えような -- 2016-02-22 (月) 05:58:06
  • ネタ的にしょうがないんだけど、お前はもっと妹に早く気付けよパットン -- 2016-01-17 (日) 04:47:20
  • どんだけのヘルマン兵犠牲にしてんだよ 撤退するところないしほぼ壊滅だよねアレ… -- 2016-01-20 (水) 06:06:58
    • 犠牲にしたのはどう考えてもケチャックステッセルのクズコンビと取り巻きだろ・・・ガームロア様がもっと早くに降臨なさっていれば犠牲はもっと減った -- 2016-02-04 (木) 13:50:41
      • 03の話じゃないか? -- 2016-02-05 (金) 13:30:04
      • てっきり9の方かと思ってた… -- 2016-02-09 (火) 03:43:39
  • レリューコフ看取る時とかキスシーンとかあったじゃないか…まあレリューコフピグメインだしキスシーンもハンティだけどさ -- 2016-02-10 (水) 21:15:01
  • モーゼル脚が忘れ去られている件。 -- 2016-02-15 (月) 01:11:27
  • 現状の目的から行ってレッドアイとぶつかるんだろうなぁ ハンティがいるとはいえどう対処するんじゃろ -- 2016-03-01 (火) 03:10:49
    • ランスが来るまでのかませ役じゃね? ヘタに目立たせようとすると9みたいに微妙なキャラ立ちになっちゃうし。 -- 2016-03-01 (火) 15:29:51
      • かませ役という言い方はなんだが、ランスが最後を決めるつなぎ役にはなりそうだな。パットンランスがいるなら縁の下の力持ちっぽい。目立たないけど余所で仕事はこなしてくるような(ちょいポカはある)。パットン目立たせるならそれこそなぐりまくりたわぁだな。 -- 2016-03-02 (水) 09:19:44
      • パットンがマップ攻略して、集まった破片の娘はランスが掠め取ってくんですね。 -- 2016-03-04 (金) 23:42:02
    • パットンが「あいつは人類を一つにしたら必ず魔人領の方に目を向ける、その時の為に聖魔教団時代の兵器が必ず必要になる」 って言ってたからな -- 2016-05-09 (月) 08:05:08
  • パットン闘神のボディを破壊してランスが本体にトドメを刺すくらいには活躍してほしい -- 2016-08-20 (土) 02:13:00
  • パットン君はこの時代の人物の中でも後世もっとも微妙な評価を受けそう -- 2016-09-27 (火) 20:38:03
    • 個人的には縁の下の力持ち、というのも悪くないと思うな -- 2016-10-02 (日) 20:41:11
  • リックと並んで男性としては信じられないレベルランスと近しいキャラだし10では普通に大活躍しそうよな -- 2017-05-18 (木) 00:48:00
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
ヘルマン帝国
皇室パメラ・ヘルマン - シーラ・ヘルマン(ルシアン・カレット) - パットン・ヘルマン(パットン・ミスナルジ) - ザナゲス・へルマン - 第45代ヘルマン皇帝
宰相ステッセル・ロマノフ
評議員会ケチャック・バンゴー - バショウ・マティオ
評議員会(元)ハンティ・カラー - フリーク・パラフィン - ビッチ・ゴルチ - ガームロア・マティオ - (オールハウンド・ドックドッグ
ヘルマン軍第1軍レリューコフ・バーコフ - カール・オジザン - イオ・イシュタル - ピグ・ギリシアム
第2軍アリストレス・カーム - コンバート・タックス - (ヒューバート・リプトン) - デンズ・ブラウ
第3軍(トーマ・リプトン) - ミネバ・マーガレット - アミトス・アミテージ - タミ・ジョン - マハ・マーガレット - アイザック - オルグ・マティオ - ロバート・ランドスター - セピア・ランドスター
第4軍ネロ・チャペット7世 - クリーム・ガノブレード
第5軍ロレックス・ガドラス - オルオレ・ザ・サード - (カチューシャ・ボッシュ) - (ソルニア・ベンツ
警備隊ルーベラン・ツェール
強制収容所オアマ・モトヒーデ - 悪徳政治家
闇の翼フレイア・イズン - 闇烏 - 闇鴨 - 闇鷺 - 闇雀
パットン一派(革命軍)パットン・ミスナルジ - ハンティ・カラー - フリーク・パラフィン - ヒューバート・リプトン - メルシィ・アーチャ
傭兵団・盗賊団アルカネーゼ・ライズ - (シルバレル) - バウンド・レス - ソウル・レス - エレナ・フラワー
住民アナセル・カスポーラ - アミラン・バーコフ - ロッテンマイヤー・ゴルチ- ペルエレ・カレット - リル・ガドラス

Tag: ヘルマン スパルタ ガード


*1 後のランス9ではランスの女好き・H好きに対して「(妹の)シーラが本気で嫌がるようであれば」という話であることがわかり、それに対してシーラ本人がランスを「運命の人」と思ってしまっているので本気でやりあうことはなかった
*2 偽パセリの乱
*3 当初は敵対関係だった
*4 出身国はルマン帝国
*5 R6時、現在も成長中 R3時、190cm / 87kg