M・M・ルーン(マジック・マスター・ルーン)

プロフィール
年齢(生年)享年125歳 (肉体)/ GI452年没(GI327年生まれ)
享年694歳(魂)/LP6年没
身長 / 体重
出身(現住地)聖魔教団筆頭
職業聖魔教団
レベル / 才能限界
技能LV(傾向)魔法LV3?
特技
趣味
目標真に人類を魔族から解放する
登場作品ランス4(OP、マニュアル)
にせなぐりまくりたわぁ(名前)
鬼畜王ランス(解説、名前)
ランス6(OP)
ハニホン(解説))
ランス9
Table of Contents

解説 Edit

本名ルーカ・ルーン魔法を極めし者[マジック・マスター]と呼ばれた人類史上最強の魔法使い聖魔教団5人衆筆頭にして、人類を初めて統一した魔教団(聖魔教団)の創始者。

肉体的には小柄で華奢な男だが、異常なほどの魔力を持ち、幼少期には既に賢者と呼ばれる者達でも敵わず、青年になる頃には魔力を抑える枷がなければ周囲に被害が及ぶ程だったという。

若くして世界最強の魔法使いであった彼は、晩年には魔人をも凌駕する魔力の持ち主になっており衰えるどころかより大きくなっていたという。*1フリーク考案の反重力システム「浮力の杖」の起動にはマナ・バッテリー*2ですら出力が足りないのをルーン1人で起動させていることからもその化け物っぷりが分かる*3

人類を魔族の支配から解き放とうとした真の英雄、とはフリークの言。

若い頃、魔法院でフリーク・パラフィンと出会い、その人柄と奇才振りに魅せられて、彼を恩師と呼び慕うようになる。 無二の親友となった二人ではあったが、ルーンフリークが高齢なことを憂い、彼の研究を元に、細胞を金属化させる魔法[バイオメタル]を完成させるに至る。老衰による有能な人材の損出を防ぐことに成功したルーンは、次の大いなる目標、蔑まれている魔法使いたちの地位向上、さらには人類に真の平和をもたらすために行動を開始する。

人類統一後、闘神都市の建造を進めつつ、闘将魔物達を大陸西側に封じ込め、魔農民を使い食料問題をも解決して、平和その物の時代を築いていたが、それらの行動が一部の魔人達の怒りを呼び、想定外の早さで魔人戦争の口火が切られる事となってしまった。 戦争後期にの蛮人達の裏切りにより怒りで我を失い発狂したルーンは、魔都デトナ・ルーカの地下から残存する闘神都市に蛮人抹殺の指令を出す。 GI452年も終わりを迎える頃、フリーク・パラフィンハンティ・カラーに伴われたレプリカ・ミスリーの手によってその命を終える事となる。 (人の肉を持たない闘将二人、瞬間移動を使うハンティにはデトナ・ルーカに設置された細胞を溶かす防御装置も効果がなかったと思われる。) 魔法をはじくミスリルの身体を持つ奇跡の闘将ミスリーにはルーンは何の抵抗もできずその命を絶たれた。 M・M・ルーンは死亡し、残った聖魔教団の遺産はフリークたちによって封印、管理されることに。 ルーンの魂はAL教によって封印されることとなった。 彼や聖魔技術を象徴とした一つの時代が終わり、時代は群雄割拠の近代へ。

闘神αの完成前後から60年もの歳月を生命維持装置の下で生き永らえたが、彼が最期まで闘将にならなかったのは自身の魔力を蓄える程の魔蓄装置がなかったことと、未だ増大する自身の魔力成長を止めたくなかったからだという。

しかし、ルーンは密かに、後にラング・バウと呼ばれる場所の地下にて、自らの「魂の器」となる専用の闘神闘神MM」を開発しており、この闘神に自らの魂を宿らせる条件に、「魔剣カオス」を定めていた。LP6年のヘルマン革命最終段階にて偶然にも鍵となる魂とカオスが揃い闘神MMに憑依、再び人類と魔族の殲滅に乗り出そうとするもランスパットン一行の前に敗れ、現代の人類の力を認めフリークと共に成仏した。

名台詞 Edit

  • ば、ばかな…ミスリルの身体だと…? 魔法を跳ね返す素材で、闘将を作れる筈はない!
    マジック・マスターの最後。(マニュアルより)
  • もし、私が間違った方向に進んでしまったら…… 
    恩師フリーク、あなたが私を止めてください。
    あなたに否定されたのなら、私は自分の死に疑問を抱かなくて済みます。
    ランス9より。
    「ルーンは裏切り者である自分を憎んでいるかもしれない」というフリークの不安を、パットンが強く否定した際に描かれた回想。
    (台詞自体はハニホン4号が初出)
  • ルーン「これが人の力……真の力か……」
    フリーク「どうじゃ、お主も安心したのではないか?」
    ルーン「……ええ」「思い残すことはなくなりました……」
    フリーク「ふふ、そうか。それは何よりじゃ……」
    ルーン「人類に真の解放を……」「今を生きる強者共よ、後は任せたぞ……」
    フリーク「儂らの時代はとうの昔に終わっておる。お互いに、ちと長居しすぎたのう」「さあ、行くとしよう」
    ルーン「ええ……そうですね……」「……恩師フリーク
    ランス9より。
    闘神MMをも倒す今を生きる人類の強さを感じ、この世界の光明を見たルーンフリーク
    一時代を築いた2人の大魔法使いは、人の身には長い数百年の生涯に幕を閉じた。

コメント Edit

Show recent 15 comments. Go to the comment page.

  • 闘神MMは9では継戦能力こそ高いものの、人類史上最強の魔力という強大さがなかったなぁ -- 2018-02-08 (木) 21:09:24
    • 闘将化しないのが魔力成長を止めたくないから、だから魔力量は肉体とか脳に依存するのかも。そうだとすれば、魂だけで、「魔法Lv3の技能」に見合う分の魔力しか闘神に宿らなかったのかもね。 -- 2018-02-10 (土) 09:34:04
  • 文章の細かいとこが気になる記事だなここ -- 2018-05-30 (水) 22:04:56
  • ルーンが主人公のゲームを作りたい。そんでラスボスが主人公って感じのRPG。まぁ救いのないバッドエンドになってしまうけどね。 -- 2018-07-16 (月) 23:12:51
    • 途中で魔人を倒せる日光さんを手に入れていたら別ルートに、とかあっても面白そうよな(カオスジル封印中) -- 2018-07-17 (火) 00:24:17
      • 日光の難しい所は契約だな、いくら闘神闘将が強くでもエッチが出来ないからな...とはいえ蛮人には渡さないだろう、魔法戦士じゃない限り。カオスなら機械でも扱うから問題ないだけど、封印中だからな...もっと早く聖封印結界を実用化した方が効率的かも、闘神に予算かけすぎた -- 2018-07-17 (二) 00:02:29
      • ルーンが非魔法使いを蛮人呼ばわりし始めたら、もうバッドエンドルートじゃね?日光を含めて魔法使いと非魔法使いの協力か対立かで運命が大きく決まりそう -- 2018-07-17 (火) 12:12:42
      • 日光はGI500のザビエル討伐時に勇者が持っていたからコーラに確保されていそうなんだよな(魔人戦争勃発はGI420) -- 2018-07-17 (火) 16:11:50
  • こいるが居るからアニスのヤバさがカスむ -- 2018-07-21 (土) 03:23:36
  • パイアールが居るからこいつのヤバさが霞む -- 2018-07-21 (土) 07:36:54
    • そいつは現代科学でこっちは魔法科学やから別体系やで -- 2018-07-21 (土) 09:28:05
  • 魔力はすごかったんだろうけど、魔法使いとしては異界行けたりするミラクルの方が上っぽいイメージある。むろん科学者としては魔人殺しのパイアールに及ぶべくもないですね -- 2018-07-21 (土) 14:22:05
    • LV2のミステリアでもガルティアのお腹に転移できるからルーンができないの理由がないだろうね。実際、公式設定ではルーンの魔力は「空間さえも破壊しかねない」だそうです。科学者としてはパイアールに及べないのは同意なんだけど、パイアール魔人殺しの手段も不明なんだし、どちらかと言えばルーンも聖封印結界を開発したんだぞ、試作品で不安定なんだけど、それは戦争中の急造品だから仕方がない、重核ミサイルや魔導砲の予算をこちらに回すべきだね -- 2018-07-21 (六) 14:00:35
  • 9の決戦で無法者が負けてたら、魔王ルーンなんてものが生まれてた可能性があるんだよな。闘神や優秀な魔法使いアニス含む)を魔人化したり、蛮人を全員殺して逆ツォトンみたいなことしたり、魔法使いから死ぬギリギリまで魔力を徴収したり、レッドアイみたいな魔王になりそう -- 2018-08-17 (金) 21:37:29
  • 4リメイクの顔が早く見たい -- 2018-08-17 (金) 21:57:55
  • ルーンの時代に仲間として同行して最後まで見届けるシナリオとか面白いかも、最後はルーン倒して主人公は歴史の闇に消えるとかで -- 2019-03-27 (水) 21:48:06
  • 10の現戦力では一年どころか半年ももたないのにMMルーンは十数年間、戦い続けることができたのはマジックポーンの継戦、量産能力は桁違いだったんだなぁ -- 2019-03-28 (木) 06:41:50
    • ルートにも依るが魔王ケイブリスの誕生が詰みに繋がるだけで、その要素がなければもうちょい保つと思うよ -- 2019-03-29 (金) 12:36:40
    • まさにこの時代の、世界のバグだったんだなあ。魔力が増大し続けるタイプって魔力暴走に陥りやすいが、ルーンは自分一人で管理していたのが凄いわ。しかも増大し過ぎないように抑えようとするんじゃなくて、制御しつつ、魔力成長を止めなかったってのが、自分でコントロールできる考えがあったんだろうな… -- 2019-03-29 (金) 12:48:37
    • 各都市での魔物達の数は闘将または鉄兵で圧せるから、魔物が異常に減っていく感じかな。60万vs50万→20万vs40万みたいな -- 2019-04-25 (木) 21:55:23
  • マジックポーンによる兵力の補充が魔物の補充と互角以上だったのはまず間違いなし -- 2019-04-26 (金) 07:06:50
  • 何気にこの聖魔戦争時をSLGで出してくれないかな。IFで日光とかカオスを手にして動くルートとか闘神都市全て完成させて魔軍と戦っていくとか、MMルーンが狂わなかったルートに入るとか、やりたくなった。コメントに04出る話が出たら、繋がりで投稿してこよかな -- 2019-04-28 (日) 21:51:17
    • カオス獲得の段階でジルが出てくるとガイが動きそうで混沌化するな。日光なら適当な強者が持ち歩いてるからアリだが -- 2019-08-11 (日) 10:05:42
  • 3や6と違ってラスボスに遭遇して即撃破しちゃってるせいか何か印象に残りづらいのよね。一回遭遇してハンティの言う通り撤退、闘神都市MM浮上 乗り込んでマジックポーン蹴散らして撃破みたいな道のりが欲しかった気がする -- 2019-08-11 (日) 10:10:28
  • ルーンとかガイとか石丸はじっくり話を作り上げて掘り下げてほしいキャラだな。04でるならおまけみたいなのでルーンの話やってくんないかな。さすがにルーンが主役でゲーム一本は無理だろうから・・・ -- 2019-08-16 (金) 04:54:16
  • ルーンガイ、石丸のミニシナリオ見てみたいよね。何でもありでカード化してほしい -- 2019-08-16 (金) 18:40:31
Name: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

Tag: 人間 聖魔教団 伝説の者 魔法使い 人類最強 故人


*1 偽殴りで、パットンの「お前を倒す事ができる人間なんて、現れるかよ」との言葉に、「昔いたさ、M・M・ルーンて奴がさ。」と答えるハンティの言がある。
*2 出力は1億魔力。普通の魔法使い1万人が供給に掛かり切りになる魔力量
*3 ランス6では防衛しながらであるが、ガンジーアニスでマナ・バッテリー起動に必要な2000万魔力を賄った