ホーネット -Hornet-

プロフィール
年齢(生年)172歳 / LP7年時点(GI850年生まれ)
身長 / 体重168cm / 45kg
出身(現住地)魔王城
職業魔人筆頭(GI~LP期)
ホーネット派代表
魔人筆頭(RA期)
レベル / 才能限界LV210 /LV320
技能LV(傾向)魔法LV2
神魔法LV2(カード)/ 聖魔法LV2(図鑑)
剣戦闘LV2
特技魔法全般
詩の朗読(鬼畜王)
目標父の遺志を継ぐ
登場作品リトルプリンセス
ランス10
鬼畜王ランス
ランス3/03(どちらも名前のみ)
ランス6(アリスの館,特典CD,ラフ画集)
戦国ランス(手紙)
ランス・クエスト(名前のみ)
Table of Contents

解説 Edit

先代魔王ガイ人間の女に産ませた、魔王人間のハーフ。魔物界のプリンセスにしてGI~LP期の魔人筆頭
魔王の力の継承者キール・ラーナが自殺したことでガイは継承が出来なくなっていた。新たな候補が見つからない中、「自分の子供ならば魔王を継がせられるかも」と考えたガイは、無数の女性を孕ませ子を産ませることに没頭。それにより誕生した唯一の成功例、それがホーネットだった。
母はホーネットが産まれたときに死亡し、ホーネットは周りは魔人魔物ばかりの中、孤独を感じて生きてきた。それで友達としてあてがわれたのがサテラである。
10歳の時にガイにより魔人化、次期魔王となるべく英才教育を受けて育ち、誰もが次の魔王になるものと考えていたが適性が無かったために後継者になれず、ガイは仕方なく異次元から連れてきた来水美樹を継承者として選んでいる。
それでも魔人としての実力はケイブリスには及ばないものの別格。周囲に浮かぶ玉はその膨大な魔力を実体化させたもので、色によって属性が異なっている。

父親の遺志である「魔王リトルプリンセス擁立」を望み、「美樹殺害による魔王継承」を企むケイブリスとの内戦に身を投じる。魔人レッドアイとは過去4度ほど戦い、辺り一帯を更地にして死の大地と化すほどの壮絶な魔法戦を繰り広げた。
ランス10直前、数年に渡る激戦の末、ホーネット派が敗北、魔人領のすべてを掌握したケイブリスは一気に人類圏への進攻を開始する。

ホーネットの掲げている思想は「魔人による調和ある世界」であり、「魔人こそが人を統治するもの」という選民思想や管理主義に近い理念で「人間は下等な存在」という考え自体は他の魔人達と大差無く、サテラにもかなり曲解させた形で影響させている。
これはガイの「魔王魔人人間の上に立つもの」という教育によるものと彼女自身の「尊敬する父は絶対」というファーザー・コンプレックスからきたものでもある*1
父親との関係性も、善人格のガイを行動規範として畏怖しながら、悪人格のガイの奔放さの中に愛情を感じていたなど、かなり偏ったものになっている。
「完璧」とまで言われる優秀さの反面、主体性に乏しく、それを本人も自覚していて自嘲気味。
ランス10発売一周年記念で行われたTwiiter上での織音氏の質問回答において、お像入りになった一部のエンドに魔人筆頭ホーネット編があった事や、二部の後はランスの冒険パーティーのサブパーティの一員としてランスと一緒に冒険をしている事。
ガイの教育方針関しては性格の二面性で少し差があり、魔人として生きるか元気で生きるかの違い。ただどちらも「憎しみを持たない」ことに注視されていた事が明かされた。

リトルプリンセスでは Edit

ドラキュラ城にて、ホーネットの原型と思われる「ドラキュラの娘」が終盤で登場。ヒララレモンを欲しているが、それを渡してしまうと、幻覚によって包まれた部屋を突破できなくなり、事実上のゲームオーバーになってしまうので注意。

ランス3では Edit

ノスアイゼルの会話で「ホーネット様に気づかれないように~」と言及されるのみ。 正史となった03においては、魔人同士の会話で人柄を推測出来る部分が追加されている。

戦国ランスでは Edit

魔王ルートリトルプリンセスが覚醒すると就任祝いとサテラを援軍に送る旨の手紙を送ってくる。~手紙のみで本人は未登場。ケイブリスの超絶低姿勢な態度とは対照的で、両者の立場や思考のちがいが垣間見える。

ランス・クエストでは Edit

ハイパービルでのサテラの会話で名前が出るのみ。

ランス10では Edit

ケイブリスの元で囚われの身。カミーラへのプレゼントにするため、ホーネット派魔人の人質とするため本人は無事だが、身代わりに使徒が惨殺され続けている。救出作戦が行われない場合ターン進行でケイブリスによって凄惨な運命を辿る事に。ハウゼルシルキィを仲間にし、美樹を保護していると、ホーネット救出作戦が実行可能となる。ホーネット派の生き残り5万の命と引き換えに魔王城へ潜入。道中の戦闘を合計7ターン以内に突破する速攻作戦が要求される。

ランスに救出された彼女だが、歯牙にもかけていない所かむしろ下に見ており、サテラ使徒(候補)としての評価は「傍に置く者は考えなくてはなりません」と窘める程。人間とは相容れない存在だとして単独行動をする気でいたが、美樹の名前を出されようやく翻意した。 救出したお礼としてランスにセックスを迫られるが「わんわんに交尾を求められたらどう思いますか」とすげなく断る。ケイブリスを倒したらヤらせると約束はするが、この時点では実現不可能な口約束だと思っている。そんな彼女とランスがどういう関係を築けるかは、魔軍との戦争の行方次第。

救出当初は美樹に対し、早期に魔王に覚醒するように促していたが、その後は美樹と接する機会が多くなった為か、自身が魔王を受け継ぐことが出来なかった事に関して、負い目を感じている様子をみせる。
ルートによってはケイブリスを打倒後、美樹魔王を拒むも受けるも自由と発言するなど、あくまで美樹の意思に任せており、実際に美樹魔王に就任する事にはこだわっていない。

ケイブリス打倒後、残った魔軍を統率して人間界から撤退させる。(いない場合はカミーラが実行)
またエンディングにおいて、かつて失敗した魔王の血の継承にも再び挑戦する。

第二部では

魔王ランスの時代でも魔人筆頭を務める、現在の世界では最強の魔人ランスを救うために乗り込んだエールたちの前に立ちはだかり、「たとえ、魔王様(ランス)のお子様とは言え、牙を剥くならば、私の敵」と言い放ち、戦いを挑んでくる。

すべてが終わった後は、「これから元魔王であるランス様がどう行動していくのかは私にとっても重要」と話し、冒険に出てしまったランスシィルの捜索をサテラに依頼し、自分は魔物たちの代表になろうかと話していた。

鬼畜王ランスでは Edit

プロフィール
年齢(生年)不明身長 / 体重168cm / 45kg
出身魔王の城在中 職業魔人魔人筆頭) 
レベル / 才能限界Lv210 / Lv320 技能Lv(傾向)魔法Lv2、聖魔法Lv2、剣戦闘Lv2 
特技詩の朗読 特記事項魔王の娘

正史と同じく魔王ガイ人間(母については不明)のハーフで、魔物界のプリンセス。次期魔王となるべく教育を施され、あらゆる知識を身に着けた完璧な存在で、誰もがホーネットが次期魔王になる思っていた。だが、ガイ来水美樹魔王継承者に決めた後亡くなったため、美樹逃亡で魔王不在の中、ガイの遺言を不服とするケイブリスが反乱を起こし、さらに魔人の大半がケイブリスに従ってしまう。ガイの遺言を守ろうとするホーネットと彼女の配下の魔人たちは苦境にたたされているが、ホーネット美樹に意識操作をして魔王即位させる強硬手段を拒み、あくまで美樹自身が自分の意志で魔王即位することを待ち続けて、理想を共にする仲間達と劣勢の中、必死に戦い続けてきた。

ゲーム開始時は大陸北西部がホーネット派の支配領域であり、主人不在の魔王城を本拠地にして、ケイブリス派と戦っていたが、美樹ケイブリスに奪われ殺害されないために、自分たちの危険を顧みずにサテラメガラスを護衛として送り出す。メガラスサテラが抜けた戦力低下もあり、ターンが進むごとに戦況が悪化していく様子が描かれ、やがてケイブリス派に敗北して捕獲される。それからケイブリス魔王城を制圧するまでプレイヤーは魔人領に干渉できない。ケイブリス打倒後にサテラが健在ならば救出できるものの、戦闘ユニットとしては参加しない。

正史と違い、人間魔物は対等という考えで、ランスを「貴方様」と呼んで感謝を深々と述べるなど、人間のことを見下していない。魔人の中ではいわゆる穏健な人格者で、人間魔物が共存共栄する平和な世界を望み、レッドアイと自分の魔力のぶつかり合いによる環境破壊を防ごうとしたり、他人の心を狂わせて遊ぶワーグに「残酷な夢を見せてはいけない」と叱る等、どちらかといえば人間に近い思考や倫理観を持っている。だが父ガイの遺言(美樹魔王にしてホーネットはその補佐をすること)にこだわっており、ランスに犯されたことで魔王に即位した美樹が自分がガイの政策を引き継ぐかどうかわからないと述べた際には、その時は絶対命令権で私を従わせればいいと返しており、助け出された際のやり取りにおいても、ランス美樹魔王にせず人間に戻すと発言した際に不満そうな態度を滲ませている。

ゲーム的には Edit

ランス10では Edit

作戦クエストホーネット奪回後に拠点クエストで加入。所属は神魔。第二部開始実績の条件の1人……だったのだが、バージョン1.03にて条件が緩和され、実績を達成しなくとも良くなった。
カード構成は倍率6.6倍の六色破壊光線、コンボを稼ぎやすい6連撃の魔力球と非常に高性能。 凍結編成として強力なサイゼル等の連続攻撃&オーバーキル要員には劣るが、ホーネットは専用編成を組まず単独で扱えるというのが大きな評価点。育成用の3ラウンド以内&1ラウンドキルやオーバーキル要員として頼りになる。
欠点は無属性のため弱点が突けないこと、加入が後半になること、救出に1ターンを消費すること。また加入した時期には要所要所でダメージ上限の設定された敵が増えてきていまいち活躍しにくいことも。
ED分岐を考慮しないのであれば、加入させない選択肢もありえる。 救出のタイミングとなる5~8ターン目は忙しい時期であり、またリーザス魔人を討伐した後は戦果を入れつづけないとコルドバが戦死してしまう為、両者を両立するのが難しい。生存させるには詰将棋のようなプレイが要求される為、コルドバ(および魔物隊長ラカン)とほぼ排他関係となっている。

敵として戦う際には、6つの魔力球が支援配置される。
効果は、赤=確率80%でHP5%回復、青=こちらの支援を1つ消す、黄=異常状態を1つ回復、白=魔法レジスト50%、黒=自動発動80%で魔法攻撃、紫=1ラウンドの行動回数3回制限。
手数を減らされる上にHP回復まであるためそのまま倒すのは困難で、ラウンド経過で魔力球が消えるため再び配置し直すのを手裏剣や睡眠などで妨害するのが正攻法となる。
なおグラフィック上の6つ魔力球は、赤=炎、青=氷、黄=雷、白=光、黒?(紫?)=闇と、もう1つは支援配置の色とは異なり緑色で中に岩が描かれている魔力球。

人間関係 Edit

  • ガイ(善人格) / 前魔王の父様。厳しくも自分を教育してくれたので尊敬している。
  • ガイ(悪人格) / 前魔王の父様。奔放だけど優しい。父として愛していたのはおそらくこちら。
  • サテラ / 魔人になる以前からの幼馴染で大事な親友。
  • ランス / 下品な魔物より下品な人間、でも愛してくれた悪人格の父にどこか似ている。価値観を改めさせられた。
  • ランス第二部)/守るべき主君。私の行為は全て魔王様の為に。
  • 来水美樹 / 父の血を継いだ主君。
  • シルキィ・リトルレーズン / 信頼する腹心。
  • ラ・ハウゼル / 信頼する腹心。
  • ケイコ、マナブ、リツコ、マツタロウ / 使徒たち。
  • ラカン / 父の代から仕えてくれている執事。
  • ケイブリス / 父の遺言に背く裏切り者。だが積み上げた努力は賞賛する。
  • ランスの子達 / 呆然とするくらい強い8代目魔王の子供達。同じ魔王の子という立場ながら彼らの生き方が羨ましい。

名台詞 Edit

+  ランス10
+  鬼畜王ランス

名場面 Edit

+  ランス10
+  鬼畜王ランス

画像 Edit

11.png
ランス10

6df20aab.jpg
店舗特典サンプル画像

8a0f9f01.jpg
スタッフ日記 桜秀蘭 ウェディングドレス風ホーネット

©アリスソフト

コメント Edit

Comments/ホーネット-4

Show recent 15 comments. Go to the comment page.

  • ホーネットは予定通り仕上がったキャラなのか、それとも時間的な制約からそうなってしまったキャラなのか、製作スタッフとしてはそのキャラについて、またユーザーからの反応についてどう思うか、質問できるのなら知りたいな。この前TADAさんが「謙信は大変人気を博したキャラだったが発展させるのが難しく、10ではあの程度の出番にせざるを得なかった」というようなことを言っていたが、ホーネットの事も聞いてみたい -- 2019-09-12 (木) 20:18:16
  • アホー…いいニックネームをつけたものだ -- 2019-09-12 (木) 21:56:38
  • 出番が少なくてもシルキィハウゼルはそれぞれ要所要所で魅力的なキャラになっている。にもかかわらず何故ホーネットだけこのようなキャラにしてしまったのか…ファンが憤慨するとは考えつかなかったのか? -- 2019-09-12 (木) 23:29:25
    • 他の魔人はみんなそれぞれ個性を立たせるイベント(及び個性自体)を貰ってるんだよね。どうにもホーネットだけが薄くなっているように見える -- 2019-09-13 (金) 04:30:13
      • カミーラ誕生パーティー襲撃ルートだとランスのこと意識して認めていく描写があってよかったけど(サテラとの友情シーンも)、他ルートだと空気・・・。マエリータ隊贔屓するならその尺をホーネットに回せばよかったのに。 -- 2019-09-13 (金) 05:54:46
      • 人間的な価値観に近い他二人と違って、初対面の時に印象が下がるような価値観の違いを見せつけられると言うのが痛い。この二人に慕われているのだから、いい人なのだろうという期待とは真逆の対応をされより受け入れ難い。 -- 2019-09-13 (金) 07:06:11
      • (続)他の二人も欠点はあるが可愛げのほうが勝り気にならない。ホーネットは強行突破をプレイしてもプラマイゼロといったところか。見せ場であるルートでも碌な活躍をしてない。単なるお姫様ポジションにすぎないというのが残念な所。ファンは味方として活躍するホーネットが見たかったのであって、これでは期待はずれも甚だしい。 -- 2019-09-13 (金) 07:13:45
      • 他の二人はすさまじく友好的なのになぜ肝心のホーネットは……。ケイブリスみたいな感じで生い立ちや今までの奮闘を見せてくれればもっと親しみを持てたのにな -- 2019-09-13 (金) 19:26:23
      • (続)それか魔人としての圧倒的戦闘能力で道を切り開く、ランスを助ける、勝利の決め手になるとかしたら戦力としては印象に残っただろうし、人間の手を借りたとはいえケイブリスとの闘いにも勝ったと言えるけど専用ルートですら……。敵対してもいなければ味方として役立ってもいないから戦闘能力すら印象に残らない -- 2019-09-13 (金) 19:28:49
      • コミックスの方で多少補完されるかなと期待してたけど結局出ないで終わっちゃったからな。ハニホンの表紙にまでしておいてなんでこういう事するんだろう… -- 2019-09-14 (土) 01:36:56
      • ホーネットより他キャラ推したいスタッフ(漫画家も含む)>ホーネット推しスタッフ・・・数の差で推したいスタッフが推せなかっただけ。 -- 2019-09-14 (土) 14:48:40
      • あのエロ同人誌より酷い薄っぺらい漫画じゃ、描かれたらさらにイメージダウンになりそうだから、出なかったホーネットは勝ち組だと思うぞ -- 2019-09-14 (土) 15:30:02
  • ホーネットに対するユーザー反発は色々あるが、キャラクターとして大して魅力的に見えないにもかかわらず、2位になってしまった。というのも一因として挙げられるだろう。流石に公式も投票した人自身も、誰もがここまで順位が上がるとは思っていなかったと思われる。予想外に奮闘してしまった結果、より反発を招いてしまったのは彼女の不幸な所か。結局最後まで報われないで終わった娘だった。 -- 2019-09-13 (金) 07:43:11
    • ここまで顰蹙を買い失望されるようなら、最初から無理やり理由をつけて出すより、ケイブリスに捕まった時に嬲り殺しにされていたほうが、株は下がらなかったからマシだったのかもな。 -- 2019-09-13 (金) 08:02:26
      • 別のコンテンツでもあったけど、そんなつもりは無かったかもしれないにしろ、公式がキャラ否定を増長させるようなことをしているのは前代未聞かもしれないな。 -- 2019-09-13 (金) 08:27:57
      • 鳩の時の反発を受けた上で、あえて更に反発されるようなキャラにしたのならそういう風にも言えるけど… -- 2019-09-13 (金) 09:01:39
    • 鬼畜王時代からほんとにみんな期待してたからな。10はホーネット編だって -- 2019-09-14 (土) 21:17:39
      • 9辺りが一番ピークだっただろうな。麻薬漬けで終わったシーラがあそこまで輝いたのだから、10はきっと鬼畜王でいまいち報われなかったホーネットがヒロインになるって…それが今では話題に出すだけで、罵倒されるのが当たり前のキャラになってしまった… -- 2019-09-14 (土) 21:47:21
  • 制作陣が叩かれ -- 2019-09-13 (金) 09:46:54
    • キャラも叩かれファンも叩かれる。誰も得をしないキャラになってしまった。 -- 2019-09-13 (金) 09:52:05
  • 魔王ガイの娘であるが故に、リアシーラマジック香姫のように変に姫ポジションに置いたばかりに、ファンからの圧力に潰されてホーネットは駄目になった。逆に、マリスクリーム千鶴子のような補佐的立場のキャラであれば、ファンからの高すぎる期待を背負うことが無く、のびのびとやれたと思うが。 -- 2019-09-13 (金) 21:54:57
    • どちらにせよ現状は補佐役にすらなれていない現実がある。いくら何でもそこまで奪わなくてもいいと思うが。 -- 2019-09-13 (金) 22:08:57
  • 姫コンプ最後の一人とはいえ、最終作だけにホーネットだけ推すわけにもいかなかったと思う。せめてホーネットヒロインの作品があれば・・・ -- 2019-09-14 (土) 14:54:44
    • 美樹ちゃんファンから言わせれば、ここでのホーネット扱い悪杉コメント見るたびに、何贅沢言ってるんだコノヤロと思ってしまう。美樹ちゃんは本来人気ベスト5に入ってもおかしくないキャラだったのに、無能なスタッフどもの雑な扱いで人気投票50位以内にすら入れず、最後まで叩かれて酷い扱いで終わったんだぞ -- 2019-09-15 (日) 01:28:08
      • いや、美樹はテイルズのロゼみたいなTADA寵愛キャラで元々嫌われまくってただろwww -- 2019-09-15 (日) 01:48:10
      • 鬼畜王のときはまともな性格で戦闘でもチート盾として活躍してくれたから人気あったけど、正史じゃただの迷惑キャラだったしなあ。まさにランス版ロゼ。 -- 2019-09-15 (日) 05:33:45
      • 美樹ちゃんも方向性が違ったよなぁ。エッチ出来たけど期待してたのはそうじゃないというか…欲しかったのはどちらかと言うとLPお仕置きエッチの方だったと思うんだけど。 -- 2019-09-15 (日) 08:13:44
  • ぽっと出なのに贔屓されてVIP待遇のマエリータ隊がいるから、「最終作で特定のキャラだけ贔屓するわけにもいかないからホーネットはあの扱いと出番だった」というもっともな意見は通らなくなる・・・ -- 2019-09-15 (日) 05:37:16
    • みんな鬼畜王ホーネットの印象強かったんだね。鬼畜王未見で正史しか知らない人は理解しづらいかも -- 2019-09-15 (日) 06:03:15
      • だからこそ鬼畜王から22年と待ち続けて、シーラのように改善されると思ったら、このザマである。そんな人からすれば、正史のホーネットを喜んで、満足しているわけがない。 -- 2019-09-16 (月) 06:20:18
      • 鬼畜王ではどうあがいても終盤まで助けられなかった。だからこそ正史では…って思ってんだけどね。処女をいただけて、二部では魔王ランスの配下にできたんだから、ありがたいと思えってことですか。 -- 2019-09-16 (月) 15:10:24
    • キャラデザを見た時はまさか、クエルプランにポジションを奪われる事になるとは思っていなかった。後シャリエラ。わざわざホーネット派を割ってまでグッズにしたんだから、アリスとしてはシャリエラの方が推したいみたいだし。 -- 2019-09-15 (日) 08:57:36
      • シャリエラなんて通過点のモブヒロインでハーレム飼い殺し要員だったのに…本当にスタッフの贔屓で扱い変わってるよね。すごいゲームだ…。 -- 2019-09-15 (日) 13:16:12
      • 天才クリエーターのTADA氏にとっては、人気の高いキャラを優遇するよりも、注目されていないキャラを贔屓して人気キャラに仕立て上げたいのだろう。 -- 2019-09-15 (日) 15:26:36
      • そのことは鬼畜王でマリアを専用エンディングまで用意して推した結果、彼女が人気投票にランクインしてるところからも証明されている。今では好き勝手する権力も失せたから、マリアは残念な結果に終わった -- 2019-09-16 (月) 15:07:53
      • 肝いりで登場させ、シナリオ上でも重要なキャラであるランクエのクルックーは、ユーザーに大顰蹙を買い、急遽予定には無かったマグナムを出さざるを得なくなった。やはり大帝国の失態以前以後でユーザーとの感覚に差が出始めている。 -- 2019-09-17 (火) 12:50:29
  • 賛否両論激しいけど、織音氏や桜秀蘭氏みたいに推してくれるスタッフがいて、グッズ絵に起用されたり、ブログに素敵絵をあげてもらってるのがせめてもの救い -- 2019-09-15 (日) 07:34:07
    • 言うほど賛否両論か?否定が多すぎるから否定派多数の方が適切だろう -- 2019-10-03 (木) 12:22:12
  • 10は、キャラの掘り下げよりも、キャラを多く出すことを優先にして制作された。そういう点では、今回のホーネットは、タイミングが悪かった、もしくは、運が無さすぎたという不可抗力しかない。 -- 2019-09-16 (月) 17:52:13
    • それにしても実質初登場の他二人の魔人と比べても、ホーネットの扱いは一際悪い。1部に活躍の場が与えられなかったのはm展開上致したかた無い面があるにせよ。二部ですら全く出番が無く、何のために出てきたのか分からない。本来それを担うのが魔人筆頭ルートだった思われるが…やはりルート削除の影響がもろに出ているキャラ。 -- 2019-09-17 (火) 14:39:09
  • ホーネット:鬼畜王時右目を抉り取られ失明、数十万の魔物から陵辱を受けた。クルックー:右目を事故で失明、カルーピス聖歌隊による陵辱を受けた。こうしてみると後出しのクルックーが、ホーネットのポジションに収まったようにも見えるな。キャラクター性も似ているし、正史では先にクルックーを出したので、後釜のホーネットは不要になり切り捨てられた。 -- 2019-09-17 (火) 17:56:00
  • 10 -- 2019-09-17 (火) 18:39:39
  • 10は魔人篇である以前に完結編で、シリーズを締める役割のキャラが目立つ、そしてシリーズを締めるための機能、役割はホーネットに全く与えられなかった。その一部でも与えられていたら少しはヒロインらしくもなっていたかもしれんが。それにしても他魔人よりもさらに扱いが悪い当たり、中途半端に存在がでかい分扱い辛かったのか -- 2019-09-17 (火) 18:44:04
    • 魔人の中でも強力な方ではあるので、味方だと動かしにい面があったのかもな。今回出てきた魔人たちは全員敵として出てそれぞれ焦点が当てられたので、いっそランスと敵対したほうが、まだ扱いやすくて良かったかもしれない。 -- 2019-09-17 (火) 21:17:22
  • ホーネットという素材を生かす優秀なスタッフが今のアリスソフトにいなかった。それだけ。 -- 2019-10-03 (木) 05:27:58
  • まだ荒れてるの本当に草 制作の都合上全没になったホーネット編みんな見たかったよな それすると多分冬眠から分岐になりそうだから手間を考えると理解はできるけどね -- 2019-10-03 (木) 06:09:56
Name: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
魔軍
魔王血の記憶(トロス) - ククルククル - アベル - スラル - ナイチサ - ジル - ガイ - リトルプリンセス - ランス (or ケイブリス or ビュートン)
ケイブリス派ケイブリスケイブニャン - ケイブワン
カミーラアベルト・セフティ - ラインコック - 七星
ケッセルリンクファーレン - アルカリア - エルシール - 加奈代 - シャロン - バーバラ - パレロア - リリム - (ペルエレ・カレット)
レイ
カイト
レッドアイロナ・ケスチナ
ジークオーロラ
メディウサアレフガルド
ワーグラッシー
ラ・サイゼルユキ
パイアールPG-7 - PG-8 - PG-9 - PG-10 - エロヤックALV - ルート・アリ
ガルティアラウネア - タルゴ - サメザン
バボラ
レキシントンアトランタ - ジュノー - ニミッツ・リーク
ホーネット派ホーネットケイコ - マナブ- リツコ - マツタロウ
シルキィ・リトルレーズンリトル
メガラス
ラ・ハウゼル火炎書士
サテラシーザー - イシス - イシス2
アイゼルガーネット - トパーズオパール) - サファイア
ノス
無所属ザビエル藤吉郎 - 煉獄 - 魔導 - 式部 - 戯骸
レーモン・C・バークスハムアーシー・ジュリエッタ - ルーシー・ジュリエッタ - マーシー・ジュリエッタ
ますぞゑブラット - ピット - 奈落の王
アベルト・セフティアニス・沢渡
小川健太郎
オギン・ギンプ
魔物大元帥
魔物大将軍
ストロガノフ - ツォトン - ピサロ - ヨシフ - ルメイ

Tag: 魔軍 魔人 魔人筆頭 ホーネット派 鬼畜王ランス


*1 良くも悪くも素直な性格なので、その根拠を覆されるような事態が起きると、かなりあっさり魔王魔人上位の考えを改める。