ヘルマン軍

Table of Contents

解説 Edit

ヘルマン帝国の軍隊。常備軍31万人。最大動員時約87万人(LP5年時点)。大きく5つの軍に分れており、装甲兵(騎士)、一般兵(槍兵、弓兵)、魔物使い&モンスター傭兵(デカント、オッズ、サイクロナイト)からなる第1軍〜第5軍と、都市守備隊で構成されている。

正規軍の第1軍〜第5軍は、それぞれ目的ごとに規模、編成、管轄が異なる。その膨大な兵数もさることながら、最下層の兵までしっかり鍛え上げられた練度の高さもあり、ヘルマン軍大陸最強の軍隊と謳われている。しかしその最強の軍隊も黒死病による人口の激減とステッセルによる軍部の粛清。腐敗にまみれた無能な上層部のせいで弱体化する一方となっている。

ヘルマン革命では Edit

軍の体制*1は、各軍の全体が将軍によってコントロールされていて、将軍がいなくなると各軍は身動きが取れなくなってしまう。かつてヘルマン軍に所属していたパットン・ヒューバードら革命軍は、この軍体制の不備を突くべく、各軍の将軍を撃破していった。

魔軍の襲撃を受けて壊滅的被害を被っていたゼス程までとは言わないものの、因縁の敵対国家であるリーザス相手の女王のリアからヘルマン帝国は「田舎国家」と見下されるまでに弱体化していた。にもかかわらず、ヘルマン上層部では未だにその現実を理解できないものばかりで、第4軍将軍ネロの暴走や、第1軍将軍レリューコフの戦死、第2軍将軍アリストレスの失踪、第5軍将軍ロレックスの反逆と、様々な致命的失態が繰り返され、終盤には第3軍の将軍であるミネバが反旗を翻し、上層部を一掃する事態まで招いてしまった。

ヘルマン革命終結後は、元・第3軍の将軍であったトーマ・リプトンの息子であるヒューバートケチャックに変わる総司令官に就任した。

特記事項 Edit

第6軍、通称<十字軍>は常設ではなく、老博士一人だけで成り立つ特殊部隊。(鬼畜王のみ)

古代の遺跡には一般兵からなる遺跡警備大隊が駐屯し、正規軍ではないが、辺境の町などではヘルマン市民兵による自衛団が置かれている。(鬼畜王)

装備 Edit

伝統として、青い鎧下とスカートを身につける。一般兵や騎士が皆メット姿なのは、将官以外は原則ヘルメット着用の軍規があるせい。支給される装備は貧しいヘルマンならではで、リーザス軍とは正反対の分厚く重い装甲。

ウェイトの分値段が安く済む品で、ヘルマン人の恵まれた体格から重さもハンデにならない。この重装甲に身を包んだ騎士は「ブラックナイツ」の異名で呼ばれ、ヘルマン軍の主力となっている。

12777505.jpg ©アリスソフト

編成(革命後) Edit

役職名前備考
軍総司令官ヒューバート・リプトン
軍総参謀長クリーム・ガノブレード
第1軍将軍アミトス・アミテージ兵数:5万
第2軍将軍ボドゥ兵数:10万
第3軍将軍(兼任)ヒューバート・リプトン兵数:5万
第4軍将軍マロン・コンドラチェンコ9終了時点では未編成?
第5軍将軍ロレックス・ガドラス兵数:1万
都市守備隊兵数:4万

編成(革命前) Edit

  • 常備兵力31万人。1~5軍及び都市守備隊2万人を擁する。
  • 戦時、緊急時には召集を行い大幅に規模を拡大できる。最大動員87万人。

総司令官 Edit

名前解説
ケチャック・バンゴー軍総司令官。評議委員

第1軍(駐屯地マイクログラード(ランス9) 司令部アークグラード(鬼畜王)) Edit

第2軍(駐屯地番裏の砦(ランス9) 司令部ローレングラード(鬼畜王)) Edit

第3軍(駐屯地ラング・バウ) Edit

旧3軍(リーザス侵攻軍) Edit

第4軍(駐屯地ボルゴZ、スードリ13、コサック(ランス9) 司令部コサック(鬼畜王)) Edit

第5軍(遊撃部隊ゆえ特定の司令部・駐屯地を持たない(ランス9) 司令部スードリ10(鬼畜王) ) Edit

警備隊(管轄地ボルゴZ)*2 Edit

名前解説
ルーベラン・ツェール警備隊長(ランス9)
遺跡警備隊長(鬼畜王)

工兵隊(ランス9) Edit

  • 兵数、所属不明
  • 恐らく普通の人間と工作用デカントを使役して大型工事を行う部隊。帝国墓地の管理任務をも兼ねる
  • ランス03で汎用敵にヘルマン工兵が出て来る。ガスマスクやシャベルやバッグ(恐らく色んなツールや道具入り)を装備し、陣地構築を使う事が出来る。今回のリーザス侵攻軍はほとんど3軍のみで構成されることから考えると、やはり他の軍もそれなりの工兵部隊が配置されているかも知れない。
    名前解説
    ゴルバフ工兵隊長

十字軍(本拠地パス)*3 Edit

名前解説
オールハウンド・ドックドッグ十字軍将軍
バーサーカー十字軍消耗品

コメント Edit

Show recent 15 comments. Go to the comment page.

  • 総司令官と第3軍兼任はいかに器用なヒューバートとはいえ負担が重過ぎる、第3軍を任せられる人材はいないのか?生き残りは・・・セピア・ランドスター・・・だめだこりゃ -- 2018-04-21 (土) 02:30:20
    • 兄が生き残ってたら面白い将軍になってたやろなあ 9の前に03があればなんとなく復活してなんとなく味方になってそう -- 2018-06-17 (日) 09:26:52
  • コンドラチェンコちゃん何処へ行った? -- 2018-05-26 (土) 01:36:36
  • そういや革命の真っただ中でも陽動の為に革命軍側ヘルマン騎士が大量に死んだんだよなぁ、あれも更に指揮官層喪失につながってるな -- 2018-06-17 (日) 05:05:20
  • 9はステッセル一人消すために多くの犠牲を出しすぎたよね。魔軍進行まで待ってりゃ勝手に死にそうな小物だったのがなおさらもったいなく感じさせる -- 2018-06-17 (日) 09:29:48
    • 魔軍進行までステッセルが国の実権を握っている事の危険が分からんのだろうか。軍隊規律の大原則におけるトップがケチャックステッセルの駒。反乱が起きれば大規模内乱で魔軍が来るまでもなく国家衰退の末消滅の危機。9でクルックーが述べた国家として危機的状態だという事を何も踏まえてない。革命が起きてなければヘルマンは10で列席すら出来なかった。 -- 2018-06-24 (日) 22:59:31
  • ヘルマン第3軍はランスのせいで失敗続きだったけど、それなりに動ける部隊で、こいつがちゃんと機能していれば10でそれなりの活躍出来ただろうし、初戦の大敗退は避けられたと思うんだがなー。ヒューバートが兼任していたら動かせなくなっちまうじゃないのさね -- 2018-06-24 (日) 21:32:20
    • 第3軍は帝都守備隊だよ、数年前のリーザス侵攻は魔人の力を借りていきなり王都を落とすのルートを取ったのに、初戦で帝都守備隊を投入するわけないだろう、魔軍が同じ手口できたら終わりだぞ -- 2018-06-24 (日) 20:58:47
    • 帝都守備隊だけどカラー襲撃など一部の部隊を派遣できるやん。つーかその『魔軍が同じ手口できたら終わり』なのは帝都守備隊が万全でも終わりなのは変わらん。ラングバウにケッセルリンクなりバボラなりが現れたらムリゲーだし、そういう決定的な事を敵はやらないものだよ。というかこの会話そのものが不毛で収束付かないと思われるので以下無限ループ -- 2018-06-25 (月) 01:30:05
      • 結局のところ結果論だからなあ。あの時あの場合こうしていればよかった、なんて。とりあえず誰かのせいにしたいのよね。 -- 2018-06-25 (月) 01:45:20
  • ざっくざっくと斬り殺されるけどブラックナイトの重装鎧のデザイン正直大好き -- 2018-06-25 (月) 07:45:20
  • カテーリングラード攻防戦を乗り越えてボルゴZでポッポーランドと決戦か -- 2018-06-25 (月) 22:15:44
  • 改めて見るとランスに殺された奴が多すぎてランスが有名になってないのは無理があるなどう見てもリックよりランスの方がヘルマン軍にとっては死神だろう -- 2018-07-12 (木) 13:13:17
  • なんかヘルマンの終わりっぷりでそういうことされると「謎の黒い剣の使い手が邪魔しただけ! 実力ならヘルマンのほうがリーザスより優れてる!!」みたいな見苦しい言い訳っぽく感じるよな -- 2018-07-12 (木) 19:25:50
  • ライオンマインドの盗賊団を捕まえるとき「ブス捕縛!」は地味にひどいセリフだよね -- 2018-07-28 (土) 19:36:46
  • 透琳がいなかったら、ヘルマン軍を劇的に強さを取り戻すことができなかった。また、透琳がいれば、ホワイト、タイガーらのクーデターを鎮圧する、もしくは、未然に防げたかもしれない。 -- 2018-12-12 (水) 21:46:05
    • ホワイト「なんでだ……? なんでそんなに僕らのクーデターを潰したがるんだよ? 僕らがお前に一体何をしたって言うんだよ……」 -- 2018-12-13 (木) 20:41:34
      • 透琳「知らんな。」 -- 2018-12-13 (木) 21:59:55
  • 自国の村を襲撃するのはOKでも、大規模墓地の石材を防壁にするのはNGで反乱軍化ってヘルマン軍の感性はよく分からんな -- 2018-12-17 (月) 13:33:19
  • 帝国制でのヘルマン軍と共和国制でのヘルマン軍と比べた場合、どちらが強いのか。リーザスから見れば、どっちも弱いと言われるだろうけど。 -- 2018-12-21 (金) 06:28:20
    • どっちも強い、が答えだと思うよ。帝国制の頃は無能な上層部が内ゲバして足を引っ張ってたし、共和国制は革命時の国力疲弊と将の人材不足を引き摺っているって弱点はあるけど、兵の質と量自体ではリーザスに勝っている -- 2018-12-21 (金) 09:28:34
      • ただし、ガームロアに匹敵する人物がいればの話。 -- 2018-12-27 (木) 05:49:27
  • 2部でヘルマンが分裂した時に軍隊も結構持ってかれたのかな。魔王の子相手に3万人とか動員してたけど -- 2018-12-21 (金) 19:15:01
  • ホワイト、タイガーヘルマン軍の将軍になるという経緯は不明であるが、リーザスゼス、JAPANと比べて、余程ヘルマン軍に有望な人材がいなかったと思う。また、将来有望と言われたアミトスは、第二次魔人戦争後、鳴かず飛ばずだったのか、姿を見せていない。 -- 2019-03-27 (水) 21:50:51
Name: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
ヘルマン帝国
皇室パメラ・ヘルマン - シーラ・ヘルマン(ルシアン・カレット) - パットン・ヘルマン(パットン・ミスナルジ) - ザナゲス・ヘルマン - 第45代ヘルマン皇帝
宰相ステッセル・ロマノフ
評議員会ケチャック・バンゴー - バショウ・マティオ
評議員会(元)ハンティ・カラー - フリーク・パラフィン - ビッチ・ゴルチ - ガームロア・マティオ - (オールハウンド・ドックドッグ
ヘルマン軍第1軍レリューコフ・バーコフ - カール・オジザン - イオ・イシュタル - ピグ・ギリシアム - ボドゥ - ザン・ザビス
第2軍アリストレス・カーム - コンバート・タックス - (ヒューバート・リプトン) - デンズ・ブラウ
第3軍(トーマ・リプトン) - ミネバ・マーガレット - アミトス・アミテージ - タミ・ジョン - マハ・マーガレット - アイザック - オルグ・マティオ - ロバート・ランドスター - セピア・ランドスター - ムスタング・ヘイジ - フレッチャー・モーデル - ヘンダーソン・ドーントレス
第4軍ネロ・チャペット7世 - クリーム・ガノブレード
第5軍ロレックス・ガドラス - オルオレ・ザ・サード - (カチューシャ・ボッシュ) - (ソルニア・ベンツ
警備隊ルーベラン・ツェール
強制収容所オアマ・モトヒーデ - 悪徳政治家 - ゴキンケン - ハートブレイクホテル
闇の翼フレイア・イズン - 闇烏 - 闇鴨 - 闇鷺 - 闇雀
パットン一派(革命軍)パットン・ミスナルジ - ハンティ・カラー - フリーク・パラフィン - ヒューバート・リプトン - メルシィ・アーチャ - ポートフ・トカレフ - ハンスキンス - ウラジール
傭兵団・盗賊団アルカネーゼ・ライズ - (シルバレル) - セキトリ・セキワケ - バウンド・レス - ソウル・レス - エレナ・フラワー
住民アナセル・カスポーラ - アミラン・バーコフ - ロッテンマイヤー・ゴルチ- ペルエレ・カレット - リル・ガドラス

*1 ヒューバードは、革命成功時にはこれを改善するつもりでいる
*2 鬼畜王ランス』では 遺跡警備大隊(駐屯地古代の遺跡
*3 鬼畜王のみ
*4 鬼畜王
*5 鬼畜王のみ
*6 鬼畜王のみ