ステッセル・ロマノフ

プロフィール
年齢(生年)享年35歳 / LP6年没(GI986年生まれ)
身長 / 体重185cm / 63kg
出身(現住地)ヘルマン帝国
職業ヘルマン国宰相、評議委員
レベル / 才能限界LV10 / LV22
技能LV(傾向)政治LV1
魔鉄匠LV1
なし(鬼畜王版)
特技頭脳労働
目標人類圏の征服。魔人になる。
登場作品ランス4(マニュアル)
鬼畜王ランス
ランス9
Table of Contents

解説 Edit

ヘルマンを自分のものにしようと暗躍する野心家。元は一介の事務員だったが、出世を重ね国家中央政務官となり、パメラに接近して言葉巧みに篭絡、弱冠19歳でヘルマン共和国宰相の地位を得る。現皇帝であるシーラも、肉体関係を持ったパメラとの間に生まれた実の娘である。
ヘルマンは軍人の権威が強い気風のため、宰相と言えど将軍の下に位置しているが、自らに頭の上がらない甥であるケチャックを軍のトップにすることで軍を裏から掌握し、実際はシーラパメラを隠れ蓑にして好き勝手に政治を執り、事実上の最高権力者となっている。

普段は余裕に満ちた冷静さを振舞っているが、器量は狭く、追い詰められると半ば自暴自棄になって錯乱する等、小物ぶりを露呈させてしまう。自分にとって少しでも都合の悪い者は、それをうまく利用するのではなく、陰謀によって抹殺する手段ばかりを取っているのだが、それが結果的に自分の足場を崩しかねない事を全く予想する事も出来ずにいる。ランスの鬼畜が感情にストレートだったり、天邪鬼だったりで本当の鬼畜ではないとするなら、ステッセルは正真正銘の鬼畜である。
実はロマノフの名は偽名であり、本名はステッセル・イグノンと言う聖魔教団時代から続く魔鉄匠の家系の者。闘将αに所属していた闘将バステトが素直に従ったのも、その為。鬼畜王では技能LVは何もなかったが、ランス9では政治LV1と魔鉄匠LV1が付いた。

LP2年に、パメラや私兵と言えるミネバと共謀してシーラを後継者に仕立てるべく、パットン魔人達と結託させて同じく邪魔な存在であった第3軍のトーマ・リプトンと共にリーザスへ強引な侵攻を行わせている。反撃によって追い込まれた彼等に対し、何ら援軍も送り込まない事でトーマを戦死に追い込む事には成功したが、パットンハンティによって逃がされ、生存を許してしまっている。
その後、前ヘルマン皇帝を暗殺。シーラを「皇帝」として擁立し、ヘルマン共和国を帝政国家「ヘルマン帝国」へと変貌させる。

パットンフリークハンティの追放後、ラング・バウの地下に眠っていた闘神MMを覚醒させる為の研究を行っている。その強大な力によって人間の世界を完全に支配した後、魔王と交渉して魔人になり、不老不死になろうとしていた。しかしその一方、パットンが「ステッセルの専横で数年前の半分の国力しかない」と語っているように、権謀術数にのみかまけていて、民政には殆ど手がけておらず、最終的な野望を考えれば、ヘルマンという国を切り捨てるつもりだったのかもしれない。

ランス4では Edit

直接登場してはいないが、評議会議員のビッチ・ゴルチ闘神都市Υの調査を提案した際にステッセルの傀儡も同然になっているパメラからの許可を得ており、ステッセル魔鉄匠の血を引いている事からも、おそらく闘神都市に強い興味を持っていた可能性が高い。

ランス・クエストでは Edit

直接登場してはいないが、AL教の次期法王を取り決めるムーラテストの期間にて、司教の一人であるローレ・エンロンヘルマンがバックアップしていた事実が明らかになっている。

また、後のランス9のストーリーより数ヶ月前の時期、ステッセルAL教に秘匿されていたとされるM・M・ルーンの魂が秘匿された『箱』を取り戻している旨を明かしている点から、エンロンへのバックアップがステッセルの差し金で、それと引き換えにステッセルエンロンに『箱』の返却を要求する裏取引を行っていた可能性が出ている。

ランス9では Edit

ヘルマンの人物でも重要な存在の為か、ほぼ鬼畜王の設定を踏襲した形で登場。髪の色が灰色で、肌の色が褐色がかっているのが特徴。
その設定が設定なだけに、ランス9ではある程度の修正が加わる可能性があるかと思われたが、正史である本作でも実の娘であるシーラに対し劣情を抱いている。ただし、まだ手までは出していなかったらしく、その後シーラは城からの脱出後、主人となったランスに純潔を奪われている*1
自分以外の人間を誰一人全く信用していない故に、自らの手で覚醒させた闘将バステトを自身の護衛にしている。

宰相としてヘルマンを牛耳るその裏では、最強の闘神MMを起動させる為の研究を行っている。しかし、その覚醒には、M・M・ルーンの魂と魔剣カオスが必要であったが、ルーンの魂の箱はシーラに持ち出された上に、カオスランスの帯剣となっていた為、結局その野心が成就される前に、ヘルマン帝国は崩壊寸前となり、最後はバステトを失い無防備同然となった隙を突かれる形で、造反を起こしたミネバにより、パメラ共々惨殺される末路を辿った。

一方で、シーラルートでは、どこまでも悪あがきを繰り返す見苦しさを見せており、土壇場で反旗を翻したミネバヘルマン城の仕掛けである魔力溶光によって城の防衛を行っていた兵士達ごと抹殺。更には自身で大量生産した人形兵器を暴走させて敵味方を問わない虐殺を展開している。そしてランスパットン達に追い詰められた時には、世界各地で眠っている闘将聖骸闘将を覚醒させて自分と共に世界中の人間達を道連れにしようとしたが、自身と同じく魔鉄匠の血を引くシーラによって阻止され自暴自棄になったステッセルは、聖魔教団が封印していた危険極まりない魔獣・バレンタインを封印から開放。その契約に乗っ取る形で瀕死の重傷を負わされる。
しかし、法の裁きを受けずに死んで逃げようとするステッセルのあり方を良しとしないシーラの意向によりとシーラクルックーにヒーリングを施され、ヘルマン革命の終結後にパメラと共に裁判を受ける事になる。全てを失った事で茫然自失になっていたステッセルは、裁判でも何も語ろうとはしなかったが、自らの行いを悔いていたパメラの方は裁判で自らの知っている事の全てを自供、最終的にステッセルパメラと共に死刑判決を受け、処刑される末路となった。 

また、ピグルートでは、オアマ・モトヒーデによって、パメラ共々ぷりょ人間にされる末路を迎えている。

鬼畜王では Edit

パメラシーラを麻薬漬けにして傀儡とする事で、意のままに操ることに成功している。パメラを始め、様々な女性と関係を持っているが、それは自分の地位と仕事のため。実際は自分の遺伝子を持つシーラにしか欲情しない、度を超えたナルシストである。

ヘルマンリーザスに敗れると、パメラのみならずシーラもあっさりと見捨て、金塊を持ち逃げする等、どこまでも救いようの無さを見せている。ユニット自体ないため、ランスパットンと対峙することもない。
なお、逃走後、彼の足跡を追うと悪の塔ワーグによって夢の中で緩やかに殺される末路が見られる。

人間関係 Edit

画像 Edit

1c76a149-s.jpgランス9ラフ img_chara_hermann_02.pngランス9

©アリスソフト

コメント Edit

Show recent 15 comments. Go to the comment page.

  • 最後の魔鉄匠の血筋を残したということが唯一の美点だが、それが世界を救った、解らんもんだ -- 2018-04-06 (金) 00:11:50
  • あっさり不老になった使徒ペルエレを見たら何を思うんだろうなあw -- 2018-04-06 (金) 00:27:27
  • こいつはあの超パワフルな孫娘でも愛せるのだろうか? -- 2018-04-08 (日) 01:38:26
  • 最終目標が魔人なのに、そのプロセスがおかしい、魔王と交渉して魔人化(笑)。後だしじゃんけんだけど魔血魂をAL教から盗むか、レキシントンから強奪すりゃいいのに。やはり情報収集って大事だな -- 2018-04-12 (木) 11:34:14
    • どんな経緯をたどって最終的にけーちゃんに始末される運命(笑) -- 2018-04-21 (土) 00:35:17
  • コイツが仮に野望を成就したとしてもその時魔王になっているのはケイブリス美樹だろ?結局死ぬって言うねw -- 2018-04-12 (木) 13:33:10
  • 魔鉄匠としても宰相としても優秀とは思えないのが痛い。闘将覚醒は偶然だし宰相なのは女のヒキ。聖魔教団時代から連綿と続く魔鉄匠イグノン家の血統だけはすげえけどwヘルマン皇帝の家より古い名門家 -- 2018-04-14 (土) 12:40:49
  • パットンランスを正義にするために悪政をする役になったが、頭いい設定なんだからせめて軍司令はまともなやつにしておこうや。パットンの反乱の芽はずっとあったんだからさ。 -- 2018-04-21 (土) 00:57:52
    • まともな奴にするとクーデター起こされる可能性あるやん。国を食いつぶして自分の野望の為に邁進する奴とか、愛国心とか正義感関係なく邪魔なのは間違いないし。 -- 2018-04-22 (日) 06:59:55
    • それをやるとヘルマン革命がムリゲーになっちゃうから。ケチャックというアニスなんて問題にならない程のとんでもない味方殺しがいたからこそ革命が成しえた -- 2018-04-22 (日) 09:28:22
      • 評議会に忍び込んで革命を成功へ導いた大英雄ケチャックに何て事を言うんだ -- 2018-04-22 (日) 10:43:02
      • クエルプラン(のページ)も同じ論理で功労者扱いなんだよなw -- 2018-04-22 (日) 10:59:18
    • ステッセル自身は国の行く末なんてどうでも良くて精々あと数年保てばいいだけだったから、ケチャックを使うこと自体はそこまで間違いでは無かったのよな。パットンが劇的な人間的成長を遂げたことと、ランスという規格外のトラブルメーカーに惚れ込んだことの2つが無ければ。 -- 2018-04-24 (火) 19:07:38
    • ???「頭がいいと逆らうやつがでてくるかもしれないからな」 -- 2018-05-23 (水) 14:45:42
  • 結局ステッセルの猜疑心が仇となったな。レリューコフステッセル一派を悪と見つつも政治に口出しや反乱をするタイプではないって分かっていれば安定してヘルマンは腐っていけたのにな -- 2018-06-08 (金) 02:02:53
  • 国家中枢の政務官になってわずか2年で宰相になってるところを見ると昔は割とマジで優秀だったのかな?蹴落とすにしろコネで成り上がるにしろ最低限の実績は必要だろうし。 -- 2018-07-31 (火) 11:49:14
    • 優秀というか、コネを作る速度が尋常じゃない。彼が評議会入る事が早すぎる為トーマハンティは誰が敵か味方かわからないから手出しできない状態になった、もし謀反を起こしたらヘルマン全体の崩壊すらありえる。 -- 2018-07-31 (二) 20:00:23
  • 政治LV1でも悪用すればここまで国を腐敗させる事が出来るんだから政治LV3はどんなものなのか気になるね -- 2018-08-11 (土) 22:35:35
    • ユーザーを納得させる必要性の高い政治LVの伝説級のキャラを登場させるなんてムリだろ。逆にユーザーを納得させる必要性が全くない魔法LVの3なんてーのはたくさんいるしな -- 2018-08-12 (日) 02:31:09
  • LV1を悪用すればというか、手練手管特化型と見たね -- 2018-11-13 (火) 18:58:14
  • 魔人になるとか野望抱いてたけど美樹ちゃんもケイブリスもお断りだろうな、ケイブリス魔鉄匠って聞いたら念のため殺しておこうとしそう -- 2018-11-18 (日) 06:59:30
  • こいつ今考えると何でパットンリーザス侵攻許したんだ、失脚させるためとはいえ魔人3人も付けたら普通征服成功すると思うだろ。カオスの所在を知っての行為だとしたらリーザス制圧してカオスさぇ手中に入ればMM起動できるけど。でもノスカオス砕いちゃうし封印外したらそもそもジルが出てくるし、知らなかったとは言え細かい部分考えて無さそうなのはまぁこいつらしいと言えばらしいが -- 2019-02-08 (金) 18:05:51
    • そりゃ当時そこまで考えてなかっt(ry -- 2019-04-18 (木) 09:11:27
  • 体重かるっ -- 2019-07-08 (月) 23:08:40
    • うわ、本当だ、この身長じゃ軽すぎる。見た目は中肉っぽいのに、着ぶくれしているだけか。あばらとか浮いてそうだな。元々ヘルマン人とは思えんほど生っちろい細っこいキャラだったからかな -- 2019-07-10 (水) 03:43:12
  • エロゲで男キャラの体重に一喜一憂するお前ら嫌いじゃない -- 2019-09-03 (火) 15:34:37
Name: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
ヘルマン帝国
皇室パメラ・ヘルマン - シーラ・ヘルマン(ルシアン・カレット) - パットン・ヘルマン(パットン・ミスナルジ) - ザナゲス・ヘルマン - 第45代ヘルマン皇帝
宰相ステッセル・ロマノフ
評議員会ケチャック・バンゴー - バショウ・マティオ
評議員会(元)ハンティ・カラー - フリーク・パラフィン - ビッチ・ゴルチ - ガームロア・マティオ - (オールハウンド・ドックドッグ
ヘルマン軍第1軍レリューコフ・バーコフ - カール・オジザン - イオ・イシュタル - ピグ・ギリシアム - ボドゥ - ザン・ザビス
第2軍アリストレス・カーム - コンバート・タックス - (ヒューバート・リプトン) - デンズ・ブラウ
第3軍(トーマ・リプトン) - ミネバ・マーガレット - アミトス・アミテージ - タミ・ジョン - マハ・マーガレット - アイザック - オルグ・マティオ - ロバート・ランドスター - セピア・ランドスター - ムスタング・ヘイジ - フレッチャー・モーデル - ヘンダーソン・ドーントレス
第4軍ネロ・チャペット7世 - クリーム・ガノブレード
第5軍ロレックス・ガドラス - オルオレ・ザ・サード - (カチューシャ・ボッシュ) - (ソルニア・ベンツ
警備隊ルーベラン・ツェール
強制収容所オアマ・モトヒーデ - 悪徳政治家 - ゴキンケン - ハートブレイクホテル
闇の翼フレイア・イズン - 闇烏 - 闇鴨 - 闇鷺 - 闇雀
パットン一派(革命軍)パットン・ミスナルジ - ハンティ・カラー - フリーク・パラフィン - ヒューバート・リプトン - メルシィ・アーチャ - ポートフ・トカレフ - ハンスキンス - ウラジール
傭兵団・盗賊団アルカネーゼ・ライズ - (シルバレル) - セキトリ・セキワケ - バウンド・レス - ソウル・レス - エレナ・フラワー
住民アナセル・カスポーラ - アミラン・バーコフ - ロッテンマイヤー・ゴルチ- ペルエレ・カレット - リル・ガドラス

*1 バッドエンドではシーラを陵辱するシーンが描かれており、やはり本物の鬼畜ぶりを見せている。