3人の主人公

Table of Contents

解説 Edit

TADAさんの語る、この世界における3人の主人公ランス小川健太郎アリオス・テオマンの3人。健太郎アリオスは同い年で、ランスは二人より1歳年上。

三人は剣Lv2の技能を持つことが共通し、それぞれの才能限界値はLv♾、lv100、Lv99とずば抜けて高い潜在能力を持つ、英雄となる資質も十分に備えた若者達であるが、思想面に関しては、ランス=悪人、健太郎アリオス=善人と、言うべきかもしれない…。

ただし3人の実力が互角という訳ではなく、戦争時と怠けている時とでレベルの増減が激しいランス異世界に来たばかりで実戦経験も少なかったが魔人化により強化を受けた健太郎勇者定年後か任期中か、はたまた人類死滅率によるリミッターが絡むアリオス、と不確定要素が非常に多く一律序列が付けられるものではない。

例えば、戦国ランス開始時点においては アリオス<健太郎<ランスであるが、健太郎魔人化後はランスとの上下が入れ替わる可能性が出てくる。*1

ランス10開始直後においては、勇者・塵アリオスLv15≦ランスLv42 <魔人健太郎Lv100である。 一方、戦争終盤では勇者・塵アリオスLv99、ランスLv85、魔人健太郎Lv100となり前者2人はほぼ互角な事が描かれている。 ifルートにおいて勇者の覚醒が進んだ場合は、魔人殺しの逡巡モードの時点でアリオスの優位はほぼ揺るがず、魔王殺しの刹那モードではランス健太郎の両名を相手に一方的な戦闘となっていた。

また、3人の互いの対人関係に関しても大きな差がある。ランス健太郎の間柄は、美樹を救う為に協力した事もあって、それなりに良好な関係を築いていたが、アリオスに至っては個人的主観でランス健太郎に戦いを挑んだ挙句に、二人とも大怪我を負わせてしまった為に、対立は避けられないと思われる(特にランス)。

ハニホン6号にて、生まれ年からLP5年開始時までの各々の主な活動が一覧出来る年表が掲載された。

コメント Edit

+  開く

Tag: 主人公


*1 作中では同レベルにおけるステータスは魔人健太郎が上