カンパン

プロフィール
年齢(生年)LP3年
身長 / 体重
出身(現住地)自由都市カスタム
職業ロボット(人工生命体
レベル / 才能限界
技能LV(傾向)
特技思考
趣味
目標
登場作品Super D.P.S
マリアカンパン
ランス10(名前のみ)
Table of Contents

解説 Edit

マリア・カスタードがLP3年に作成したロボット。正式名称はMA-1Bでありカンパンは通称。
人間の胴体程度のバケツまたは鍋のような合金製ボディが主体。下部から二本の脚が、上部の左右側面から二関節を持つ長い四本の腕が生えており、上部天板の中央から感知センサーらしきものが伸びている。動力源に知識を持つ鉱石「パープルヒララ」が用いられ、その一部から意識を拝借しており思考するロボットである。
自我を有しているものの、知識はパープルヒララやマリアからによるものであり、「哀しい」「好き」と言った単語を自然と思い浮かべるがその本質までは正しく理解できていない。とはいえデジタルな思考をしているわけではなく、描写からは自分の感情と単語がうまく結びつかないだけと推測される。自分が戦争のために作成されたことは理解している。
ボディ左胸部にチューリップマークが描かれているが、作中ではチューリップナンバーは振られていない*1*2。Super D.P.Sの販売はランス4より前のため、カンパンはチューリップ三号(戦車)の存在は知っているが、チューリップ四号(飛空挺)については言及していない。ランス4はLP2年の出来事なので情報が前後している。

マリアカンパンでは Edit

完成したものの動力系回路に異常があったため、思考はできるが行動も発声もできない状態であった。カンパン自身は原因が判っていたが、マリアに伝えられず改修は翌日持ち越しとなる。
マリアの就寝後、試行錯誤のうえ行動と発声が可能となる*3が、そこに現れた悪魔ヘケートにより「このままだとスクラップにされる」と唆され、「人間とSEXして人間になれ」との選択を突きつけられる。
提案に乗った場合はマリアを弄り倒した結果、渾身の逆襲を食らい稼動不能に戻る。提案を断り続けた場合は「思考と逆の行動をする呪い」を掛けられ結局マリアに手を出すことになるが、最終的にエネルギー回路を自己破壊して機能停止する。またヘケートの述べた人間になる方法はただの戯言であり、どの結末を迎えても興味を失い退散していく。
最後にマリアは「またいつか動けるようにしてあげる」と誓い、カンパンの完成は一旦凍結された。

ランス10では Edit

パイアールが作成したパーフェクトシリーズのPGを見たマリアカンパンを思い浮かべる。
PGの思考はパイアールが作成した所謂一般で言うところの「人工知能」であるが、カンパンの思考は「パープルヒララを使用すれば出来る」という超論理から実装されたものである。(※そのためカンパンにはちゃんと音声発生装置が取り付けられており、偶然思考能力が宿ったわけではない)

人間関係 Edit

特記事項 Edit

名台詞 Edit

画像 Edit

b672daf8.png
Super D.P.S

©アリスソフト

コメント Edit

Show recent 15 comments. Go to the comment page.

  • ランス10でのマリアカンパン発言に??となった方も多いと思ったので作成。暇があればアーカイブズでSuperD.P.Sをプレイしてみよう。特別な用意がなくても64bitマシンで普通に動くよ。 -- 2018-03-25 (日) 22:40:32
  • パープルヒララは大帝国世界にもあるんだよな… -- 2018-07-06 (金) 10:15:52
Name: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 ただし一号や三号を「キョウダイ」と呼んでいる
*2 ランス10の工場長マリアカードにおいてチューリップ5号と表記された
*3 その後の描写から悪魔ヘケートの思惑により稼動可能となったとも考えられる