Source of ビビッド・カラー

TITLE:ビビッド・カラー -Vivid Kalar-
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|年齢([[生年>誕生日]])|享年110歳以上 / GI920年没(GI年代生まれ)|
|身長 / 体重|123cm / 0kg&br;(旧設定)137cm / 0kg|
|3サイズ||
|出身(現住地)|ペンシルカウ|
|職業|カラーの元女王|
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界|LV40/LV50|
|技能LV(傾向)|呪術LV1|
|~|魔法LV2|
|~|政治LV1|
|特技|精霊召還|
|趣味||
|目標||
|登場作品|ランス・クエスト|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

*解説 [#hb08ce43]
カラーの先々代女王、現女王パステルの祖母。在位:GI0810~GI0920。故人。現在はマザーカウにてカラーの結界を構成する[[英霊>幽霊]]の身。

いつも気怠げだが知的な女性。カラーの掟を常に重んじ、娘への教育方針は叩いて伸ばすこと。母フル・娘モダンと比べて幼い容姿。これはビビッドの得意分野が魔力であり、その得意分野がピークとなる肉体年齢が自然と維持されてそれ以上育たなかったため。

精霊召喚を得意としており、4体の大精霊をお友達としている。

傍若無人に暴れまくっていたフル・カラーを仲間と協力してマザーカウに封印し、「女王フルは生前の行動を反省して英霊としてカラーの村を護る事にした」という偽りの伝説を流布して秩序を保った。女王となった後は、フルの影響で乱れまくった風紀を一掃するため厳格なカラーの掟を制定。人間との接触や、彼らとのSEXによる生殖をすべて禁止し、村に侵入した人間は捕獲して精液タンクとすることなどを定めた。よって彼女も処女のまま一生を終えており、子はすべて処女受胎で産んでいる。現在のペンシルカウの規律規範はほぼ全て彼女が作り出したものと考えられる。

また代々の女王は「変化の時」に[[英霊>幽霊]]となってペンシルカウ結界を強化する存在となることを定めたのも彼女。もとはフル・カラーがカラー種の運命である変化の時を拒んだ末に幽霊となったのだが、これを逆手にとって歴代女王のならわしに取り入れ、フルはその嚆矢であり英霊という体にした。女王は生涯を通して愛用の武具を育て、それを神具とする風習をも生み出した。

**ランス・クエストでは [#yffde4f2]
母フル、娘モダンとともに霊体で登場。パステルのミスに関して「歴史に残るあるまじき失態」ときびしく非難しつつ、女王の汚名は女王が晴らすという掟に従って((娘モダンは「自信を取り戻させよう」という考えであることを鑑みるに、これは恐らくビビッドの個人的考え))パステルの体を借り、ランス退治に乗り出すことになる。

ランスについては、女王の掟に基づいてリセットが殺すべき人間であると考えているため、特にこれといった個人的感情は抱いていない模様。人間に心を許すべからずというカラーの掟により、ヘルマンからカラーの村を救ったことは感謝しているものの、心を許しているようではない。ただしリセットは父ランスを慕っているので、次期女王としての責務であるランス殺害を説いたら「や・だ!」「イーッ、だ!」と即答で拒否した。
 
母の[[フル>フル・カラー]]にはその堅物ぶりを「責務に縛られ生きた一生だった」とけちょんけちょんに揶揄されており、その教条主義ぶりは筋金入りの模様。もっとも、ビビットをそうさせたのは他でもないフルの超やりたい放題のせいであり、母との仲は険悪そのものである。

掟に厳格なあまり融通のきかないタイプのようにみえるビビットではあるが、一度交わした約束はカラーの掟にかぎらず決して破らない義理堅さも持ち合わせてもいる。ランスに負けて約束通りセックスした時の感想は「悪くない」そう。女王としての責務を貫いた人生だったため、溜まっていた欲求不満はかなりのものだったようだ。また、ランスに負けてしまったことを申し訳なく思い、こっそりとランスに耳打ちしパステルに「負けてしまってすまない」と伝えるよう頼んだり、パステルの今後を心配してランスに託すなど、人並みの情は持ち合わせている。

戦いが終わった後はマザーカウに戻った模様。帰って寝るらしい。


**ランス10では [#b96fe5a6]
ペンシルカウが魔軍に襲われ、村を捨てることになったパステルらと共に魔人討伐隊に加わることになる。

精液奴隷制度が作られた経緯が語られた。ビビッドはセックスを楽しみにしていたが、捕えた男に幼児体型を理由に「立たないし、立っても入らない」と言われショックを受けた。自分だけ出来ないのは悔しいのでセックスを禁止し、妊娠には精液だけを入れるという掟が作られた。これは9割冗談で男に情が湧いて駆け落ちするのを防ぐのが本当の目的だと語っているが、唯一の不良エピソードと言っており秩序のためではなく悔しいからという気持ちも一割は本当。もっとも、当時でも奔放なフルの影響でそう言うカラーが絶えなかったと語っている上に後世で孫のアカシロが駆け落ちをしてるので、的を射た掟だったとも言える。なおカラーの胎児は人間と比較するとかなり小さく、あの幼児体形でも出産は可能なので女王の責務と言うことで生涯で7人の子を儲けている。~

幼児体形だからと言って子供扱いすれば当然怒るが、かと言って年寄り扱いされるのも不満の模様。年長者として孫にアドバイスしたり曾孫と一緒にお風呂に入る姿はどう見ても「お婆ちゃん」なのだが。
*ゲーム的には [#t1f5de88]
**ランス・クエストでは [#yf9a298b]
ラストクエストのイベントボスとして登場。戦闘時は前述の4体の大精霊と共に現れる。大精霊はそれぞれ物理攻撃・魔法攻撃・回復・ガードと担当。ビビッドは溜めからの即死((ゲーム仕様上「即戦闘不能」の意))呪い攻撃のみを行う。この呪いは必中だが、カラーの呪いは一つしかかからず上位の呪いは上書きできないため、上位の禁欲モルルンの呪いにかかっているランスには効果がない。

大精霊を全て倒さない限り、ビビッド本体には一切ダメージを与える事は出来ない。が、全て倒してしまうとビビッド本体は脆いためにあっさり倒す事が可能。
**ランス10では [#g70775f2]
味方ユニットとして選択制ではあるが序盤で確定で入手できる。100%の確率で呪いを掛けられる女王の呪いと、魔法力というリーダーに配置するだけで魔法倍率を上げる珍しいスキルを持っている。しかし、今作は魔法スキルのAP消費が重めで使い所が限定されがちで、選択の相手に高火力のフルがいるので選びづらいのがデメリットか。もっとも低CPの時点ではターン制限のある場面に投入しても倒しきれないフルよりも、毒、睡眠、呪いコンボの一翼を担えるビビットのほうが活躍できるかもしれない。これは同じく女王の呪いが使えるパステルが確定入手できる宝箱では0AP攻撃持ちのイージスが優先されがちのため。
*人間関係 [#bd05249e]
-パステル・カラー / 孫
-サクラ・カラー / 孫
-モダン・カラー / 娘
-フル・カラー / 母、嫌い
-リセット・カラー / 曾孫
-ランス / 孫の婿殿、生前の念願を叶えてくれて感謝
*特記事項 [#y7bd7b1e]
-神具・アコーンハンマーを所持。女性でも扱える鋼鉄製のハンマーで、設定した対象への命中率が100%になる。バランスブレイカーとして登録済み。
-アリスブログで明らかとなった裏設定
--英霊化の掟やカラーの掟を作った真の人物
--娘はモダンを含めて6人
--精霊魔法を得意として4体の大精霊を友とした。 

*名台詞 [#eaa85d65]
- そうだな、素直に言おう。元女王、そして祖母にもかかわらず、お前の体を使って楽しんだことは事実
&br;パステルよ……
&br;ごめんね
# 先々代女王渾身の謝罪
# パステル、怒っていいぞ

- 私の母があれほど一時期耽溺していた性行為。嫌悪する感情と共に興味はあった
&br;いや、正直少し楽しみだった
&br;……ショック
# 捕まえた精液奴隷にビビッドは小さすぎて立たない、それ以前に大きくなっても入らないと言われて

*画像 [#p26cbe5a]
http://www.alicesoft.com/haniwa/rance/img/img_rwn_chara_vivid.jpg
ランス・クエスト

&ref(http://www.alicesoft.com/rance10/chara/ajin/img/06.png,60%); ランス10

©アリスソフト
*コメント [#k0bd11d2]

#pcomment(,15,reply)

#include(テンプレート/カラー,notitle)
&tag(カラー,カラーの女王,故人,ペンシルカウ,ランス・クエスト);