アドミラル空間

Table of Contents

解説 Edit

ハンティが使う瞬間移動魔法の際に利用する特殊な空間。

ネガ反転した世界を赤く染めあげたような、異質な景観である。
元の世界とは位相のずれた空間らしく、この空間からはあらゆる物体に対して一切干渉不能。*1
ミラクルによれば「普通の人間は2週間で発狂する」。

空間内では Edit

空間内にとどまっている間は飲食の必要がなく(そもそも不可能ではあるが)、肉体的な加齢もないため餓死の心配はない。その代わり本人たちの気力によって自己同一性を保たねばならず、精神に異常をきたしたり、神経が衰弱したりすると、生物としての形が保てなくなり、「時空の歪」と名付けられたふわふわした雲状の生き物となってしまう。空間内にはこれらが大勢ただよっていることから、これまでにこの空間で精神崩壊した人、あるいは生物が相当数いることを示している。

空間には時折、裂け目が生じることがあり、そこに引き込まれると「時間軸が大きくずれて」しまうため、自力による脱出が不可能となる模様。ランスミラクルが引き込まれたときは空間内で実に30年も過ごすハメに遭った。ようやく元の時間に復元し、捜索にやってきたハンティが発見・保護し、無事脱出した(時空の歪に成り果てることもなく、心身ともに健康であった二人の胆力も相当なものである。ハンティもなかば呆れ顔)。

副作用 Edit

空間を脱出する際、空間内ですごした時間とは無関係に、時間経過(加齢)がランダムで与えられる。
数分、数時間といった誤差レベルの加齢から、数年数十年、最悪の場合は数百年という膨大な時間を経てしまう場合もある。この効果で寿命を超えてしまうと、脱出した瞬間に白骨化して即死、ということも考えられる。先述のふたりはちょうど30年くらい加齢してナイスミドルと化した。
そのため、この空間をノーリスクで使用できるのは不老のハンティ・カラーくらいしか居ない。
魔王が用いた場合、在任期間が短くなるかどうかは不明。

瞬間移動の実際 Edit

アドミラル空間の滞在時間にかかわらず、元の世界には突入した瞬間とおなじ瞬間に脱出できる。これを元の世界から観察してみると、ある場所で空間に突入したと思ったら、次の瞬間にはぜんぜん離れた別の場所から出てきたように見える。そのために「瞬間移動」などと呼ばれているが、実情は上記のとおりでひたすら徒歩で移動している。しかも不老不死以外には容易にあつかえない、危険な技である。
ただ、アニスが使用する瞬間移動は別次元に行くことや未来過去の移動が可能な事から別の理屈で瞬間移動している模様。

デ・ラ・アドミラル空間 Edit

ランス03にて魔王ジルが開いた異空間。
アドミラル空間とは異なり外界の時間はズレこそあれど進んでいる。
一般のアドミラル空間とは違い元の世界の物体は無く、雷や炎が飛び交いサカナやサウルスモールにいるような恐竜が浮遊する世界。
地面があるように思えないが、そこは精神により認識できない足場が発生すると思われる。
魔王ジルの影響で様々な異世界と繋がっており、眼下にはリーザス城上空が映っている。
ジルは居るだけで上限までレベルが上昇する異世界「オルケスタ」の息吹を呼び込みランスを倒そうとするが、ランスには才能限界がない為、無制限にレベルが上昇*2魔王と対等の戦力を持つほどにまで強化されてしまう。そのまま戦闘に入り、ランスの勝利に終わる。

ランス3で言う時空の狭間に当たる世界。こんな世界にもしっかり一級神である光の神G.O.D.が罰を与えに来る。

時空の狭間 Edit

ランス03においてデ・ラ・アドミラル空間としてリファインされた、ランス3時の旧設定。
落ちたら二度と戻っては来れないと言う空間と空間の狭間。ダークサイドゾーン。光は一切無く闇のみが存在する世界。しかし目が慣れるため暗黒空間と言うわけでは無い。無重力であり地面も無く上下も無ければ東西も無い。また時間の流れが大陸の時間の流れと比べて少しおかしい部分がある。*3

先々代魔王ジルリーザス解放戦の末にランスに敗れた際、再びカオスに封印される事を拒絶してランスを道連れに自らここに落ちてきた。しかしランスは追って来たシィルと共に、一級神である光の神G.O.Dの天誅によって浮遊大陸イラーピュへと飛ばされた。

コメント Edit

+  開く

*1 例として、扉の閉じた部屋には絶対に入ることができない、悪戯しようにもスカートが固定されていて捲れない、など
*2 ゲームシステム上は512レベル前後上昇する
*3 時間経過が通常ならランスシィルは何ヶ月も飲まず食わずでイラーピュに飛ばされるまでそこに居た事になる