Diff of マハ・マーガレット


TITLE:マハ・マーガレット
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|年齢([[生年>誕生日]])|享年16歳 / LP6年没(GI1005年生まれ)|
|身長 / 体重|139cm / 29kg|
|出身(現住地)|ヘルマン帝国|
|職業|ヘルマン第3軍隊員|
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界|LV28 / LV120|
|技能LV(傾向)|魔法LV1|
|~|槌LV1|
|特技|輪投げ|
|趣味||
|目標||
|登場作品|鬼畜王ランス&br;ランス9|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

*解説 [#s9721759]
ヘルマン第3軍所属で、同軍の将軍ミネバ・マーガレットの弟。20歳も年が離れている姉が大好きなシスコン少年である。才能限界がLV120で、限界のないランスを抜かすと((他に人間ではランスの子である山本乱義が無限大である可能性がある))、人類最高の高さを誇っている。
ヘルマン第3軍所属で、同軍の将軍ミネバ・マーガレットの弟。20歳も年が離れている姉が大好きなシスコン少年である。才能限界がLV120で、限界のないランスを抜かすと、人類最高の高さを誇っている。

**ランス9では [#i288e70f]
変装して「マイトレイア・メイシアン」と名乗り、ランスたち無法者の一団に潜り込み諜報活動を行う。外見とは裏腹に心根は腹黒い。

物語中盤にシーラ(この時点ではルシアン)がステッセルから盗み出した箱を強奪、逃走を図るが失敗。そのままミネバへの報告の為無法者陣営を去り、永久離脱する。&br;
その後ミネバに叱責されぷちハニー爆弾を抱えて無法者を巻き添えにしようとしたが、ランスにより崖下に蹴り落とされ、彼だけが爆死するに至った。&br;
これによりレベル120の才能限界が生かされることはなく物語から姿を消すこととなった。
**鬼畜王ランスでは [#icaffdd9]
ミネバの言う事、する事すべてが正しいと思い込んでいる。性格は、気が弱く、いつもおどおどしていて頼りない。
ヘルマン第3軍として登場、リーザス軍と戦う。姉のミネバ・マーガレットに命令され、カラーの森へと攻め入りクリスタルを収奪するも、カラーの呪いにより、死亡。ミネバはカラーの呪いの事をもちろん知っており、捨て駒にされてしまったのであった。

このイベントが起きるとただでさえ強いミネバ部隊が超強力なクリスタルソードを装備し余計に強くなってしまう。&br;
イベントが起きる前にマハを倒すと発生しない代わりにクリスタルソードも手に入らなくなる。&br;
*人間関係 [#beb3144e]
-ミネバ・マーガレット / 大好きなお姉さん
-タミ・ジョン / (鬼畜王)いつも一緒
-リック・アディスン / バカな奴
-ランス / 無法者で一番のバカな奴

*名台詞 [#c9524b67]
-(あはッ、やっぱり馬鹿だ、ここの連中―――ッ!)&br;(すぐにみんな地獄に落としてやる……)&br;(そして僕は姉上に認められるんだ……)&br;(それで……それで……)&br;(僕は姉上の操り人形から……脱却するんだ……)
# 自身を気遣うリックを欺き、ぷちハニー爆弾を使って道連れにようとした際の胸中の言葉。&br;しかし、姉のミネバから逃れたいという願望がありながら、その姉に認めて貰う為に自爆をしようとしている。&br;その考えや行動は完全に矛盾してしまっていた。

-(な、んで……)&br;(あ……)&br;(ちくしょう……)&br;(あい、つ……ここで一番の……馬鹿、の、癖に……僕の狙いに……きづ、き、やがったな……)&br;(ちくしょ、う……ちくしょう……ち、くしょう……)
# 上記のリック達を巻き添えにした自爆に成功したと思った矢先、ランスにカオスで斬られ崖下に蹴落とされたマハ。&br;内心最も見下していたランスによって見破られた事実に気付き、ランスへの恨みを抱きながら爆発に飲み込まれて逝った…。
*コメント [#o346d534]

#pcomment(,15,reply)

#include(テンプレート/ヘルマン帝国,notitle)