Source of 闘神都市(自由都市)

TITLE:闘神都市(自由都市)
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|特徴|闘神大会|
|特産|何もなし|
|登場作品|ランス4&br;ランス10&br;鬼畜王ランス&br;闘神都市(作品)|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

*解説 [#fe3b22a3]
大陸南東端、自由都市地帯のポルトガルとパランチョ王国の間(ややパランチョ寄り)に位置する新興都市。&br;
LP2年、ランスが闘神都市Υ(浮遊都市イラーピュ)にてコアたる闘神ユプシロンを破壊したことにより、浮遊都市全体が崩落して現在の位置に墜落した。その後もともと闘神都市Υに住み着いていたダラス国探索隊の末裔(カサドの町)が新たなる自由都市として再興した。&br;
尚、墜落地点に存在した自由都市ガヤは巻き込まれて消滅した((勇者アリオスも危うく死に掛けた))。

**闘神都市Υ(浮遊都市イラーピュ) [#zc5b692b]
もともとは高度2500メートルを毎時2キロの非常にゆっくりした速度で浮遊する謎の大陸であった。作中確認されているのはリーザス王国圏内上空を浮遊している場面のみであるが、ヘルマン評議会が探索隊を送りこんだこと((但しランス4マニュアルではフリークが「ビッチの馬鹿たれがリーザス王国の上空に浮かぶ浮遊大陸の正体を嗅ぎつけた」と言っている))や、墜落地点が自由都市地帯南東端であることから広範囲を浮遊していたことが推測される。&br;
地上からは記録が失われて久しく、長らく謎に包まれたまま人々に「イラーピュ」と呼称されていたが、その正体はかつて魔王ガイに戦いを挑んだ聖魔教団の遺産「闘神都市(聖魔教団)」の一つ「闘神都市Υ(ユプシロン)」である。&br;
地上との交流は長きに渡り断たれ、GI797年にダラス国が派遣し未帰還となった探索隊の生き残りがカサドの町を作り300年間生活を送っていた。前述の都市崩落の折りに住民は闘神都市備え付けの揚陸挺((闘将コアの5Fに存在していたが、闘神ユプシロンの制御下では動かすことが出来なかった))で脱出を計ったが、少なからず死亡者が出た(青年団員キセダおよびカネオ含む)。&br;
ランス一行はチューリップ4号が墜落しスクラップになっていたためヘルマン帝国の揚陸挺を奪取して難を逃れ、間に合わなかったヒューバート一行はキャンテルによって((4のEDでは一同と同行するキャンテルの姿があり、鬼畜王ではフリークからキャンテルで地上に降りたと語られる))帰還した。&br;
ランスは闘神都市Υの崩壊を惜しみ「無敵ランス城」と名付けて世界征服に使いたかったと漏らしていた。(後に自分の城にそう名付けた)

初出はランス2のマニュアルに描かれた世界地図((リーザス領上空に描かれている))。名前の元ネタは浮遊都市で有名な「ラピュタ」と「イース」から(雑誌インタビューにて)。
*特徴・特産 [#b6eb0c4a]
「強者のための闘神大会」をコピーに大陸世界随一の闘技大会が催されている。詳細は「闘神大会」の項参照。&br;
しかしそれ以外の生産品が何もなく、闘神都市(作品)の時代(RA15年から5年後)には年一回の大会のみの収入ではありえない程の繁栄を誇っている。また同時期に大会パートナーが失踪する事件が多発したため、先の不明会計と併せて訝しんだJAPAN将軍(恐らく国主山本乱義)により密偵((やよいと雪風))が放たれている。
*都市長 [#qf433e6f]
正史で確認できるのは、もともとカサドの町の住人であった[[YORA]]氏がLP7年頃には都市長に就任していることのみ。ランス10のジフテリアルートの途中でコパンドンが挨拶に伺う際に最初だけ「都市長」と表示される。&br;
IF史である鬼畜王ランスにおいては、LP3年時点でも[[YORA]]が都市長を務めている。(リーザス侵攻の折に雲隠れ)
*都市計画と地理 [#ze236964]
LP8年以前にコパンドンとの取引によりある物を都市予算一年分の価格で売却している。(マナバッテリー説が濃厚)&br;
都市の目玉となる闘神大会のため巨大コロシアムが建造され、大会参加者の予選および修練のための試練迷宮が併設されている。&br;
闘神都市(作品)に拠れば主人公カスタムは船で入都((冒頭CG))しており、都市の傍には河((最終CG))が確認できるが、ただの渡河なのか船旅なのか文面からは詳細不明。地図上では大河らしきものを確認できず((鬼畜王ランス、ランス10の地図準拠))、闘神都市(作品)の時系列は10年に一度発生する「満ち潮」の時期のため大陸外周からの移動((都市が大陸端に位置するため))も考えられる。(その場合、大会後に馬っぽいもので旅立っているのは満ち潮が終息したためとも受け取れる)&br;
また鬼畜王ランスでは都市の直南の大陸岸壁において伝説の男の楽園「桃源郷」が存在する。(ランス10でも確認できる)
*住民 [#g32e836c]
#style(style=font-size:small;line-height:120%;){{
|CENTER:名前|CENTER:解説|h
||BGCOLOR(White):|c
|[[YORA]]|都市長|
|フロンソワーズ((ランスが立ち寄った際シィルが挨拶に行ったので恐らく存在は確定と思われる))|食堂店主|
|[[シュリ・セイハジュウ・ナガサキ>シュリ]]|闘神大会受付|
|(サーナキア・ドレルシュカフ)|(鬼畜王)防衛隊長|
|(メリム・ツェール)|(鬼畜王)遺跡探検家 |
}}

*特記事項 [#b663a1a3]
-ランス2マニュアル準拠では「浮遊都市イラーピュ」が正解。&br;「浮遊大陸イラーピュ」ではない。正体不明のはずなのに一体誰が都市と言い始めたのか。

*コメント [#d515d48d]

#pcomment(,15,reply)

#include(テンプレート/自由都市地帯,notitle)