Source of 真田透琳

TITLE:真田透琳 (さなだ とうりん)
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|年齢([[生年>誕生日]])|44歳 / LP7年時点(GI978年生まれ)|
|身長 / 体重|181㎝ / 70㎏|
|出身(現住地)|JAPAN(ヘルマン共和国)|
|職業|武田軍軍師&br;浪人&br;ヘルマン軍客将|
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界|LV45 / LV55|
|技能LV(傾向)|弓戦闘LV1|
|~|軍師LV1|
|~|戦術LV2(旧設定)|
|~|戦略LV2(旧設定)|
|特技||
|趣味||
|目標||
|登場作品|戦国ランス&br;戦国ランス後日談(ハニホン)&br;ランス9&br;ランス10|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

*解説 [#v25b2d6c]
武田家に仕える四家中の一つ、真田家の長。静かなること林の如し。感情を乱すことなく、常に冷静沈着。あらゆる戦略にたけ、武田一の軍師と評される。常にものごとを冷静に見ており、他3将と連携し、JAPAN統一の理想に向け日々戦略をしいている。

実際の所、武田一国にとどまらないJAPAN随一の軍師でもある。小部隊の指揮から数万の軍勢の運用まで、パーフェクトにこなせる器量の持ち主。
軍師としての名声は独眼の氷龍の二つ名でリックも知るところ。

**戦国ランス後日談では [#y90f28d8]
JAPAN統一を期に大陸へも目を向けた方がよい進言している。そしてその手始めに、北条早雲と共に天満橋付近に堅固な砦を築く準備をしている。もっともこれは、大陸へと攻め込む為ではなく、あくまで守りの備えを置く事で、JAPANの平和を盤石とする為との事。

**ランス9では [#vab4445d]
JAPANの復興も一段落したため、軍師としてランスを支えたいと申し出る。男であるため、当然ランスからは拒否されるが、アイスの街にあるランスの家のそばに家まで借りて幾度となく仕官希望を行っており、その都度無視されている模様。その際にあてな2号と仲良くなった。おまけに最近ではCITYのランス城の近所に引っ越す計画までしている。JAPAN随一の軍師によるすさまじい逆三顧の礼があまりに執拗だったのか、「うげっ、お前は真田透琳」とランスがフルネームで覚えていた珍しい存在。

物語中盤、軍師的ポジションの必要性を実感したランスは、JAPANの香姫を呼びだすべくあてな2号を使者に立てる。あてながランスの家に寄り道したときたまたま居合わせた透琳は手紙の内容を知るにつけ、香姫はいまだJAPANで多忙であるからと、自らを代理としてキャンプに参陣する。アテの外れたランスには当然のごとく拒否されるものの、パットンの取り成しにより彼個人の仲間という扱いで革命軍に参加、念願のランス仕えを果たす。『独眼の氷龍』は武田家の名とともに大陸でも有名らしく、リーザス赤の軍将軍であるリックがJAPAN最高の軍師として透琳を知っていた。軍師としての才覚は今なお健在で、悉くランスの奇策を補強し、無法者の進撃を支える。

妖刀「不知火」についてよく知っており、ヒューバートには不知火にまつわる逸話を教えている。

革命成功後は同じ軍師タイプのクリーム・ガノブレードに「先生」と呼ばれる立場となり、共にヘルマンの復興を手伝うことになった。

**ランス10では [#hd2f808c]
ヘルマンに客将として滞在していたが、魔軍の侵攻を受け、ヘルマン軍の軍師として加勢。弟子にあたるクリームがランス城付の参謀として出向したことから、ヘルマン本国で総司令のヒューバートを支える。ヘルマンの自動解放イベントでは、残存の軍を幾つもの小隊に分けて各地の村や町を襲うことでヘルマン軍を攪乱しようとする敵将ルメイの作戦に対して、ヒューバートとロレックスはヘルマン軍も防戦に徹して市民を救うことを主張するが、透林だけはその作戦の隙をついて無防備となる本陣を強襲して一気にルメイを討ち取る策を献策する。市民を見殺しにする作戦に憤ったヒューバートとロレックスだが、透林の作戦を採用する。しかし透林は最初から市民を見捨てることは考えおらず、自身が手勢を率いて、闇の翼のフレイアの助力を受けながら、少しでも多くの市民を逃がすべく奮戦する様子が描かれた。

*ゲーム的には [#v4a7877c]
**戦国ランスでは [#g97e83a3]
武田家軍師の名に恥じぬ強力なユニットである。知能の数字では直江愛に劣るが、風林火山により強化される。それに加え、合戦戦術(甲)・戦果ダウン2も所持しているため、実質JAPAN最強の軍師と言える。合戦ではその多能さから、あらゆる状況を打開できる軍師として活躍できる。

個人戦では軍師の役割に加え、弓攻撃も使える貴重なユニット。

**ランス9では [#if0d6e1d]
ガンナーとして愛弓「雪斑(ユキムラ)」で戦う。弓であるためマリアと違って範囲攻撃は出来ないが、射程は8と味方最長。&br;
サポートに特化したガンナーであり、援護射撃発生率はマリアを上回り熟練ボーナスで最大8%まで上昇する。&br;
さらに軍師技能のためか、出撃しているだけで味方全員の移動力を1上昇させる。疾きこと風の如く。&br;

必殺技「風林火山」は必殺技ゲージを5消費して満タンの20まで上昇させる技。然るべきタイミングで使えば味方に必殺技を連発させられる奥の手となる。

安全な距離を保ちながらボスの手を止めたり必殺ゲージを調達したりできるため、ボス戦においては重宝する。

個人の能力は低いがパーティ全体の戦力を大きく底上げするキャラと考えよう。
*画像 [#h7f41485]

&ref(http://www.alicesoft.com/rance7/img/chr32.jpg);戦国ランス
&ref(http://livedoor.blogimg.jp/alicesoft2010/imgs/a/2/a22a5b86.jpg,52%);ランス9ラフ
&ref(http://www.alicesoft.com/rance9/common/img/img_chara_other_03.png);ランス9&br;

&ref(http://www.alicesoft.com/rance10/chara/hermann/img/10.png,50%);&br;
ランス10

©アリスソフト
*特記事項 [#a46fad4e]
元になったのはママトトの名参謀、独眼の氷竜ことストーリン・ワルド((彼の着けている鎧「ワルド・アーマー」もその名を引き継ぐ))。ランス9での二つ名は独眼の氷「龍」になっている。雷帝[[カバッハーン>カバッハーン・ザ・ライトニング]]の様な逆輸入キャラを除けば、沖田のぞみと合わせてママトト二人目の参戦。

こちらのストーリンは、ぷりん氏の一押しなだけでなく、織音氏もママトト男性陣で描いた中で2番目に好きなキャラなのだとか。ちなみに一番は、片眼の海賊ディカキス。
*人間関係 [#c2f6bcff]
-ランス / 仕えたい殿方。資質を見出す。
-あてな2号 / 友人。懐かれる。
-クリーム・ガノブレード / 部下兼師弟関係。
-武田信玄 / かつての君主。
-高坂義風 / 同僚 
-ヒューバート・リプトン / 真の武士(騎士)
* 名台詞 [#neec7a93]
-「あなたには期待していますぞ。ランス殿。」
# 好感度アップ時のセリフ。ランスの才能を見抜いている。
-「あの御方は特別な光をお持ちだ。私はその光が全てを照らしていく様を見定めたい。」
# ランスⅨ時のランスに対する評価。チルディからは信仰の域と称された。本人も否定していない。
-「絶対的な権力を得た時、人は変貌する。己が理想を実現する為だけの、愚者に成り下がる。」
# 戦国ランス勧誘時。この後、JAPANを統一したらどうする気かランスに尋ね、その答えを気に入った透林は部下になることを承諾する。
*コメント [#x3a7dad0]

#pcomment(,15,reply)

#include(テンプレート/ヘルマン共和国,notitle)
#include(テンプレート/JAPAN,notitle)
&tag(人間,JAPAN,武田家,風林火山,軍師,戦国ランス);