Diff of 名場面/リズナ・ランフビット


[[リズナ・ランフビット]]

-(すがりたかった言葉・・・・信じていいのは俺だけ)
-(チドセセーも景勝も・他の人もみんな同じ事を言ってた。)
-(でも、みんな裏切った・・きっとこの人も・・)
# 景勝に決意を固めさせられる為に戦闘を仕掛けられた後。
# この短いモノローグから彼女の悲惨な境遇が伺える。(ランス5D)


-リズナ「すみません。私、もう人を疑いません。」
-ランス「それは疑え。信じていいのは俺だけだ。」
-あてな「そうれすよ、御主人様は宇宙からきた宇宙刑事なのれすから。正義の塊なのれす。」
-リズナ「そ、そうなのですか・・しりませんでした。私とても失礼な・・」
-ランス「・・・だから、簡単に信じるな。お前、騙されやすすぎ。」
-リズナ「・・・・はつ、嘘なのですか。しっかりしないと私・・」
# リズナの騙されやすい性格の片鱗。(ランス5D)


-リズナ「私、だから自分の身体が嫌い。好きでもない男に、こんな風にされて・・」
-リズナ「誰に抱かれても濡れてしまう。こんな・・」
-ランス「俺に抱かれて濡れるのもイヤなのか?」
-リズナ「えっ、それは無いです。そんな事ありません。」
-リズナ「でも辛いです。好きな人に抱かれて濡れているつもりなのに、本当は身体がそう反応しているだけなのでは・・」
-リズナ「・・あっ。」
-ランス「俺は、かまわないぞ。よく感じるリズナちゃんの事は好きだ。」
-ランス「その男にリズナちゃんがされた事は腹立たしいが・・その身体がそいつのせいだとしたら少し感謝するか。」
# 乱交の後、女の子達が一人ずつランスに話しかける場面。
# ランスに過去の事を全て打ち明けて自己嫌悪に陥ったが、当のランスは特に気にしないと表明し彼女を優しく慰める。
# それを受けて、リズナは自分がランスに恩を感じるだけではなく、彼の事を本気に好きになったと自覚した。(ランス5D)


-リズナ「すみっこでいいから…置いておいて下さい」
-リズナ「でも…忘れないで…すみっこに…私がいる事…」
-ランス「がはははははははは。俺様の女達に、すみも真ん中も無い」
-リズナ「……うそつき…」
-ランス「ん?」
-リズナ「ふふっ…なんでもありません」
# 自分の淫乱体質に回復の見込みがないと聞いて落ち込んでる所、ランスに俺だけを見ていろと言われた場面。
# 当のランスはどの女の子にも平等に接すると主張するが、5Dのエンディングでシィルを選ぶ事を鑑みると、
# リズナがそのような言い方するのも納得出来る。(ランス6)


-『貴方は、無事にこの実技試験に合格しました。おめでとう----』
-『ん、これは珍しい。986の実習生、学生ナンバー66334、リズナ・ランフビット君ではないかね』
-『今頃、ゴールとは遅い、遅すぎる。だが、課題のクリームパンも持っている、おめでとう』
-『一番ぶりっけつだが、合格とする。ご---か---くぅ---』
-リズナ「やった…やった…合格しました。私、合格です」
# 30余年遅れたが、ようやく合格する事が出来た。
# これで、今まで失われた時間を少しずつ取り戻して行けます。(ランス6)


-パパイア「こんなになっちゃって…」
-ウルザ「………………」
-パパイア「…馬鹿な男……」
-ウルザはそれをじっと見つめてからリズナの手をそっと引いた。
-リズナ「………………」
-パパイア「………終わった…ね…」
-リズナ「……はい……」
-リズナ「……終わりました…」
-リズナ「………………」
-三人はしばらくじっと、その魔血魂を見つめていた。
# アベルトに翻弄された女同士三人が、全ての元凶のそのあまりも呆気ない結末に感慨に浸る場面。(ランス6)


-リズナ・ランフビット
&br;「あいたた……」
&br;魔王の子一行に倒されたリズナが、子供達がいなくなった頃を見計らい体を起こす。
-リズナ・ランフビット
&br;「はあ……負けちゃいましたね……」
-ハニー
&br;「うわーん、リズナが負けるなんて嘘だー」
-グリーンハニー
&br;「そうだそうだ、リズナはとっても強いのに」
-ハニー
&br;「あっ、分かった。魔王の子達が相手だから手加減したんだ。ね、ね、そうでしょ?」
-リズナ・ランフビット
&br;「……ふふ」
&br;「いえ、私は本当に全力で戦いましたよ」
&br;「私に倒されるような子達を、魔王様と戦わせられませんから……」
&br;「でも……負けちゃいました」
&br;「…………」
&br;「ランスさん……」
&br;「ランスさんの子達は、本当にみんな、強くなりましたよ……」
# 翔竜山の戦いの後の場面。
# 最後にランスのことを「魔王様」ではなく「ランスさん」と呼んだところに、リズナのランスへの思いが感じられる。(ランス10第二部)