Diff of 名場面/トーマ・リプトン


トーマ・リプトン

-……今更、覚悟を問うたり、謝ったりはせん。&br;愚かで気高い、ヘルマンの誇りたちよ。&br;儂はただ、喜びと共に感謝するだけだ
-ここが、我らが闘う場所だ。&br;祖国を想え。大事な者を想え。&br;その者が明日生きるためにーー今日闘え
-剣を取れ!&br;己の為に、勝利のために……&br;''ヘルマンのために!''
# オク・ノース間の戦い前、第三軍を鼓舞する為に発した言葉。


ランス「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」&br;トーマ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」&br;荒い息が、混ざり合う。&br;もう感覚自体がかなり怪しいが、でかい身体の心臓部を、俺の剣がどうにか貫いている・・・はずだ。&br;トーマ「・・・・・・・・・・・・・・・・・ふ。見事、ッ・・・・・・!」&br;血の滴る口でそんな殊勝な事をほざきながら、ごつい手甲に包まれた手が俺の首に掛かる。&br;ランス「ぐ・・・・・・こ、この・・・・・・!」&br;トーマ「ぬ、おおおぉぉっ・・・・・・!」&br;絞め殺すというより首の骨をへし折る強さで、じじいは片手に力を込める。&br;シィル「ラ、ランス様っ!」&br;ランス「が・・・・・・っ、げぶっ・・・・・・! お、大人しく、死ねっ・・・・・・!」&br;遠くなりかける意識をかき集め、全力で手首に力を込めて、刃を回転させる。&br;トーマ「・・・・・・・・・・・・・・・ッ!」&br;楽しげに、唇が歪んだ。そう見えた。&br;次の瞬間、常識外れの怪力はどこかへ霧散していき・・・・・・トーマは、轟音と共に崩れ落ちた。
# ランスとの最期の戦い。
# 死に瀕して尚、戦う事をやめず、戦士として死んでいった彼の姿は、ランスの記憶にも深く刻み込まれた。