Diff of ミラクル・トー


TITLE:ミラクル・トー
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|年齢([[生年>誕生日]])|歳 / LP6年時点(年生まれ)|
|身長 / 体重|cm / kg|
|3サイズ||
|出身(現住地)|ゼス王国(未来の臣下探しの旅で不定)|
|職業||
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界|LV43 / LV66|
|技能LV(傾向)|魔法LV3|
|~|魔法科学LV1|
|~|付与LV1|
|特技|新魔法開発|
|趣味|魔法研究&br;魔法アイテムコレクション|
|目標|とりあえず世界征服|
|登場作品|ランス9&br;ランス03(名前だけ)&br;ランス10|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)
*解説 [#x53b2775]
伝説級の能力を持つ闇魔法使い。魔法LV3を誇る人類最強級のソーサラーで、チルディ曰く「火力のアニス」「知識のミラクル」と並び称される。
純粋な魔力ではアニスにやや劣るらしいが、彼女の場合「伝説級の魔法力」と「それを上手く制御する知性」を両方兼ね備えている為、総合的能力は彼女よりも上といえる。

一人称は「余」。口癖は「ふはははは!」。基本的に人の名前をフルネームで呼ぶ。黒いゴシック風のドレス姿で「死霊騎士団」と呼ばれる祖母から与えられた骸骨達に担がせた王座のような輿に深々と座り、平時だけでなく戦闘中も脚を組んで偉そうな態度で座っている。この骸骨はミラクルが今まで集めた魔法アイテムの整理など小間使いのような行動も行っている。少女時代は、祖母でありミラクルと同じく変わり者のミステリア・トーの元でゼスの学校へ通っていた。彼女のドレス「ダークプリンセス」はこの祖母から貰った物で、破けても再生する一品物。彼女には若干サイズが大きい。ゼスで大規模な騒乱が起こった際には反乱側に雇われていたが、敵対していたパットンを気に入り離反。共に騒乱を抑え込んだ。ずっと地下で修行していたらしく、膨大な魔力を持っているわりに一般人にはほとんど知られていない。

判明している中では唯一、膨大な魔法力と知識を使って魔法ゲートを開けることができる人間。他に魔法ゲートを使えるのは上級[[神]]か魔王ぐらいであったため、クルックーにバランスブレイカー扱いされたが、例によってランスから「俺様の許可無く勝手に回収するな(美人なのでもちろん許可する事はない)」と命令されたため封印されずに済んだ。ミラクル本人としても世界のバランスを崩す行為は好ましく思っておらず、魔法ゲートという前代未聞の魔法についても、世に知られたらパニックを起こすだろうとして世間に発表する気はない。ちなみに魔法ゲートを発見したのはわずか14歳の頃だった。到達した異界はポリ系モンスターだけが存在するポリポリワン、恐竜が跋扈する白亜紀のようなサウルスモール、荒廃した大地に巨人が一人だけ鎮座するスロージャイアント、現代的な町並みに戦車と戦闘機が飛び交うスチールホラー、意思を持った野菜が支配するクレイジープラントの五つ(すべてミラクルが命名)。

ランス・クエスト マグナムでランスが想像した「漆黒の王女」と瓜二つの容姿。黙っていればかなりの美人。目標は世界征服、および統一国家「キングダム」の王となること。彼女の経歴をしらべたクルックーによれば、犯罪ならびにそれに近しい行為は過去一度もしておらず、むしろ地上に出てきてからは人々を助けたり守ったり反乱鎮圧したりしていて、行動だけを見ればむしろ良い人である。どうにも立ちふるまいが邪悪すぎるし実際すさまじい魔力を持つので、怖がられてしまうらしい。友達と呼べるものもおらず、少し気にしているらしいが、よほど鋭い人間でないとそう見えないのが難点。祖母ミステリアからはもちろん、母からも折にふれて手紙をもらっている。ひたすら叱咤激励の祖母に対して、文章でも娘を気づかう母親の物言いには年頃らしい反抗心を見せるミラクルであるが、荒ぶるルドラサウム大陸でも比較的良識のある家庭環境に育っていることが窺える。

研究好きからくる魔法の知識も多岐に及ぶ。いわく「彼女が知らない魔法はない」とまで言われるほど。ゼスで新しく発見された魔法理論の記事ですら、「余が過去に確立した理論」「ゼスもようやく余の足元に追い付いてきたか」と言ってのける。果てには聖魔教団の技術にも触れているようで、浮要塞の設計を理解している様子を見せフリークを驚かせた。彼女オリジナルの魔法も多数あるらしい。ちなみに研究中のミラクルはものすごい集中力を発揮するので、すぐそばでランスが大騒ぎしてもノーリアクションである。祖母ゆずりの魔法に関する貴重な蔵書を多数所持していて、ナギの解呪法をさがす志津香にもいくらか提供している(見返りにナギとの事情を伺っている)。本人は得意ではないとしているが魔法薬学の知識もあり、さまざまな魔法薬や解毒薬を製作している。得意ではないのにランス9のミラクルルートでは若返りの秘薬というバランスブレイカーな代物を完成させた。知識のミラクルは伊達ではない。
研究好きからくる魔法の知識も多岐に及ぶ。いわく「彼女が知らない魔法はない」とまで言われるほど。ゼスで新しく発見された魔法理論の記事ですら、「余が過去に確立した理論」「ゼスもようやく余の足元に追い付いてきたか」と言ってのける。果てには聖魔教団の技術にも触れているようで、浮要塞の設計を理解している様子を見せフリークを驚かせた。彼女オリジナルの魔法も多数あるらしい。ちなみに研究中のミラクルはものすごい集中力を発揮するので、すぐそばでランスが大騒ぎしてもノーリアクションである。祖母ゆずりの魔法に関する貴重な蔵書を多数所持していて、ナギの解呪法をさがす志津香にもいくらか提供している(見返りにナギとの事情を聴いている)。本人は得意ではないとしているが魔法薬学の知識もあり、さまざまな魔法薬や解毒薬を製作している。得意ではないのにランス9のミラクルルートでは若返りの秘薬というバランスブレイカーな代物を完成させた。知識のミラクルは伊達ではない。

このようにすさまじい能力をもつ魔法使いであるが、人に頼まれるとどうにも断れない性格らしく、「未来の民に頭を下げられては無下には出来ん」「規格外の魔力で応えるのもまた王の資質」などとえらそうに返事しておきながら基本的にすべて引き受ける。実際ものすごいお人好しで、善人。「人付き合いが下手っぴで、ちょっとお馬鹿なだけ」「基本、頼まれたらなんでも言うこと聞くよね」とは、ミラクルを上手くコントロールしているピグの談。だがちょっぴりお馬鹿なので、場の人選がまずいと調子に乗りすぎて大失敗を犯すため、まったくの人畜無害というわけでもないようだ。

王(いまのところ自称だが)なので非常に寛大。大抵の人間を気に入る傾向がある。BAD回避イベントでは、ミラクルをレイプしようとした相手をキングダムに勧誘しようかなどと言っており、さすがのランスも「お前、おかしいぞ? お前が本気で怒ったところをみたことがない」とまで言っている。実際彼女が本気で怒ったのは、ランスが冗談でゴキブリ入り容器を破壊しようとした時と、ミネバがランスを馬鹿にしたときぐらいである。

そんな尊大な立ち振る舞いで人付き合いがいまいち上手くいかないミラクルも、子供や異種族からは好かれるきらいがある。リセットとナギには持ち前の面倒見のよさで日頃から良い遊び相手となっている。また異文化や異種族を認めることこそ豊かさという見解をもち、過去のゼスの階級制度や異文化撲滅政策に対し、彼女にしては珍しく嫌悪感をあらわに言及したり、全ての生命は平等ではなくとも意味はあるという立場をもつ。そんなミラクルの雰囲気や言動が通じてピグやカロリアなどからは好意をもたれ、ホムンクルスのシャリエラにもランスとともに心を開かれる数少ない人物である。

意志力の強さは半端ではないようで、あのランスですら「やりすぎた」と言うほどの無体に晒されても、自分自身にビンタで喝を入れ、気持ちを切り替えて元に戻っている。さらに彼女は自らに「困難の前に心折れたならば死霊騎士団が自らの命を絶つ」という誓約の魔法をかけている。この誓いが破られていないということは、彼女が常にどんな困難も乗り越えてきたという実績の証とも言えよう。

わんわんとにゃんにゃんが大好き。わんわんとにゃんにゃんにひどいことをするなんてあり得ない。他にもゴキブリが大嫌いだったりと普通の女性らしい面もあり、典型的な見た目で判断してはいけないタイプである。ちなみにエロイ事への耐性や知識は全く無い。

引き篭もりの魔女と称されるアテン・ヌーとは従姉妹同士の間柄であるのだが、かつては才能が自分より劣っても勤勉であったにも拘らず引き篭もって人に迷惑をかける様になった現在の彼女の事は軽蔑している様で、ジュリア・リンダム、アニス・沢渡の二人と共に「規格外の役立たず」と評している。

**ランス03では [#j9c77078]
直接の登場は無いが、従姉妹のアテンが戦闘開始時のセリフでミラクルについてふれる時がある。

**ランス6では [#y681594d]
カミーラ軍がゼスに攻め込んだ際、少数の現地軍と共に、小さな村を魔軍から守りきる事をしていた。
**ランス・クエストマグナムでは [#vf13012c]
No.169【漆黒の王女】にて登場(?)

ローレ・エンロン司教の言い間違いにより、漆黒の「王子」(ダークランス)を漆黒の「王女」として認識したランスが、非常によく似た姿の女性を妄想した。(ミニCGあり)

ただしこれはあくまでランスの妄想であるため、ランス9に登場するミラクル本人ではないと考えられる。((ランス9内でこの件についてランスとミラクルが会話をしている))(ラフ画によればデザイン元にしたらしい)
**ランス9では [#p1dadd66]
出奔したマイトレイアと入れ替わりで参戦。パットンとは革命の前年(LP4年)ゼスで勃発した偽パセリの乱にて行動を共にした縁があり、このほどの増援要請を引き受けた模様。ただしその目的はもっぱら人材発掘である。ヘルマン革命に関しては傍観者を決め込んでいるので、力をセーブしている(本人曰く、あくまでも手伝い程度)。

しょっぱなから傲岸不遜の塊のような言動を取りまくり、パットンをして「俺には彼女を制御しきる自信は無い」と言わしめた。さいわいと言うべきか、無法者には濃ゆいキャラが大勢いて、その極北におわすランス君という至高の変態がミラクルと火花散らして拮抗するかたちでうまく収まっている。ミラクルの人となりも実際そこまで凶悪な性格でないことが判明し、なにより味方戦力としては文句なしに心強いとあって、比較的穏当に受け入れられたようである。「女ランスを見ているよう」とか「いい娘なんだけど…………」とか、結構散々な言われようではあるが。

輪に入りたいが自分からは言い出せない、素直でないところなどはランスそっくりである。口のでかいところもよく似ている。女性限定のお茶会では参加したくとも言い出せず、遠隔目玉という覗き見をするための魔法までつかって様子見していたのだが、あっさりバレてふつうに誘われたので「未来の民にそれほど乞われては仕方ない」とかなんとか言いつつ参加した。

魔法LV3は伊達ではなく、様々な場面で強大な魔力の証を見せつけてくれる。そもそも武器からして''[[魔導書ノミコン>パパイア・サーバー]]の写本''(イニッチ)で、危険度はオリジナルのノミコンと同じなのだが、それに主と認めさせ完全に制御しているのだから恐ろしい。また、ハンティが一度見せた瞬間移動を「自分が知らない魔法があるのは面白くない」という理由で独学で習得し、ハンティを驚かせている。

「トゥエルヴナイト」の選定のためか、人物眼は恐ろしく確かで、実力と精神を両方兼ね備えたランスやパットンを側近に置こうとするほど気に入っている反面、リックの甘さと心の弱さや、ナギの抱える心情をも鋭く言い当てていた。

物語終盤、ランスの「運命の女」である事が判明。電卓キューブにて「電磁パルスの杖」を入手するも、使い道が無く、ランスとの思い出の品として保管している。この「電磁パルスの杖」は、ミラクルがルドラサウム世界への侵略を強く危惧する異世界「スチールホラー」の軍勢(戦車や戦闘機など)に対して、まさに無敵の効力を発揮するだろう((かいつまんでいうと、電磁パルスによって電子回路に設計以上の電気を流し、物理的損壊を与えることができる。自然界では雷によって発生する))。しかし、試し撃ちの的にしたランスが、なんかピリッときた程度のダメージしか受けていないのをみて「せっかくならスチールホラーの機械軍団と戦える武器が良かったぞ」と残念がるだけであった。知識のミラクルをもってしても異世界のテクノロジーの価値には気付いていないようだ((体感できる程度の電磁パルスとなると洒落にならない出力と思われる。ランス10で実際に使用されたが、効果範囲が最小となる地上にも関わらず広範囲の電子機器を破壊した。))。
**ランス10では [#q926a83c]
引き続きランス達と行動を共にしており、ランスの「トゥエルヴナイト」勧誘を諦めてはいないが、一方でランスと一緒にいるのが楽しいと発言するなど、よりランスに好感を寄せている姿が垣間見れる(ただし志津香のようにHの誘いは拒否)。
ランスからは魔軍との戦いにおいてもミラクルやミステリアが最大限協力してくれればもっと楽になるではないか?という疑問を提起されたが、自分達が協力してしまえば今後は自分達に頼り切りになってしまう点や頑張ってるランス達を見るのが好きと祖母・孫ともに同じ回答をした。しかし要所ではちゃんとサポートを行っており、ランスがアリオスに殺されそうになった時は自身を顧みずアリオスを空間転移させてランスの命を救ったり、シャングリラの潜入でも魔法で変装の手助けをしている。

敬愛する祖母ミステリアの前では流石のミラクルもたじろぐことがあるようで、「祖父はカバッハーン・ザ・ライトニング」という分かる者がいなさすぎるハイセンスジョークに絶句する珍しい姿も見れる。

今回の出征でトゥエルヴナイトとして目を付けていたアリオスと初めて対面。喜んで勧誘するも、アリオスの復讐心と狂気に取り憑かれ“勇者らしく”なった姿を見て失望した。

広い知見の自称は伊達ではないようで、この世界の魂や勇者の在り方、果ては神や魔王といった世界のシステムに関して、法王所以の知識を持つクルックーと二人だけで通じる会話をするなど、神と直接接点が無いにも関わらず世界の真相に辿り着きつつある描写が数多くみられる。
*第二部ネタバレ注意 [#w64f87f9]
#region(&Color(red){ネタバレ注意!!};)
正確な時期は不明ながら、RA1年~5年の間にランスとの子、ミックス・トーを出産。RA9年の鬼畜王戦争では、人類側の主戦力として新トゥエルヴナイトを率いて魔王ランスに戦いを挑んだが惨敗、翌RA10年の再挑戦でリセットがランスを正気に戻すことに成功し、鬼畜王戦争は収束した。&br;
娘・[[ミックス>ミックス・トー]]の幼少期の頃は時に母子で旅を続け、時には両親の元に預けており、両者を比較した結果、かしこいミックスは母の覇道的性格に反発して常識人に育つことになった。第二部開始前には次元の狭間にプライベート空間(通称、ミラクルの隠し部屋)を作ってそこに居住しており、RA15年のエールによる魔王の子らを訪ねる旅が始まってからは異空間からその動向を見守っていた。&br;
しかし、いつまで経っても自分のもとを訪れない魔王の子一行に痺れを切らせたか、途中でお茶会と称して、自由都市地帯シヴァイツァーで医業に励んでいた[[ミックス>ミックス・トー]]もろとも一行を「強引に」隠し部屋に招き入れた(実はクルックーからは存在を忘れられていた)。歳を経ても美しいままだが、性格は変わっておらず、ザンスでさえも「反抗すれば反抗するほど好感度が上がる」と頭を抱える始末であった。&br;
第22回闘神大会では「ミルキー・トー」の偽名を用いて出場。本選一回戦から露骨にミラクルだとバレバレな登場を行った上、ハニー体質持ちの長田君には効果のない魔法(わざわざ派手な最強魔法ばかりを選んでいる)を山のようにブチ込み、調子に乗って懐に入ってきたところでバットで粉砕。長田君のパートナーであった[[ミックス>ミックス・トー]]を強制的に親子デートに連れ歩き、終始ご機嫌であった。二回戦では全裸王バファムーンと対戦。全裸フラッシュをこともなげに打ち破ったにもかかわらず、今度はなぜか「自分から」衣服を脱ぎ、バファムーンと無言の全裸ポージング対決。とりあえずさんざ目立って引っ掻き回せて満足できたらしく、自分からバファムーンに勝ちを譲るが、公衆の面前でストリーキングした実母に対しミックスは激怒していた。&br;
その後、翔竜山での二度目の攻略に失敗した上、ネプラカスの策謀によりクエルプランに呑み込まれ大きく力を減じてしまったエール一行の修行の際、パットン、ブリティシュ、娘・[[アーモンド>ランス10/その他の人々#almond]]を連れたチルディ、謙信、アレキサンダーらと共に協力した。(([[ミックス>ミックス・トー]]には「帰れ」と言われたが…))

お茶会で一行と接触したのはエールに興味を抱いていたからであったようで、クルックーの暗躍にも高みの見物を決め込んでいた。でも忘れられていたのはさすがにショックだった模様。

その後、エンディングで描かれたRA45年の一幕では、ミステリアそっくりの風貌となっており、その時には既に隠居して万事を[[ミックス>ミックス・トー]]に任せている。

この世のあり方を変えてしまう程壮大な計画をクルックーが進行していた事がプレイヤーに対し明らかになったが、
ランス9においてヘルマン革命成功後、ミラクルはランスに対し 近いうちにこの世のあり方が変わると予言した一幕がある。

#endregion
*ゲーム的には [#w64f030f]
**ランス9では [#r8c46f54]
途中離脱するマイトレイア・メイシアンの代わりに入る魔法使い。獲得した熟練ポイントは彼の分を引き継いでおり、それまでの育成は無駄にならない。&br;
初期ステータス的にはほぼ志津香の上位互換であり、それに加えて下僕である骸骨達が頑張るおかげで後衛キャラのくせに異様に回避が高い。戦闘画面ではガタガタとものすごく揺れている。&br;
ねばりや魔抵も高めなので、弓兵や魔法兵などに多少狙われてもへっちゃらだが、HPの低さはどうにもならないので沈むときは沈む。装備品などで補ってあげよう。&br;

必殺技「デス・プロージョン」は広範囲に大ダメージを与えるミラクルのオリジナル魔法。&br;
着弾地点を中心にした5x5の正方形から角4マスを抜いた21マスを攻撃する。&br;
攻撃範囲が広いため敵の密集した部分に叩き込めば一気に前線を押し上げられる。&br;

攻撃素質や効果拡大率が志津香に及ばないため高難度モードではやや殲滅力が足りなくなってくるが、&br;必殺技の優秀さや防御面の優位性のおかげで安定感は3魔法使いでトップクラス。主力から外れることはないだろう。

個別ルートではランスの運命の女の一人であると判明する。

**ランス10では [#ga9ee9e3]
その他グループ所属で6枚のカードを持つためため育てておくと部隊のスタータス補正が大きいためお得。&br;
レアリティが高く引けない人が多い運命の女やLv66よりも、序盤から引けて確定入手もあるLv43にお世話になる人が多いと思われる。&br;
支援除去効果を持つ魔法ブレイクは無敵結界や制限装甲の上からでも支援を排除できるため、近接攻撃を無効化する飛行状態を持つラ・ハウゼル戦で重宝する。&br;
自由都市で魔人退治のリターンデーモン戦の直前で確定入手があるが、これでゲート準備の支援を消しておかないと飛ばされてクエスト放棄扱いになるので突破する為には忘れずにリーダーにして置かないといけない。&br;
…様に思えるが、リターンデーモン戦はボス戦では無いので暗殺系スキルが普通に通る他、ビスケッタのカードをリーダーにする事で自動戦闘に変更して突破可能だったりといまいちピンポイントとしての運用でも輝ききれない所がある。ある意味とてもミラクルらしい。&br;
運命の女やLv66は強力は破壊光線スキルを持つが、APコストが重いので使いどころや編成はよく考えよう。
*修得技能 [#o40a3b1f]
余に使えない魔法は無いと公言しているので個人のオリジナルを除けば魔法の項にあるものの大半を所持していると思われる。
#style(style=font-size:small;line-height:120%;){{
|>|CENTER:修得技能|h
||BGCOLOR(White):|c
|デス・プロージョン|ミラクルのオリジナル呪文にして必殺技|
|ブラックアーム|地面から無数の黒い腕を湧き出させ、対象を拘束したり、パンやお茶を運んだり|
|ゲートコネクト|ミラクルのオリジナル呪文。((ただし魔王や上級[[神]]も使う))任意で異界ゲートを開く。行ける世界は5種類。14歳の頃に習得|
|遠隔目玉|浮遊する黒い目玉を飛ばし、覗き見をするための魔法。これで参加したかったお茶会の模様を見ていた|
|死複製戦士|敵パーティの複製を作成する魔法。ランスのHから逃れるために使用|
|イカスミ無効|イカスミによる肌や衣類の汚れを完全にシャットアウト。これでイカマンの群れも怖くない|
|変身魔法|任意の人物に変身する魔法。声も本物そっくり|
|瞬間移動|登場時は使えなかったが独学で習得する。だが人間であるため反動のリスクが大きく命をかける必要がある。|
|召喚魔法|異空間からモンスターを呼び出す。チルディに召喚魔法は使えるかと聞かれて披露|
|ゼットン|炎系最上位魔法。闘神大会で長田君にぶっ放した魔法の一つ。|
|絶対零度|氷系最上位魔法。同上。|
|メタル・ライン|雷系最上位魔法。同上。|
|黒色破壊光線|最強の破壊魔法。同上。|
}}
*人間関係 [#s9d258bb]
-ミステリア・トー / 尊敬し敬愛する祖母様。空飛ぶ箒を譲り受ける。
-ランス / カオスマスタ―。面白い男。余に仕えろ。後に娘の父親。
-パットン・ミスナルジ(当時) / スチール・ハート。「偽パセリの乱」以来の戦友。
-ミックス・トー/ 母に育てられて常識に染まり、あたら才能を無駄にした愚かな愛娘。余の事は母では無くママと呼べ。
-ピグ・ギリシアム / 面白い。仕方ないから付き合ってやる。(仲良し)
-魔想志津香 / 祖母様の孫弟子。
-ナギ・ス・ラガール / 祖母様の孫弟子。とりっく おあ とりーと?……余にイタズラしようとは度胸があるな。
-アテン・ヌー / 従姉妹。
-アム・イスエル / 感性の近い友人。だが、余はもう少し下劣な言葉の方が好みだな。
-カバッハーン・ザ・ライトニング / 雷帝殿。祖父様?御冗談を…
-裸族王バファムーン / 良き戦いであったぞ。お前が勝者だ。
-ホ・ラガ / 全知を得て全てを諦めた者。真の全知ならその絶望への対処もできたはずだろう、気に食わん。
-来水美樹&小川健太郎 /異世界からの来訪者。興味深い存在。 
*特記事項 [#d6741d65]
**トゥエルヴナイト [#pf36eb2e]
世界の王となった暁には、腕の立つ美丈夫を集めて円卓の騎士ならぬトゥエルヴナイトを結成することを目標としている。美男子だけで固めるのではなく全体のバランスを考えた人選をしているが、そのバランス感覚故にキャラ被りには厳しく、ヒューバートを候補に挙げながらも他のキャラと特徴が被りすぎていて入れられないと嘆いている。選考にあたり深く裏付けは取っていないようで、9時点での死者が二名含まれる。人選に戦闘力は然程重要視していない。

ホモを容認し、童貞は性格が歪んでそうで良いと言ってみたり、眉毛なしはユニークだと褒めたり、面白そうな人間に対しては別け隔てなく寛容だが、(キャラ的に)面白くない人や精神的に未熟な人には辛辣で、強いだけで面白くないリックは門番が関の山だと断じている。

以下は現時点での暫定的なトゥエルヴナイト妄想もとい構想の全容である。
#style(style=font-size:small;line-height:120%;){{
|CENTER:名前|CENTER:コードネーム|CENTER:ミラクル評|CENTER:ランス評|h
||>|BGCOLOR(White):|BGCOLOR(White):|c
|ランス|カオスマスター|余の右腕となり隣に侍ることを許す|入らないぞ。|
|ラーク|プロヴィデンス|戦闘能力こそ平凡なものだが、余が最も注目するのは勇気|見覚えがない。顔がへっぽこ|
|ピッテン・チャオ|パーフェクト・ゴールド|完全無欠にして、眉目秀麗。全てにおいて非がなく、能力が平均を越えて万能|ホモ|
|織田信長|サウザンド・ストライク|飄々として人柄で人民を惹きつける。次に何をしでかすか分からなそうなところがいい|こいつ、もう死んでるぞ|
|真田透琳|フォレスト・ドラグーン|その冷静な判断力、豊富な知識、鋭い洞察力から、おそらくトゥエルヴナイトの頭脳になるだろう|じじむさいのはいらん|
|パットン|スチール・ハート|体格に恵まれ、力任せの格闘技を使う男。時に熱く吠えて士気を上げ、時に皆のまとめ役もするだろう|暑苦しいからいらん|
|ガンジー|キングジャスティス|魔法が強く身体能力も高い面白い男だが、最大の特徴はその豪放かつ大雑把な性格|暑苦しいから以下略だ|
|北条早雲|ベスト・アンサー|陰陽術は大陸にはない文化故、大陸の戦闘では面白いことになるかもな|こいつ童貞だぞ|
|ロレックス・ガドラス|ツインソードオーガ|集団戦においては先駆けとして場をかき回してくれるだろう|むさい奴とかいるだけで鬱陶しい|
|アリオス|ジャッジメンター|忘れられた勇者。英雄未満、悲劇に間に合わぬ男。注目すべきは能力よりもその経歴|こいつは駄目|
|[[摩利支天>http://littleprincess.sakura.ne.jp/pukiwiki/index.php?%E6%91%A9%E5%88%A9%E6%94%AF%E5%A4%A9%E6%9A%97%E6%AE%BA%E5%9B%A3#marici]]|アンチェインシャドウ|余も一度殺されかけたほど。一見地味だがそれが逆にいい。一発逆転の暗殺を成功させるキーマン|眉のない男にろくな奴はいない|
|アイゼル|プリズムダークネス|魔人故にほぼ不死身、また催眠術で敵を操ることも可能。面白いことが出来そう|昔俺様が殺した魔人だ|
}}

ヒューバートも高く評価しており入れたいと思っているが「髭」「巨漢」「剣士」と要素が他とかぶり、突出した何かが無いため諦めている。
ランス10にてサイアスも候補に入ったがやはり属性が被っているため勧誘されなかった。&br;
リックは逆に評価が低い。心の弱さを見抜いており「あれはどう切り取っても面白くない」「ただの気弱な青年」と評している。ただ人並み外れた強さだけは評価しているので「門番にはしてやろうと思っている」と述べている。
また、候補者であるアリオスにも邂逅するが、再び勇者の力を得て世界に仇為す存在と成り果てた姿に失望している。

面白い人間なら女性もアリだと思っており、
候補にあげているのは、リア・パラパラ・リーザス、傾国、シルバレル。ミネバ・マーガレットは直接勧誘したが拒絶される。人外だと夢に出てきた黄色いとりをトゥエルヴナイト入りさせようとした。また、敵であるにも拘らず、オアマ・モトヒーデも自分の作る国の専属研究者として勧誘していた(トゥエルヴナイトでの名はホワイトスピア)。

**新トゥエルヴナイト [#k635e966]
#region(&Color(red){第二部に関連するため折りたたみ};)
RA9~10年の鬼畜王戦争で実際に結成され、魔王ランスと戦った12人の英雄達。&br;
複数回の対決を経ながら連戦連敗し、メンバーにも少なからぬ被害を出しながらも、ついにSBR作戦からの「クラウゼンの手」でランスを正気に戻すことに成功した。&br;
全貌は不明なものの、以下、メンバーとして判明している(◎)、ほぼ間違いがない(○)、加盟していた可能性の高い人物(△)を挙げる。&br;

◎パットン・ヘルマン&br;
○リック・アディスン&br;
○チルディ・シャープ&br;
◎カーマ・アトランジャー&br;
◎アレキサンダー&br;
◎アームズ・アーク&br;
△ピッテン・チャオ((二部11章で唐突に名前が出てくることから推察される))&br;
◎山本乱義((ただし直接ランスとは面会できていない))&br;
△リセット・カラー&br;
△シルバレル・シルバレラ&br;
◎ミ・ロードリング((織音氏によるとこの人がメンバーなのは絶対に確定))&br;
#endregion
**その他 [#q8b25a96]
-ランスクエスト・マグナムにてランスが妄想した「漆黒の王女」の外見に似ている。
* 名台詞 [#t1d4412e]
-ミラクル「ふん、余の見立て通り、甘く、弱く、つまらない男だ。」
-リック「返す言葉もありません・・・・・・」
-ミラクル「貴様はこの部隊内で誰よりも弱い&br;せいぜい強くなれ。&br;見込みがあれば、門番としてくらいなら使ってやる。」
# ランス9より
# 自爆の道連れになりそうだったリック。ランスの叱責を受けた彼に対する台詞
# 彼女が求めるのが、単純に戦闘力の高い人間ではない事が語られているシーンの一つ

-ランス「セックスするのに、相手の了解なんぞ必要あるか」
-ミラクル「それは、れ、レイプというんだ!」
# ランス9より
# ここから始まる一連のHシーンは、本作の中でも独特の空気に満ちあふれている。

-ふははは!&br;ミラクル・トー、大・復・活!
# ランス9より
# ランスに犯された後、呆然としている彼女が服を着て、両手で頬を<バチーーーン!>と叩き、元通りに戻った時の台詞
# 処女を奪われても、何度犯されても、どんなプレイをされても、この流れで元通りになる彼女はやはり大物。

-ふははは、未来の民にそれほど乞われては仕方あるまい。&br;余も参加してやろう。
# ランス9より
# 男子禁制のお茶会に誘われた時の台詞
# 興味ないフリをしていたものの、遠隔目玉を使ってまでお茶会の様子が気になるくせに自分から参加したいと言い出せない。
# 部屋の前で誘われるのを待っているという何とも言う事とやる事がアンバランスなお方。

-うーむ、たまには役立たずに身を落とすのも悪くないな。新しい世界が開ける。
# ランス9より
# 魔法を封じられた状況下でもこの言葉。
# 慌てるどころか楽しそうなあたり、やはり大物の風格がある。かもしれない。

-愛の奇跡だ。
# ランス9より
# 志津香&ナギのチビ化をランスに解説したときの台詞。
# ミラクルの乙女な一面が垣間見える(かもしれない)台詞。

-なんの才能がない者でも、人は人を幸せに出来るし、殺すこともできる。
# ランス9より
# トゥエルヴナイト選出におけるラークやリックの評価でも伺えるが、ミラクルは能力よりも心を重視している。
# トゥエルヴナイト選出におけるラークやリックの評価でも窺えるが、ミラクルは能力よりも心を重視している。
# また、才能の価値が高いこの世界で、魔法Lv3という伝説級の才能を持っている上での言葉という点も深い。
# まさに彼女は世界の王になるに相応しい精神性を持っていると言える。かもしれない。

-ランス「おい、ミラクル、さっきまでのハイテンションはどうした。何をそっぽ向いている。&br;    ははーん、さてはお前もゴキブリが苦手なんだな」
-ミラクル「はっはっは、面白い冗談だぞカオスマスター。&br;     この世界の覇者、ミラクル・トーである余が、このような銀色生物に恐怖心を抱くわけがないだろう……」
-ランス「ふーん。このカプセル破壊したろ」
-ミラクル「貴様、殺すぞ!」
# ランス9より
# オアマ博士の研究所にて、カプセル内に浮遊するゴキブリを見た際の台詞。
# 常に傲岸不遜な態度を崩さない彼女だが、素の部分は女の子らしい所が多く、当然ゴキブリも苦手。
# しかし決して認めようとせず平気だというポーズを崩さなかったが、ランスの台詞に思わず反応してしまった。
# 貴重なギャップ萌えシーン。かもしれない。

-余の部下となれば、色々と面白い目に合えるぞ。&br;まず目先の特典は、命を助けてやる。&br;余は今からお前の味方となり、革命軍と戦おう。
# ランス9より
# ミネバをトゥエルヴナイトに勧誘するべく取引を持ちかけるミラクル。
# 今までも、敵であるものを勧誘してきた彼女だったが、それは最終対決を前にしてもブレる事は無かった。

-ミラクル 「このアイテム自体はともかく、&br;     これは余とお前の始めての共同作業によって手に入れた成果だ。&br;     余の思い出として大事にとっておく」
-ランス 「ふーん……」
-ミラクル 「今日は大儀だったな。いずれ褒美を取らせる。楽しみにしておけ」
-ランス 「うむ、まあ、期待せんで待ってる。」
-ミラクル「はっはっはっ、では戻るぞ。これから決戦が待っている。&br;     ふっふっふっ♪  あははは。」
# ランス9 ミラクル・トールートより
# 運命の人としか入れない電卓キューブで手に入れた電磁パルスの杖を大事に胸に抱えて上機嫌のミラクル
# 態度は偉そうでも心は乙女です

-ミラクル 「ああ、世界丸ごと好きになるといい」
-シャリエラ 「なんで?」
-ミラクル 「良いことがあるから」
# ランス10より
# ミラクルの価値観を端的に表した言葉
# シンプルですが、とても優しい台詞です
*画像 [#d60e854c]
&ref(http://livedoor.blogimg.jp/alicesoft2010/imgs/6/5/65c347f9.jpg,55%);ランス9ラフ
&ref(http://www.alicesoft.com/rance9/common/img/img_chara_main_08.png,75%);ランス9

&ref(http://livedoor.blogimg.jp/alicesoft2010/imgs/a/e/aeb6a1ea-s.jpg,85%);アリスソフト公式blogより、vsパットン

&ref(http://www.alicesoft.com/rance10/chara/rance/img/12.png,50%);ランス10

©アリスソフト
*コメント [#u39611e1]

#pcomment(,15,reply)

#include(テンプレート/運命の女,notitle)