Source of ピッテン・チャオ

TITLE:ピッテン・チャオ
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|年齢([[生年>誕生日]])|26歳 / LP7年時点(GI996年生まれ)|
|身長 / 体重|182cm / 74kg|
|出身(現住地)|パランチョ王国|
|職業|パランチョ王国王兄、&br;パランチョ王国軍総大将|
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界|LV43 / LV43|
|技能LV(傾向)|剣戦闘LV1|
|~|ガードLV1|
|~|教育LV1|
|特技||
|趣味||
|目標||
|登場作品|かえるにょ・ぱにょ~ん&br;ママトト(友情出演)&br;ランス9|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

*解説 [#e3991811]
パランチョ王国国王ポロンの兄にして王国軍総大将。恐ろしいほど武の才能に恵まれた、流れる金髪に黄金の鎧が映える美丈夫。容姿、性格ともに父ペペロン・チャオとは似ておらず、気の強い母親であるプルム王妃の血を濃く受け継いでいる。

かなり気性の激しい部分があり、物事を力で押し進めようとしがち。苛烈な性格と思われがちだが一本気な武人タイプで、結構兄馬鹿。

**ランス9では [#kdbbcc05]
パーティがとある障害を前に立ち往生する中、美味しいところ総取りのかたちで参戦。

キャンプ中の言動はかなりイイ性格をしている。パットンと意気投合するだけのことはある。

自身の実力は勿論だが、他人を鍛えるのも秀でており、チルディはその恩恵を存分に受けた。

ランスには容姿そのまんまの「金ピカ」と呼ばれ、イケメン爆発しろと言わんばかりに敵視されていたが、とあるきっかけで仲良くなった。

**ランス10では [#rd94c93f]
今回は自由都市連合軍副長としてパランナイトことパランチョ王国騎士団を率いて魔軍と戦っている。~
魔人レイ討伐の途中、ランスたちがジフテリアに船を見に行くを選択するとピッテンに会える。~
その後のセキガハラの戦いの時に人類側が勝利を収めたが、逃走した魔物大将軍ピサロは残存の魔軍との合流に成功し、別働隊を使いハンナ、パランチョを陥落させた。パランチョ王ポロンと王兄ピッテンは一時的に祖国を離れることを余儀なくされた。そして魔人パイアールが戦場から消えた後、魔軍に占領された土地は次々と奪還され、パランチョ王国も遂に取り戻された。

食券イベントでは、ランスたちに自国の名産の香辛料ピリン豆を紹介したり、年少者の曇り顔を放置したくないがため無理矢理香姫の作った団子を完食するなどのエピソードが見られる。~
またランスに結婚相手になりそうな好みの女のタイプを聞かれた時、何気なく「芯が強くて、腕が立つ」、「目標に向けて邁進できる人間で、俺を驚かせてくれるような相手がいい」と答えたが、友人のパットンに真っ先に思いついたのはランスと指摘された。それを聞いたピッテンはランスが性転換したら考えてみるとしようと言ったが、本気か冗談かは定かではない。

第二部では出番はないが、特訓を受ける魔王の子たちに「防御の心得」を教えていた模様。

**かえるにょ・ぱにょ~んでは [#ic670246]
自分付きの魔術師であるニコペリと図って架空のクーデターを演じ、ポロン・チャオの王としての資質を父王に示す舞台を整えた。

ラスボスの片割れで、その攻撃は剣閃が赤・青・緑とカラフルに発光する連続斬り。

**ママトトでは [#ue6486c9]
「シグマソン(国名)に完全無欠の黄金騎士あり」と謳われた高名な美剣士。~
戦いに敗れるも、知将ナナスの心意気に惚れこみママトトの一員へ。~
「美形で好青年」という完璧超人なせいか、参入の早さに反してナナス以外の他キャラとの絡みは妙に少ない。~
かつての同僚であるバルバッツァとの会話すら少ないのは何故……?~

魔抵力が魔法使い並に高いため、相手を選べば壁役として役立つ。~
(ただし敵魔法使いの多い面は少なく、さらに「反撃能力の欠如&射程の短さ」が足を引っ張る……)~
問題は必殺技で、自分中心型の範囲攻撃なため移動力が高くない彼とは相性が良くない。~
必殺技の威力補正も終始1倍でしかないため、強敵相手には決定打に欠ける。~
このあたりが使い勝手のいいリックやライセンと明暗を分ける特徴。~

とはいえ、参入後しばらくすると強制出撃の単独戦があるのである程度は鍛えてやる必要がある。~
(仮にレベル差があっても、射程強化すれば楽勝ではあるが)~

小説版では怪奇事件の容疑者その1として扱われることに。~
一方で本作のライセンはメインヒロイン扱いなため、明暗がさらに強調されてしまった。~
エピローグではヒーローの引き立て役で、どうにもパッとしない役回り。~
*ゲーム的には [#t94cacea]
**ランス9では [#t75e2732]
ガード職にて参戦。挑発範囲が3x3の無限射程着弾型かつ成功率も高め。&br;守護率は初期では40%とそこそこだが熟練度ボーナスで20%上昇するため最終的にはパーティでもっとも高くなる。&br;敵の後衛を引きつけ味方後衛を守る純ガードと言えよう。

さらにパーティ随一の強力な魔法防御で、こと魔法に関する限り無敵に近い防壁となる(さすがにリズナのようにノーダメージとまではいかない)。&br;だが2倍モードではあまり防ぎきれず、4倍以降では魔抵をがっつり上げないとほぼお飾りの個性となってしまう。&br;万能に優れる半面攻撃・回避・受流し・ねばりともにあまり上げやすいとも言えないので剣にも盾にもなりきれないこともしばしば。&br;通常モードでは非常に頼りになる壁役だが、極めプレイではだんだん苦しくなってくる早熟型ユニットである。
**ママトトでは [#mebc631a]
剣士として優秀なのは勿論、高い魔法防御で隙のない活躍ぶりを見せる。かえるにょ版から引き継いだ輝く剣閃は、五色の特殊技「ピム・カラー」となった。こちらの世界では27歳。
*名台詞 [#h05a0cec]
-王には、お前の様な男が相応しいんだ。国政だの国家予算だのと、頭の悪い俺にはとうてい理解出来ん世界。俺はお前という存在がある限り、絶対王にならんぞ。
-俺は今の立場を気に入っている。(中略)お前が王になれ・・・、ポロン。
-おう、それでこそ俺の弟! ポロン、2人でかるく親父を超えようぜ!!
# エンディングより

-想像はついていたことだ。
-ツケは今から払わせる。払いきれはせんだろうがな。
# ランス9より
# ピグの身の上に降りかかった出来事に対して静かだが激しい怒りを表す
# 普段はどちらかと言えばとらえどころのない性格の彼が作中に怒りを見せる唯一のシーン
*画像 [#f7438dab]
&ref(http://www.alicesoft.com/rance9/common/img/img_chara_outlaw_07.png);
ランス9

&ref(http://www.alicesoft.com/rance10/chara/free/img/11.png,50%);
ランス10

©アリスソフト
*コメント [#x29342de]

#pcomment(,15,reply)
&tag(パランチョ,ガード,);