Diff of レベッカ・コプリ


TITLE:レベッカ・コプリ
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|年齢([[生年>誕生日]])||
|身長 / 体重||
|出身(現住地)|自由都市地帯(ランス城)|
|職業|元ふくマン娘|
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界|Lv1 / Lv38((禁断才能を注ぎ込まれたことによる))|
|技能LV(傾向)||
|特技|無表情|
|登場作品|ランス4.x(会話)&br;ランス・クエスト マグナム&br;鬼畜王ランス&br;闘神都市2&br;闘神都市3DS|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

*解説 [#g4838f41]
パープルロングの髪の毛にエメラルドグリーンの瞳を持つ無表情の女の子。&br;
もともと闘神都市2に出演したキャラクターだったが、IF作鬼畜王ランスに輸入され、ジョンブルポスト回答でキサラ・コプリの妹という設定が明かされたのち、ランス・クエスト マグナムで晴れて正史登場となった経緯がある。

両親が400万ゴールドの借金を作って失踪したため、プルーペットに借金のカタとして身柄を拘束された。「フクマン」の才能を見出され、LP4年頃に能力を引き出し従順化させる「フクマンプレート((額に張られている逆三角形のプレート))」を貼られ、以後「フクマン娘」として不特定多数の男性に商品として抱かれることを強要されていた。

一度フクマンプレートを外してしまうと、二度とアイテムとして使えない上、フクマンの能力も消えうせて普通の少女に戻ってしまうらしい。また素の才能限界は低かったが、プルーペットがランス@禁欲モルルンに売り付けるために禁断才能を注ぎ込み、すぐ抱けるよう現在レベルまで上げてきたとのこと。

**ランス・クエスト マグナムでは [#gb278e1f]
ランスによって姉妹共々プルーペットから身請けされ、フクマンプレートを外される。姉のキサラよりもフクマン生活が長かったせいで、フクマンプレートを外されても後遺症がキサラよりも重く、普段から無表情・無口である。時間が経てば治っていくとの事。
実は怪力(肩が外れても構わないような力の加減が分かっていない感じ)で、デート中にちょうちょやカナブンを追うレベッカを止めようと腕を掴んだランスを無理矢理引きずって歩く程。ランスの手に本気で噛み付く等噛み癖がある。喧嘩癖もあり、チンピラと肩がぶつかり悪態をつかれた時は無表情・無口のまま向かって行き容赦の無いヤクザキック連発でチンピラをボコボコにした。ランスとのデートは嫌ではなく「楽しい」そうだ。

**鬼畜王ランスでは [#i89ed6b8]
#style(style=font-size:small;line-height:120%;){{
|>|>|>|CENTER:プロフィール|h
|120|BGCOLOR(White):|120|BGCOLOR(White):|c
|年齢(生年)|15歳 / LP3年時(GI1003年生)|身長 / 体重|152cm / 40kg|
|出身|自由都市地帯|職業|幸運を与える|
|レベル / 才能限界|Lv1 / Lv6|技能Lv(傾向)|なし|
|特技||特記事項|おなじみふくマン娘 |
}}
闘神都市2から輸入の形でランスシリーズ初出演。&br;
リーザス城で商人コマンドを選択するとプルーペットに率いられて登場する。

「ふくマン娘」という商品であるため提示された金額を支払うことで最初期から抱くことが可能。後にプルーペットの屋敷がある自由都市ポルトガルを武力制圧した場合、屋敷の焼け跡から発見することができる。但し一度でも躰を買っているとランスのことを信じられず自殺してしまう。ハーレムに加入させるには一度も抱かないことが条件。

元々ふくマンだったのではなく、プルーペットに身体を改造された結果そうなったという設定である。&br;
尚、額に意思を奪う装置を付けられているのは正史同様、なんと盗難防止用に躰には爆弾まで備え付けられている。&br;
プルーペットに借金の形として捕らえられるまで、男性経験はなく処女だった。

**闘神都市2では [#e8274bf2]
ソフト販売順ではキャラクターとして初出演。&br;
闘神となったシードがアプロスの姦計に堕ち、天使喰いとして闘神の館への逗留を余儀なくされたタイミングで登場。本作では褐色肌の印度系少女?として描かれ、後作に比べると年齢帯は若干高め。&br;
プルーペット率いるサーカス団員で肩書きは「聖女レベッカ」、抱いた男に幸運を齎す「ふくマン」を宿す。ラグナード迷宮の探索を効率化させたいアプロスにより毎年呼ばれている模様。金を支払って抱くことで何度でも「悪事」を軽減することができる。例によってふくマンとして感情を殺されている。

**闘神都市3DSでは [#k6c3e290]
年齢を大きく下げた設定で出演。オリジナル版より褐色肌の趣が変わり、中東系少女?として描かれている。&br;
こちらもシードが天使喰い化した後に闘神の館に現れるが、肩書きが大幅に変更され、商人プルーペットの新人メイドとして教育を受けている最中。折檻が厳しく感情を殺していたが、見かねたシードが「闘神はこの街のルール、誰も逆らうことはできない」を逆手に取ってプルーペットから強奪、自分付きのメイドに加えた。闘神の強権が活かされた瞬間とも言える。

*ゲーム的には [#cf07e0a5]
**ランス・クエスト マグナムでは [#ldff89d3]
シビリアン枠のキャラとして登場。フクマンという設定は、スキルには全く反映されず固有スキルなし…一応ソーサラーのスキルである弱点サーチが使える程度。

シビリアンは魔法を使わないソーサラーと同程度の戦闘力しかないため、キャラの強さは固有スキルで決まると言っても過言ではない。固有スキルが存在しないレベッカは本当にどうしようもないキャラとして、カパーラ・ウーチと同様よくネタにされている。従魔をつければカパーラよりはマシなのだが、やりこみでワールドを進めるとカパーラに高速詠唱と魔法の才能★★が解禁されてしまうので置いて行かれてしまう。
*人間関係 [#h5d4eed0]
-キサラ・コプリ / 姉
-ランス / 自分と姉を救ってくれた恩人
-プルーペット / 身柄を拘束されていた

*特記事項 [#odbcd892]
- 鬼畜王ランスまでは「一般にふくマン娘はレベッカと呼ばれる」という設定((鬼畜王ランス公式設定資料集))
- レベッカ・コプリという苗字持ちのユニークキャラとなるのは後年の設定((ランス6時ジョンブルポスト7月2週))
- 闘神都市2、鬼畜王ランスでは「レベッカ」がフルネームである


*名台詞 [#ec3d0112]
-王様って…不思議…この人……本当に私に幸せを教えてくれそう…こんな人…今まで、私のそばにいなかった………不思議…不思議……
# 鬼畜王ランスにて。&br;ランスの女となって不幸から解放された女性は多々。彼女もその一人となる。&br;正史でも立場こそ違え…

*コメント [#qf17fff3]

#region(''開く'')
- マグナム登場決定おめでとう! --  &new{2012-02-23 (木) 19:49:51};
- 引きずられたのは、肩とかはずれそうで力の加減が難しいとかじゃなかったっけ? --  &new{2012-04-23 (月) 00:23:40};
- やはり、姉と一緒にいると落ち着くみたいだな。 --  &new{2014-05-16 (金) 18:41:45};
- キサラと違ってガチで個性無し、基本的にはレベルだけを無駄にあげてボーナス要因送りだな。 --  &new{2014-05-16 (金) 18:46:26};
- ちなみに闘神都市2では褐色系美少女でした、DSの闘神都市には出たんかね? --  &new{2014-08-23 (土) 05:45:32};
- ↑出てるよ。当然福マン設定は無しになっているが。進行次第でシード付きの2-3人目のメイドになる。(1人目は原作通りアンナ。もう一人進行次第で付くメイドは秘密) --  &new{2014-08-23 (土) 16:03:07};
- ↑のぞみじゃないんだ。 --  &new{2014-09-09 (火) 22:34:22};
- ↑ のぞみは元々幻杜坊付きだからそのまま。 --  &new{2015-02-12 (木) 21:58:02};
-「鬼畜王ランス公式設定資料集」には「「一般にふくマン娘はレベッカと呼ばれる」という設定があるらしく」とある --  &new{2016-02-20 (土) 16:19:57};
- 鬼畜王の設定資料集に「おなじみフクマン娘」って書かれてて、おなじみもクソも闘神2にしか出てないやんけ、と思った記憶がある --  2020-12-12 (土) 11:01:57

#comment
#endregion