祖国の解放

To confirm the changes, click the button at the bottom of the page

Table of Contents

解説 Edit

ペンタゴンの幹部の一人であるポンパドールが入手したマジノラインの動力源であるマナバッテリーの情報を元に、エリザベス・レイコックが考案。そしてネルソン・サーバーが決定したマジノラインの破壊作戦。

ネルソンは、ゼス本国を防衛するマジノラインを機能停止させ、防衛手段を失ったゼス本国全体に魔物達をなだれ込ませる事で、第1級市民によって支配されたゼスの体制そのものの崩壊に追い込み、その隙を突いてペンタゴンの勢力で、ラグナロックアークを中心とするゼスの主要都市制圧を目論んでいた。その為には、ゼス全体を制圧できるだけの兵力が必要であった為に、ネルソンアイスフレームと同盟を締結。更には、第1級市民によって弾圧され続けた数多くの第2級市民達も、戦力として組み込むのだが、これがこの作戦の致命的な失敗に繋がってしまう。

満足のいく教育がされていない第2級市民達の中には、文字さえ読む事の出来ない者もおり、当然ながら計画書の内容を解かるはずも無く、またいきなりペンタゴンの思想に賛同させるなど無理な話であった。結局、ペンタゴンに協力した第2級市民達は、統制を行っていたペンタゴンの指示には従わず、ただの暴徒と化して、殺戮や略奪、暴行等、好き勝手な行動にに走り、それを注意したペンタゴン人間達には、攻撃意思まで見せるようになってしまう。

この予想外の事態によって、作戦指揮を執っていたネルソンやエリザベスもパニック状態に陥ってしまい、ゼス全体が大混乱に陥る中、ランス率いるアイスフレームグリーン隊の活躍で、どうにかマジノラインの破壊には成功した。しかし、様々な組織に潜入工作を行っていた魔人ジーク使徒オーロラの暗躍によって、魔人四天王の一人であるカミーラ率いる魔軍には情報が筒抜けになっており、マジノラインの機能停止後、混乱に陥ったゼスは、魔軍の総攻撃を受ける事になり、結果的にこの作戦は、ゼス国の存亡そのものに関わる大事件にまで発展するのだった。その事件は、後に「ゼス崩壊」として歴史に残る事になった。

コメント Edit

  • カミーラが作戦を事前に掴んでいたわけではなく、ペンタゴンに潜り込ませたオーロラの工作の結果ではないか。ランス6ではオーロラに良いように操作・誘導されていた印象だった。 -- 2013-02-06 (水) 18:30:36
  • あの時の魔軍の総司令がカミーラだから、そう書いているだけじゃないかな。大元の作戦を考えたのはジークの方かカミーラ側かはわからないが。 -- 2013-02-06 (水) 20:26:34

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White