Diff of ククルククル


TITLE:ククルククル -Kkulf kkulf-
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|年齢([[生年>誕生日]])|享年6000歳以上 / kuku2014年没(kuku1年魔王化)|
|身長 / 体重|4.7km/|
|3サイズ|B4.6km / W2.8km / H1.6km|
//|出身(現住地)||
|職業|初代魔王|
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界|ーー / ーー|
|技能LV(傾向)|魔王Lv3?(未確定)((2周年記念ランスシリーズ質疑応答より))|
//|特技||
|趣味|貝を食べる|
//|目標||
|登場作品|ランス6(OP年表)&br;ランス6ラフ画集(解説)&br;ランス ザ・コンプリート(年表等)&br;ハニホン3(解説)|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

* 解説 [#d3c44b60]
初代魔王にして歴代最強の魔王、その力は天界の一級神に肉薄したと言われる。在位期間は2014年。6千年以上昔に君臨し、ドラゴン族との途方もなく永い闘争に明け暮れた丸い者の王。後の魔王達と違い、まだ不死や無敵結界を持たなかった代わりに寿命もなかった為、4~5千年の時を生きて最も一級[[神]]に近づいた最強の魔王。((通常の魔王は二級[[神]]より少し強い程度で三魔子には劣り、一級[[神]]は無理と言われるレベル))

全長4.7km((ハニホンでは単位がmになっているが、後日アリスMemoにて質問が出てkmの間違いだと訂正された))という途轍もない巨体((ちなみにルドラサウムは体長2km。創造神以上のサイズということになる))を誇り、姿は白い蛸のような軟体生物を思わせる。頭部はオレンジ色の硬質で透明な殻に覆われており、その中を満たすドロドロの液体に脳機能を司る巨大な丸い生命体が浮かんでいる。一本の触手の先端が人間の女性型をしているが、破損してもすぐに復活する何らかのパーツであり本体や脳といった物ではない。ランス10でのケイブリスとの邂逅シーンに鑑みて、あまりにも巨大な体躯の為、一般的な体格の相手に合わせたコミュニケーション端末の役割を持たせた部位と見るのが妥当だろうか。

最強ではあったが、不死も無敵も持たぬが故に永きに渡ったドラゴンとの戦争で徐々に衰弱を迎え、最後は偶然止めを刺す形となったアベルによって倒されることとなった。そして魔王の力もこの偶然によりアベルへと継承された。自由都市地帯ジオの近郊に残る謎の巨大遺構はククルククルの遺骸であるという伝説も存在するものの、それが事実かどうかを知っているのは、神々を除けばドラゴンたちのうちでも当時の戦いを生き抜いた個体のみであろう。
最強ではあったが、不死も無敵も持たぬが故に永きに渡ったドラゴンとの戦争で徐々に衰弱を迎え、最後は偶然止めを刺す形となったアベルによって倒されることとなった。そして魔王の力もこの偶然によりアベルへと継承された。自由都市地帯ジオの近郊に残る謎の巨大遺構は太古の生物の頭部という説があり、ユーザーはその大きさと形状からククルククルの遺骸を連想するが、それが事実かどうかを知っているのは、神々を除けばドラゴンたちのうちでも当時の戦いを生き抜いた個体のみであろう。

元々は在位中は魔人を少数しか作っていないという設定だったが、数十体近く魔人を作ったものの、ドラゴンとの戦争では誤差でしかなく、逃げ回っていたケイブリスのみが生き残ったというように設定が変わった。

ランス10一周年記念で行われたTwiiter上での織音氏の質問回答によると、[[貝]]が好物でぱくぱく食べていたらしい。
* 作った魔人 [#z9b9edfe]
-ケイブリス / 自らが作った魔人で、唯一現在も存命している。魔人にしたのは潜在能力を見込んでとかではなく完全に戯れだったが魔人化後は少し情が沸いたとの事。
* 在任中の主な出来事 [#y283d80a]
#style(style=font-size:small;line-height:120%;){{
|CENTER:年代|CENTER:出来事|h
||BGCOLOR(White):|c
|kuku0001|ククルククルが魔王となる。|
|kuku0200|弱くて小さなリス、「ケイブリス」が魔人となる。|
|kuku????|ドラゴンたちとの戦争開始。|
|kuku2014|偶然にもククルククルを倒してしまったアベルが魔王となる。|
}}

*ゲーム的には [#e8387016]
**ランス10では [#p14b2ae7]
第二部最終戦で本人の姿と能力を再現したものが登場する。
強烈な一撃は持たないが攻撃回数が多いため行動阻止や魔法バリアでの小細工が通用しにくく真っ向勝負を挑まざるを得ない。
さらに自身を強化する支援「熱狂」「くくるん」を配置してくる。支援を放置すると火力が跳ね上がったうえ
モリモリHPが回復していき、圧倒的な質量の暴力の前に屈することになる。
レリコフか乱義を支援排除持ちのカードにチェンジしておこう。これを突破すれば勝利は目前となる。
* 特記事項 [#d3a18d8a]
-名前の由来は荒俣宏が「Cthulhu」を翻訳する際に用いる独特の表記「ク・リトル・リトル」ではないかと推察される

* コメント [#w7aeee8e]

#pcomment(,15,reply)

#include(テンプレート/魔軍,notitle)
&tag(魔軍,魔王);