Backup source of 光の神G.O.D(No. 7)

TITLE:GOD
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|別名|光の神|
|年齢([[生年>誕生日]])||
|身長 / 体重||
|出身(現住地)||
|職業|神(第一級神)|
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界||
|技能LV(傾向)||
|特技||
|趣味||
|目標||
|登場作品|ランス3|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

*解説 [#k3042331]
文字通りランスの世界を創った神様の一人。「''光の神''」とも呼ばれる。ランス3のラストにて、登場。

性格はどちらかといえば悪い。神様の癖に心が狭く、また自分のブロマイドを踏んだという実につまんねー理由だけで、天罰を与えようとするのだから、相当なナルシストであると思われる。

ランス3での冒険中、フェリスが番をしていた悪魔の通路内で、自信のブロマイドである「神様プレート」を踏みつけたランスに怒り、彼が魔王ジルを倒して時空の狭間に巻き込まれた所で、天罰を与えに現れた。

しかし、ランスはシィルとのH中であった為に、Hを覗いた変態呼ばわりされた挙句、自信のブロマイドを踏まれた事に関しても「俺に踏まれて光栄に思え」と完全に開き直られてしまい、逆上したGODはランスとシィルに天誅を与えるべく、二人を浮遊大陸であるイラーピュにまで飛ばしてしまった。ランスもランスであるが、この神もまた、ランスシリーズに出てくる神の中でも傲慢極まりないといえる。

このGODの行動が、ランス4のストーリーの起因となった。
*コメント [#gf3fc5a2]
#comment

#include(テンプレート/神,notitle)
&tag(神,JAPAN,戦国ランス);