Backup source of ハーモニット(No. 23)

TITLE:ハーモニット
#contentsx

* 登場作品 [#a048eee7]
# ジョンブル、20世紀アリス(アリスのえほん)、「織音計画」CROQUIS

* 解説 [#od5e936f]
ルドラサウムが自分を楽しませるために創り出した三超神の内の一体。神々の統治者であり、「永遠の八神」やカラーの創造を担当した。赤い環状翼機のような姿をしている。悪魔界の場所を知っているが、面白いのでルドラサウムや他の三超神には黙って放置している。化身としてレベル神(七級[[神]]マッハ)としての姿も持っている。そちらの姿は、股間だけ露出の多い赤の道化師衣装の男性レベル神。~

* 「織音計画」CROQUIS [#w5ae0307]
以下は織音計画で記されていた内容だが、今の所どこまでが公式設定であるかは不明な為、あくまで参考に留めて欲しい

性格は楽天的であり、神々が好き勝手を働いても何も思わない。「神が強すぎてバランスが悪くないか?」((おそらくプランナーの発言であろう))との質問に対しては「いいんですよ、あれで」と気楽に返している。しかしながら他の三超神の仕事には厳しく指摘を加えることを常としており、例えばローベン・パーンが「丸い者」を創造した後には生命として進化しづらい事を理由に、形状まで指定して竜や人類を作らせた。もっとも、こういった彼の助言や指摘は常に正鵠を得ている模様である。~

悪魔よって神々のバランスが保たれ、また倒すことのできるものが存在する喜びを感じており、悪魔の存在を好もしいものと考えている一方、その行動パターンの類似性から、悪魔王ラサウムに対してはプライドに基づく私的な不快感を抱いている。実際、かつてルドラサウムに「奴をどうにかして欲しい」と上申したこともあるものの、その際ルドラサウムは「考えがあって残している」と答えている。

* コメント [#e3a880c5]

#pcomment(,15,reply)

#include(テンプレート/神,notitle)
&tag(神,三超神);