Backup source of チェネザリ・ド・ラガール(No. 25)

TITLE:チェネザリ・ド・ラガール -Chenezale do Ragarl-
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|年齢([[生年>誕生日]])|享年52歳 / LP4年没(GI967年生まれ)|
|身長 / 体重|165cm / 68kg|
|出身(現住地)|ゼス王国|
|職業||
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界|LV41 / LV50|
|技能LV(傾向)|魔法LV2(闇属性)|
|特技|殺戮の想像で一日を過ごす事|
|趣味||
|目標||
|登場作品|ランス2(名前)&br;鬼畜王ランス&br;ランス6|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

*解説 [#zb081e01]
ゼス四天王ナギ・ス・ラガールの父親。ゼスでもトップレベルの魔導師で、かつては娘のナギと同様に、四天王であったらしい。

歪んだ支配体制であるゼス出身の為か、その精神は完全に倒錯しきっており、道徳観念は皆無そのもの。残酷な事が正義と思っている節さえある。同門だった魔想志津香の父親を騙し討ちにして殺し、母をさらった仇。今は亡き志津香の父を最も憎み、生涯の敵としていた。

愛を得られぬままに喪ってしまったアスマーゼの事に対する恨みを、全てまだ見ぬ魔想の子供のせいにして憎悪を滾らせ、母の仇を取るのはお前の役目と、その為だけにアスマーゼとの間に生まれたナギを育てていた。

現在は隠居中。いつも研究室に篭もりっきりで、公式の場にはほとんど現れたことが無く、彼を知る者もほとんどいない(頼んでいた書類を受け取ったノエマセから、ナギを通じて礼を言われていた程度)。

**ランス6では [#d730d8a9]
魔想の子が娘だと知ったのはここ最近の事で、その調査で一枚の写真を手に入れ、狂喜乱舞した。私のアスマーゼが生きている、と。魔想の子である志津香を逆恨みしていたが、アスマーゼと瓜二つだと知るとそれが一変し、自分の養女にすると言い出す始末。ショックを受けたナギにその身を引き裂かれてしまった。

本編登場の時点で既に両腕と胸から下を失い、残りの部分だけで円筒状の培養槽の中に浮かんでいた。既に半ば狂気の人であるが、アスマーゼの事を語る時だけは理性らしき物を見せる。

最期はナギを襲うランスを止めようと叫び続けた為、カプセルごと胸を貫かれて殺された。狂った情熱で志津香の母を愛し、己の情熱で己を狂わせていた男。鬼畜王では、また似て非なる運命を辿っている。

**鬼畜王ランスでは [#d7bfdef2]
ナギと志津香決闘イベントからイベント開始(この時ナギの魔力は無茶な強化でハンティ以上)。ナギは志津香を打ち倒し、志津香が執念で立ち上がってくるもラガールが一蹴する。その後、ランスの乱入により撤退を余儀なくされる。

ナギの塔での部隊戦で敗れた後、乗り込んできた志津香にボロボロになったナギをけしかける。しかしそんな状態のナギが戦えるはずもなく、敢え無く崩れ落ちてしまう。志津香とラガール自身の戦いになるものの再び志津香を一蹴。

倒れた志津香にアスマーゼとそっくりと恋慕の情を告げるも、それを聞いて錯乱したナギに後ろから刺されて呆気ない最後を迎える。最初の決闘イベントでランスの乱入がないと、そのまま志津香を犯してパパイア・サーバーのピカの材料として差し出すという凄まじい展開が待ち受けている。

鬼畜王では黒色破壊光線が大安売りされているので余り当てには出来ないがラガールも使う事が出来、志津香の白色破壊光線に打ち勝っている事を考えると実力としてはナギ>ラガール>志津香と思われる。

ちなみに魔力を高める修行として実の娘であるナギを日常的に抱いていた。ランス6でも同様のことが匂わされている。
*人間関係 [#u8812063]
-ナギ / 大事な娘(道具)
-志津香の父 / 大嫌い

*特記事項 [#d67fd445]
-鬼畜王でも、1年後の6でも52歳のままです。
-ラガール聖印の開発者?
-片手の鉤爪はポイズンガントレッド、魔力で遠隔操作できる魔法の籠手らしい。

*名台詞 [#sc62d330]
-ポイズンガントレッド!
# それ武器です。ちゃんと魔法使って下さい、お父さん

-なんと言うことだ…なんという奇跡だ…!!~
私はまた、アスマーゼに会えた…アスマーゼ…アスマーゼ…
# ある意味凄い愛の深さ

-…やめて…くれ…。それは…私のものだ…。ナギも…アスマーゼも…志津香も…~
すべて…私のものだ…。誰も…誰も手出しさせん…。離れろ…ハナレロ…ハナレローー!!
# ナギも勘定に入ってるのに妙な感心をしてしまったり…

-私の…アスマーゼ…。愛して…いる…愛して…いるんだ…。~
そんな…目…で…私を…見ないで…くれ…どう…しても…君…が…君が…欲しかっ…た……
# ナギに最後の絶望を与えた。末期の台詞。

*コメント [#y56c2f11]
- ただ抱いていたのではなく房中術で魔力を高めてました --  &new{2008-04-20 (日) 13:17:33};
- 志津香史のこいつ狂いすぎ結局ナギはアスマーゼの備品として愛してたのか --  &new{2012-12-14 (金) 15:39:19};
- 志津香の父・惣造はどうしてこんな外道を倒そうとしなかったのだろうか?ラガールがそんなにコワイと感じたのか? --  &new{2012-12-19 (水) 06:45:14};
- ミステリア・トーから見て才能なかったんだよな。あの人の期待値ってどのレベルなんだ --  &new{2013-02-09 (土) 15:43:36};
- ↑×1惣造とアスマーゼとラガールが抜けたからじゃないの? --  &new{2013-06-04 (火) 06:35:22};

#comment

#include(テンプレート/ゼス王国,notitle)
&tag(人間,ゼス王国,魔法使い,ランス6,鬼畜王ランス);