Backup diff of アノキア・モエモエ・スリン(No. 16)


  • The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
TITLE:アノキア
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|年齢([[生年>誕生日]])|享年?歳 / GI808年頃没((LP4年成仏))(GI?年生まれ)|
|身長 / 体重||
|3サイズ||
|出身(現住地)|モエモエ国(ゼス王国)|
|職業|モエモエ国女王|
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界||
|技能LV(傾向)||
|特技||
|趣味||
|目標||
|登場作品|ランス6|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

*解説 [#v2edd55d]
アップル墓地第2区画に眠る魔女。封印が弱まって地上に災いを起こす可能性があるのでグリーン隊が調査に赴いた。ゼスに併合されたモエモエ国の元女王。残忍で10万の市民を惨殺した鬼女、消えぬ魂持つ復讐鬼、それが王女アノキア…などと伝えられ、魔法兵士達に封印されていた。

実際はゼスに滅ぼされた小国の可憐な王女の幽霊でしかなく、地震で少しだけ封印が緩んで動けるようになったので助けを求めていただけ。封印が解け復活に意気込んでいたが、既にその躰は朽ちており、身体が無いとランスさんにお礼が出来ない…と消沈してしまう。誰も信じてくれなかった自分を唯一、「優しい女だ」と信じたランスに感謝している。

後日、世の中を見て回り、成仏する前の挨拶をとランスの元を訪れるが、本来触れられない筈の幽霊の躰に何故かハイパー兵器だけが触れられた為、そこで運命の交わり((ランス曰く、辛い思いをしてきたアノキアへのご褒美、との言葉を受けた彼女の感想))を果たして満たされながら成仏していった。

ランス6における幽霊担当。

*コメント [#eaf41345]
- この伝聞ってアルベルトが使途になる代わりにカミーラに出した条件で、やったのはカミーラってことはないだろうか? --  &new{2012-07-09 (月) 01:06:06};
- いや、本人の談を信じるには伝聞自体事実じゃないでしょ。小国を滅ぼす大義名分として過去のゼス王が作って流しただけじゃね?例え虐殺が実際にあったことだとしても、あのカミーラが人間風情の条件を呑むとも思えないんだけど。使徒化って別に合意いるわけじゃないみたいだし --  &new{2012-07-09 (月) 01:18:23};
- そうかサンクス。アベルトのことだからアノキアに試練を与えたか、騎士団長として最低限の義務を果たしたのかと。俺なんでアベルトや使徒打ち間違ってんだよ。 --  &new{2012-07-11 (水) 11:27:57};

#comment

#include(テンプレート/滅亡した国家,notitle)
#include(テンプレート/ゼス王国,notitle)
&tag(人間,モエモエ国,ゼス王国,王族,故人,幽霊,ランス6);