Backup source of ランス10/その他の人々(No. 22)

TITLE:ランス10/その他の人々
#contentsx

* ランス城 [#l4416630]
:&aname(rancecas01){量産型あてな2号};|
ランス城に迫る魔人レッドアイの大部隊に対抗するべく、フロストバインがあてな2号をベースに制作した新型ホムンクルス。全99体。~
性能はあてな2号と同等で、かつ知能も高い。しかし主を認識する能力が低いという致命的欠陥があり、オリジナルのあてな2号以外の命令を受け付けない。~
オリジナルに比べると感情に乏しく、融通が利かない。掃除をしろという命令を実行した際には「人間こそが環境を汚すゴミである」という結論に達し、ランス達は城から追い出されてしまった。

* リーザス王国 [#m711a054]
:&aname(leazas01){イベット・チェリア};|
金の軍所属の女性。現在レベルだけ見ればリーザスや他国の将軍よりも高い53というかなりの大台なのだが、かなりの無口で意思疎通が難しく、少々不器用。剣技能も持っていない。

:&aname(leazas02){ジャロ・ジャスラック};|
黒の軍所属の男性。醜悪なブ男で、性格はそれ以上に醜く傲慢で暴力的という人間のクズに相応しい人物。ただし、才能レベルは49と無駄に高く、紫の軍の副将であるメルフェイスよりもレベルが1高かった事から、彼女の禁断症状を抑える為の肉体関係を結ぶ役を与えられ、メルフェイス付として派遣されていた。&br;
しかし、それを良い事に、ジャロはリーザス軍内でも傍若無人な振る舞いをする様になり、逆らえないメルフェイスには嫌味を言ったり、彼女に近寄る男には高圧的な振る舞いをする等、手がつけられない状態にあった。~
どんなに酷い仕打ちを受けてもメルフェイスが逆らおうとしない事から、ランスも何か事情があると察し、最初こそあまり口を挟もうとしなかったが、バレスやリックと合流した際、ジャロは将軍達である彼らの前ですらメルフェイスに対し「売女(ばいた)」呼ばわりする等、目に余る振る舞いをした結果、耐えかねた彼女本人には拒絶され、遂に堪忍袋の緒が切れたランスによって斬殺された。~
一応彼女には本気で惚れてはいたらしいが、サディストに等しい接し方や醜いまでの独占欲を剥き出しにした姿から、メルフェイス本人からは内心嫌悪されていた事が伺われ、彼女の上司であるチャカ・カドミュウムも、ジャロを相手にさせて精神的苦痛を強いていながら自分はそれを放置してランスに汚れ役をさせてしまったのを後悔している。

:&aname(leazas03){オーギル・ロット・シュタイン};|
白の軍所属の小隊長の男性。文武両道を地で行っており、剣・軍師・詩のレベル1持ちでその誠実な人柄から信頼されているという非の打ち所のないような人物。&br;
ただ、何故か女性から評判が悪いらしい。&br;
''モテたい。''

:&aname(leazas04){アマデス・カカデス};|
アペムンタ村住人。一般の村民としては高いレベルの持ち主であったため、メルフェイス・プロムナードに掛けられた呪いの禁断症状を抑えるため情事を交わした過去を持つ。真面目で優しい性格であり、ニミッツ・リークに恋心を持たれていた。
* ヘルマン [#g94eff82]
:&aname(helman01){サムソン・マキシモフ};|
山にこもり修行に明け暮れていた男。実力の方は槍レベル2持ちと本物。
世界の危機を知りヘルマン軍に入ったものの、世間知らずで要領の悪さから小さな都市の警備隊に収まっていた。&br;
饅頭作りが得意。

:&aname(helman02){トルストイ・バトー};|
入れ替わりの激しいヘルマン第2軍で、才覚をあらわにし若くして副将となった。
家族と国を愛するが、どこまでも熱くならず冷静に判断できる男。ルートによっては貧乏クジを引く。&br;
冒頭で戦死する第2軍将軍ボドゥとは固い友情で結ばれていた。

:&aname(helman03){ビンタン・デストラー};|
第1軍の魔物使い部隊長。ヘルマンでも有数の実力者で多くの弟子を抱えている。
実は大食いらしい。最近男の子モンスターの性欲処理に目覚めた。

* ゼス [#t18bdddd]
:&aname(zeath01){ソルトアン};|
ゼス王国親衛隊公安部所属。ゼスの地方貴族出身で現在はウルザ直属の部下となっている。
黒のロングヘアに褐色肌のなかなかの美人。ランスのゼスでの各種違法行為を認識しており、取り敢えず去勢しようとする。

:&aname(zeath02){ブラックロータス};|
神魔属性の存在を崇拝している元罪人。人類総統であるランスが魔人の使徒になったと聞いて飛んで来た。

:&aname(zeath03){ミリリッカ};|
ゼス雷軍の大隊長だった女性。
指揮中にアレフガルドに拉致され、メディウサに内臓を食い破られて絶命する。
立ち絵が非常に痛々しいものになっており、初見は確実にビビる。

:&aname(zeath04){ジャムコ};|
ゼス光軍の中隊長だった女性。
メディウサの要求放送と合致する容姿だったため同僚の手を借り逃げ立て篭もった。
アレフガルドに拉致される寸前自殺を図るも、それすらアレフガルドに封じられた。

:&aname(zeath05){氷溶のハニー};|
ウルザ直属の工作機関「氷溶」に籍を置くブルーハニー。ハニーとは思い難いほどにまとも。
ウルザの指示によりハニーキングにメディウサの悪行を捉えた写真と魔軍からの離反およびゼスへの協力を呼びかける手紙を渡す。

:&aname(zeath06){迷宮の声};|
ガルティア討伐に向かう最中、スコールに襲われた魔人討伐隊が雨宿りのため立ち寄った「味太郎迷宮」の中で語りかけてきた謎の声。&br;
てっきり迷宮探索に来たものと早合点し、ランス達を高笑いと共に迎えたが、「雨宿りに来ただけで奥にはこれっぽっちも興味はない」との塩対応と共に以後完全に無視され、一行が立ち去った後涕泣する。

* 自由都市地帯 [#r8b56c54]
:''&aname(chinkoarimasu){ニコペリ};''|
『かえるにょ・ぱにょ~ん』に登場したピッテン付きの魔術師。
一部のイベントでテキストのみ登場。

:&aname(freecity01){イアン・ルストン};|
とある国の高潔な貴族の嫡子だったが「健康そうである」というだけの理由で一族は皆殺しにされ、ロナの種馬に宛がわれる。現在はロナと共にビスケッタに引き取られている。

:&aname(freecity02){普通の父、普通の母、普通の少女};|
魔軍に追われ一家で疎開していたところをレベル神見習いミカンに捉まり、強制的にLv70に上げられてしまった。ランスに在野の強者と勘違いされ、魔人討伐隊に編入させられてしまう。
* JAPAN [#x881b85b]
:&aname(japan01){紀伊};|
三白眼が特徴的な主婦。(彼女曰く「私より変人な」)旦那と三歳の息子がいる。&br;
かつては巫女機関の武術指南役であった一族の出自で徹底的な剣術漬けの泥色の青春を送っていた。&br;
そんなイカれた実家がすごく嫌になって出奔する際に「ならば儂らの屍を乗り越えてゆけ」と言われたため、その言葉通り父と9人の兄全てを(一服盛って)斬殺している。&br;
その後は用心棒として戦国のJAPANを渡り歩いていたが、あるとき警護対象として出会った大きな商家の息子に一目惚れ。数々の困難を全て(一服盛って)乗り越え告白したところ、実は両思いであったことがわかり、めでたく結ばれている。&br;
その生き様はランスをして「君……なかなか波乱万丈な人生だな……」とまで言わしめている。&br;
「汚くとも勝て」という家訓(と「楽だから」という理由)から、割とスナック感覚で一服盛る(一応、致死毒ではないらしい)。

:&aname(japan02){乳久里};|
元巫女機関所属の歩き巫女。総代の名取を姉さんと呼ぶ。&br;
癒やし巫女として、渡り歩いた先々で寂しそうにしている行きずりの男と肌を重ね、魂の負の感情を吸い上げ、癒やすことを仕事としている。そのため、抱かれた相手と金銭のやり取りは決してしない。
* 亜人 [#a33905b6]
:&aname(kalar01){アカシロ・カラー};|
パステルの妹の一人。リセットの護衛兼教育係を務めている。昔はやんちゃで、若い男と恋に落ちたこともあるとか。

:&aname(kalar02){アスベスト};|
ポピンズ一の戦士で、ポピンズ一の悪戯好き。性格に難はあるが、腕は立つ。そして、性格の難はあまり問題にされないお国柄。

* その他 [#a4506486]
:&aname(other01){シノハラ};|
マフィン家執事。次代当主戦死の訃報をクルーチェ・マフィンに届けた。クルーチェに実家に戻ることを薦めたが、勘当を理由に断られた。

:&aname(steelhorror01){長堀橋貞夫君};|
スチールホラーの不良。

:&aname(steelhorror02){東大寺久美};|
スチールホラーの女子高生。

:&aname(steelhorror03){大野喜郎さん};|
スチールホラーの警官。短銃の使い手。
*コメント [#fdc6580f]

#pcomment(,15,reply)