Backup diff of キングジョージ・アバレー(No. 18)


  • The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
TITLE:キングジョージ・アバレー
#div(start,width:auto)
#style(style=font-size:small;float:right;line-height:120%;){{
|>|CENTER:プロフィール|h
||BGCOLOR(White):|c
|年齢([[生年>誕生日]])|享年26歳 / LP4年没(GI993年生まれ)|
|身長 / 体重||
|出身(現住地)|ゼス王国|
|職業|ペンタゴン8騎士|
|[[レベル>現在レベル]] / 才能限界|LV30 / LV42|
|技能LV(傾向)|格闘LV1|
|~|プロレスLV1|
|特技||
|趣味||
|目標||
|登場作品|ランス6|
}}
#div(end)

#contentsx(include=false)

*解説 [#m91846b1]
ペンタゴンの幹部でNo4.ペンタゴン8騎士の一人で、現ペンタゴン最強の騎士。ゼスの名門貴族の息子だったが、頭が弱く、4回連続で魔法試験に落ちて2級市民になってしまった腕力男。当然魔法は使えないが、その分腕力や戦闘力に関してはランスやパットンに匹敵する上に、アレックス・ヴァルスによるストップの魔法をはね除ける程の精神力を見せたタフガイでもある。
6で登場したペンタゴンの幹部でNo4.ペンタゴン8騎士の一人で、現ペンタゴン最強の騎士。ゼスの名門貴族の息子だったが、頭が弱く、4回連続で魔法試験に落ちて2級市民になってしまった腕力男。当然魔法は使えないが、その分腕力や戦闘力に関しては優秀であり、アレックス・ヴァルスによるストップの魔法をはね除ける程の精神力を見せたタフガイでもある。

典型的な筋肉馬鹿であるが、それ故に根は純粋な人物で、かつての同志であったダニエルからも「真っ直ぐ過ぎる男」と評されている。ネルソン・サーバーを尊敬し、自らを2級市民に追い落とした原因である魔法を憎む。

「祖国の解放」作戦の陽動として、イタリア1級市民街で最大の病院を爆破するなどのテロを行うが、玉砕。最後にはその後の詳細な描写はないが、「祖国の解放」作戦の初期段階における犠牲者の中に含まれていたため、アレックスの部隊との交戦の末に戦死したものと思われる。

両手に装備した太い針の付いた巨大なブロックで串刺し、押し潰す。この武器でグリーン隊に敗れたハッサム・クラウンを串刺しにして殺害している。また、また、ストップの魔法を跳ね除けた事からも、『4』二登場したディオ・カルミスに次ぐ魔法耐性の強さの持ち主ともいえる。
両手に装備した太い針の付いた巨大なブロックで串刺し、押し潰す。この武器でグリーン隊に敗れたハッサム・クラウンを串刺しにして殺害している。また、ストップの魔法を跳ね除けた事からも、かなり高い魔法耐性の持ち主であると思われる。

武器の元ネタはキ○肉マンのジャンクマン。名前の元ネタはイギリスの戦艦『キング・ジョージ5世』。
*名台詞 [#g88e42d2]
- 違う! 提督は馬鹿ではない!! いい人だ! とてもいい人だ!! 
# まっすぐ過ぎる、男の叫び

*画像 [#o3545f64]
http://www.alicesoft.com/rance6/chr/chr37.jpg
ランス6

©アリスソフト
*コメント [#r2d5485a]
- 馬鹿だけど純粋な人物というのは、何処か好感が持てますね…。闘将になってたら、もっと凄い事になっていたかも…。 --  &new{2013-02-07 (木) 21:08:17};
- しかし、彼のセリフの「馬鹿」と「良い人」は矛盾しないよねぇ。馬鹿だけどいい人は割といるw --  &new{2013-02-08 (金) 00:01:14};

#comment

#include(テンプレート/ゼス王国,notitle)
&tag(人間,ゼス王国,ペンタゴン,ペンタゴン八騎士,貴族,故人,ランス6);