我が栄光 - My Glorious Days -

プロフィール
登場作品ランス2以降全シリーズ
Table of Contents

解説 Edit

ランスシリーズを代表する挿入歌BGM。
Hシーンや絶大な戦果を上げた時など、ランスが絶好調な時に流れることが多い。
作品ごとに曲の雰囲気が異なり、各作品のイメージが反映されていると言える。
それでも大抵の場合はHシーンとは思えない勇ましさを誇る一曲である。
ランス8あたりからHシーンでの使用が減り、最終作の10では第1部AエンドのEDソングのみの扱いに*1

実はランス1からあった訳ではなく、初出はランス2。以降はシリーズ皆勤賞。 リメイクのランス01でも最後のシーンで使用されている。

鬼畜王ー5Dの間で「長いこと使ってもう飽きた」という理由で廃止されかけたが、Shade氏の説得により存続されたらしい。

元になった曲が存在しており、ドイツ民主共和国(通称:東ドイツ)の国歌「廃墟からの復活」を聴いて貰えれば分かる。 因みにランス2発売当時、まだ東ドイツは存在していた*2。実在の国家の国歌をもじるとはとんでもない胆力と中々な風評被害である。
もっとも、TADA氏も東ドイツ国歌であることを知ったのは随分と後の話らしく、本人もどうやって作られたのかははっきりと分からないとのこと。 当時、音楽を製作していた外注のドラゴンアタック氏がかなりのうっかり屋さんだったらしく、資料用、参考用として紛れていたこの音楽をラフ曲と勘違いしてそのまま作ってしまったのではと推測している。

コメント Edit

+  開く

*1 しっとりアレンジの「Nostalgic」が別途に存在している
*2 ランス2発売は1990年5月15日、ドイツ再統一は1990年10月3日